記事

「白物家電」になったテレビ。

tvbd

テレビを持たない人が、若年層を中心にジワジワ増えているという話を耳にすることは多いと思う。僕も大学の講義では、毎年メディア接触の状況を尋ねているが、一昨年ほど前から「テレビを持っていない」という学生がチラホラと出てきた。そう答えるのは、1人暮らしである。

で、最近は「将来は買うか?」と訊ねることにしているのだが、面白い傾向がある。だいたい「う~ん」と唸ってしまうのだが、「もし結婚したら?」と言うと、「あ、買いますね」という。

これって、テレビが白物家電になっているようなものかもしれない。1人暮らしだと冷蔵庫はあるけれど、洗濯機はなくてコインランドリーで済ませる人もいるし、調理家電も最低限のものしかなかったりする。

それでも、結婚すればいろいろ揃えるんだろうな~という想像の中で、「テレビ」がその中に入ってくるのだろう。必要な情報を得たり、コンテンツを視聴するなら代用品が十分にある。ただ、家庭の中にはテレビがあるんだろうな、というイメージになるわけだ。

かつては、「黒物」という言い方もあり、テレビやビデオがそう呼ばれたが、最近は聞かない。「白物」か「デジタル」か、という感じだ。テレビの普及率が若年層でジンワリ落ちる一方で、ブルーレイなどはさらに低い。「黒物」と言う領域がなくなっているのだ。

昨年3月に発表された内閣府の消費動向調査を見ると、そうした傾向がよくわかる。テレビは30代以上の普及率はほぼ同じで97%以上だが、20代は94.6%。ブルーレイは、30代から50代は55%以上だが、他の世代は低くなっている。(グラフ参照)

映画好きであれば、音や映像の質を重視するだろうが、とりあえず番組を録画するなら、ハードディスクで十分だろう。

そんなことを考えたきっかけは、「週刊スージー」のこちらのエントリーを読んだから。「テレビの時代は終わった?いや、まだ始まってもいねぇよ。」という刺激的なタイトルだけど、中身を見ると頷くことも多い。

「一周回って、テレビ界の新しい時代が始まっているのかも知れない」という指摘だが、それは「娯楽の王者」という呪縛から解かれた制作者が、増えているからなのかもしれない。おカネをかけるよりも、発想力の勝負。書かれているように、テレビ東京などがその筆頭だし、呪縛で苦しんでいるのがフジテレビと言うことなんだろう。

家の内でも、外でもたくさんの楽しみ方があるのだから、せいぜい「娯楽の旗本」くらいでいいんじゃないか、と。そういう力の抜け方ができれば、テレビの可能性もまだあるだろう。ネット配信サービスが出揃ってきたが、それはチャンスかもしれない。「カチッ」としたコンテンツだけでは、飽きてくることもあるからだ。

だったら、4Kなどの高品質競争だけではなく、「気楽な白物」という商品がいいかもしれない。そうなると、小型のテレビなどが、存在感を発揮してくるんじゃないかと思ってる。

あわせて読みたい

「テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  5. 5

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  8. 8

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  9. 9

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  10. 10

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。