記事
  • ヒロ

チャラい青学が二年連続で駅伝を征するそのわけ

 昨年1月4日付のブログで「チャラい青学が優勝するそのわけ」のタイトルで好き勝手なことを書かせていただいたのは私が青学出身で相当興奮していて手が勝手に滑ったからだろうと思います。

今年は正直、優勝できるかどうか、5分5分だった気がします。前回11月の伊勢で神野大地君が最終ランナーでしたが東洋大に追いつけず、神野君の骨折からの回復が十分ではないことを見せつけました。それ以上にその前の出雲では優勝し、チャラさが爆発しつつあった青学ボーイに「調子乗り過ぎ」と思わず、叫びたかったところです。伊勢の敗戦が気を引き締めたことは間違いないでしょう。

今回、原監督の采配、特に四天王である神野、小椋、久保田に3年生の一色君を中心にキーとなる区間を抑え、選手層が厚い陣容で次の世代にバトンをタッチさせるための布陣などが冴えわたりました。6区で1年生の小野田君が120%の走り(原監督)だったことを含め、控え選手や将来の箱根チームに刺激を与えました。

つまり、チャラい青学が一回だけではなく続けて勝ち、全大学の頂点に長く君臨できる長期計画にその行動を移し始めたことに注目しています。

これは昨日のブログではありませんが、何事も瞬間風速ではなくそれを続けるチカラが評価されます。勿論、駅伝に強い大学は良い高校生をチームに招き入れるチャンスが高くなります。しかし、いくら能力があってもそれを磨き、10人のランナーが脱落者なく一つのハーモニーを奏でることは容易ではありません。その点、青山が全区間1位の完全優勝だった点に於いてこれは監督の能力の高さを物語る以外の何ものでもありません。

東洋大学の「1秒を搾り出せ」は名言として当時、語られました。いや、今でもその言葉の持つ意味には強く惹かれるものがあります。今回の予選大会で落選した国士舘は予選通過の上武大学と10秒差。つまり一人1秒搾り出せばタイに並んで出場できていたかもしれないのです。その点からは自分を高めることは重要です。一方、青山はしなやかさがあります。絞り出す訳でもないのに1秒ではなくて30秒も1分も出てくるのです。それは個人のマインドとチームの強い連帯感が生み出す120%の力なのでしょう。

つまり今年の勝因は第一区でほぼ独走して1位を取ったことで調子に乗れたその戦略にあったような気がします。

ところでこの駅伝、沿道の整備から当日の警官や白バイを含め、とてつもない準備が必要ですが、割とそのあたりはあまり耳にすることはありません。警察の費用は警視庁と神奈川県警が負担しており、最終的には都民や神奈川県民が負担しています。一方、大会運営はスポンサーのサッポロを始め数多くの企業のサポートがあります。学連からの負担もあります。おかげで日本テレビの放送は日本の隅々(私はカナダで生で見ていますが)まで正月の風物詩として届けられます。

カナダなどでイベントをやる場合、道路封鎖に白バイなど警察のサポートを貰う場合、運営団体は警察にそれ相当の人件費他の費用負担をすることになっています。これは運営団体にとって非常に大きな負担で、例えば地元のマラソン大会などでも警察に多額の「負担金」を払っており、警察にとってもお得意様の関係です。それゆえにこちらのマラソン大会の参加費はとても高くつくことになります。ましてやカナダで駅伝のようなイベントは費用的に実に難しいものなのです。日本で駅伝は今や年中、とこかで開催されていますが、実にそのあたりのハードルの低さを我々は享受していることになりそうです。

これ以外に案外、大変なのが各校の応援団であります。

例えば私の出身校の青山学院の場合、青山校友会の湘南支部あたりが中心となってとにかく人集めをし、のぼりを持って黄色い声で応援する大応援団を組成します。これは毎年のことだけに並大抵の準備ではないのです。我々海外支部はせいぜい会員から寄付を募り、わずかながらでも、との思いで青学陸上部経由で原監督以下のチームにお渡しするようにしています。

私は出身大学をとても大事にしています。そしてそこから立派な社会人がひとりでも多く生まれてもらいたいと思っております。それゆえの校友会活動であり、学校とのかかわりなのだろうと思います。校友会活動など全く流行らないものではありますが、欧米では出身校に莫大な寄付が集まるのが普通です。それゆえのより最新の教育設備の充実であり、世界でも名だたる大学への進化なのでしょう。

こんなイベント一つを考えても奥深いものがある様な気がします。

とにもかくにも青山学院の箱根駅伝、二連覇、おめでとうございました。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  4. 4

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  5. 5

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

  6. 6

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  7. 7

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  8. 8

    タバコは非合法化し農家に補償を

    メディアゴン

  9. 9

    待機児童 なぜ解決できないのか

    駒崎弘樹

  10. 10

    "普段着でお越し下さい"の正解は

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。