記事

有名人をコマーシャルに使わない文化

以下の感想は、特定の人や、事象に限られたことではないので、あらかじめ。最近のニュースを見ていて、改めてヘンだな、と思ったことがある。人それぞれ、生きている以上、いろいろなことがあると思う。それが、何らかの経緯で不特定多数の人たちが知るところになったとする。

通常は、個人のことなんだから、それまでの話だが、たまたま有名な人だとか、メディアで活躍されている方だと、会見を開いたりすることもある。その際に、どのようなことを言うと「期待」されているかは、文化によって違うだろう。

その時に、実際に私的な領域であったあれこれとは違う「建前」というか、「このように言えば一番角が立たない」ということを言うことは、どのような文化でもある程度あると思うが、そうすることが当たり前になっている文化というのは、ヘンだなあと思う。

その「文化」は、その社会のすべてではないかもしれない。ある「業界」があって、その「業界」の中では、実際にどうだったとか、自分の気持ちはどうだったかというよりも、「こういうことを言うべき」という掟のようなものがあって、それを守らなければならない、と強制されるのは、やっぱりヘンだ。

話は変わるが、有名人をコマーシャルに使うということが、アメリカなどでは比較的ないのは、以上の考察と無関係ではないかもしれない。People誌などに登場するセレブは、もっと人間臭くて、ありのままを語るように思う。人間の内面に、ある業界の掟を強制する文化は、やっぱりヘンだと思う。

会見で言っていることが、ほんとうのこととは違うんだろうなあ、と思いながら、業界のしきたり、掟としてそのような言葉が要請されている、だからその通り言う、そんなことが当たり前になっている文化は、根本的に人間のことを経済の道具としてしか考えていないように思う。

というわけで、「有名人をコマーシャルに使わない文化」の背後には、「人間尊重」の哲学があるのではないかということを、昨日は考えていた。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"舛添さんは論点整理すべきだった"

    PRESIDENT Online

  2. 2

    英国のEU離脱にみる"上級国民"の大きな失敗

    essa

  3. 3

    田原氏"舛添さんのそそっかしさが出た"

    田原総一朗

  4. 4

    共産党に苦言もできない民進党の劣化ぶり

    足立康史

  5. 5

    中国に衝撃を与える米国の"レールガン"

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    よしのり氏「EUとはドイツ帝国である」

    小林よしのり

  7. 7

    よしのり氏"マスコミの若者信仰は病気"

    小林よしのり

  8. 8

    生活・小沢代表「古市憲寿氏に関して」

    生活の党

  9. 9

    英"ポピュリズムの暴走"がトランプに逆風?

    大西宏

  10. 10

    民進ガソリーヌに"政治とカネ"は解決不可能

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。