記事

「敗者」の選択を描く三谷幸喜 NHK大河ドラマ「真田丸」は先が見えない現代と重なる - 田部康喜

2016年新春スタートのNHK大河ドラマは、三谷幸喜・作の「真田丸」である。ドラマや人形劇で取り上げられてきた、真田十勇士の物語は少年少女時代の思い出と重なる読者も多いのではないか。 


真田丸 前編(NHK大河ドラマ・ストーリー)』(NHK出版)

 「真田丸」はそんな先入観をまったく裏切る真田家の物語になりそうだ。NHKは早くも出版の形をとって、前編13話の内容を紹介するムック本を出している。

三谷の意欲は、真田幸村として知られる、武将の名前を歴史的に正しい「信繁」(堺雅人)として登場させることにも表れている。

 「物語作家としては、敗れていった人たちのほうがドラマチックに書けるということもあります」と、三谷は述べている。

 大河ドラマの脚本は、「新選組!」(2004年)以来である。この作品では近藤勇の生涯に焦点をあわせた。

敗者を描く

 信繁と勇についても「この2人に共通しているのは、『敗者』であること。時代を作った人よりも、時代から取り残された人たちの人生に、僕は興味があります。この世の中は、何かを成し遂げられずに人生を全うする人のほうが圧倒都的に多いわけですから、そういう人たちの代表として、彼らを描きたい」と。

 「大阪夏の陣」から33年前から、ドラマ「第1話・船出」は始まる。信繁は「夏の陣」において、徳川家康を自害のあと一歩まで追い込んだ。戦国武将として長くその名が残っている理由である。

信繁の父・昌幸(草刈正雄)と母・薫(高畑淳子)の次男として生まれた、信繁は兄の信幸(大泉洋)とともに、真田家の生き残りをかけて戦国時代を生き抜こうとしていた。

 真田家はもともと、昌幸の先代の幸綱が武田家に仕えていた。昌幸の代になって真田家を最初に襲った危機は、その武田家の滅亡である。

 武田信玄なきあと、息子の勝頼(平岳大)があとを継いだが、義弟が織田信長(吉田鋼太郎)側についた裏切りによって、窮地に陥る。

 昌幸(草刈正雄)は勝頼に対して、自らが本拠を置く上野(こうずけ)・吾妻(あがつま)軍の山城にいったんは引いて、態勢を整えて反撃にでることを進言する。しかし、勝頼は別の家臣の岩殿城に撤退することを決断する。

 それでも、昌幸は次のように言上する。

 「われらからも御屋形様にはなむけを差し上げます。御屋形様のお手勢百、岩殿へお連れください」

 自らの手勢を割いてまで、勝頼に忠心を尽くした結果、真田家の人々は、本拠地に撤退する道すがら、野盗と化した百姓に襲われることになる。

 「敗者に惹かれるといいましたが、『滅びの美学』は好きではありません。信繁は、死に花をさかせるためではなく、あくまでも勝つつもりで大阪城に入ったと思いたい」と、三谷はいう。

 真田家の前には、幾つもの分かれ道が待ち受けている。「関ケ原」の戦の前には、佐野の犬伏の地で、父親の昌幸(草刈正雄)と兄の信幸(大泉洋)、信繁(堺雅人)が会談して、昌幸と信繁は石田三成方に、信幸は家康方につくことを決める。

 映画などで「三谷組」と呼ばれる、常連の俳優たちが脇を固めているのも、ドラマの展開を三谷らしい自由自在にしていくことだろう。

 昌幸(草刈正雄)と敵対する武将の室賀正武に西村雅彦が、秀吉の正室・寧(ねい)に鈴木京香が配されている。

 信繁の兄として物語のなかで存在感を示す、信幸役の大泉洋は、映画「清須会議」(2013年)で秀吉を演じた。同じ映画で、丹羽長秀を演じた、小日向文世は今回、秀吉である。

 喜劇作家としてみられる三谷であるが、その作品はユーモアの味付けが少々加えられているとはいえ、人間の権力欲や所有欲、愛欲など逃れられない「業(ごう)」に切り込む作家である、と思う。

 「ザ・マジックアワー」(2008年)は、太陽が沈む刹那の残光のなかに照らし出される美しい風景が現れる時間を、人生に重ねている。劇中劇ともいえる古い映画のなかで、主役を演じた柳澤眞一が、いまでは老人となってコマーシャルの登場人物となっている。それでも、また主役を演じる夢を抱いている。

 夢見ることは、美しい。そんなマジックアワーのセットのライティングは、物語のすべてを現しているようである。

時代の流れと大河人気の相関関係

 大河ドラマは、制作者の意図を超えて時代の象徴となる。逆に、時代の流れと異なるときには、あまり話題にならない。

 前作「花燃ゆ」の視聴率の低迷は、主役の井上真央のせいではない。司馬遼太郎がいう「坂の上の雲」を目指した明治維新の時代相は、現代と不具合をきたしている。

 「賊軍の昭和史」(2015年、半藤一利・保阪正康)が話題になったように、維新を成し遂げた薩長閥が太平洋戦争をはじめ、総理だった鈴木貫太郎らかつての賊軍の出身者が終戦に持ち込んだという、歴史の見直しがなされている。

 そして、いま時代はその先行きが、ますます不透明となって読めない。メディアは「老人破たん」を声高に報じるが、その対策は示し得ない。

 時代の動向を感じられない劇作家はいない。三谷の「真田丸」は家族が、この時代をいかにして生き抜くか、というテーマが底に流れているようにみえる。

あわせて読みたい

「真田丸」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "鳥越氏脱落"で急浮上する野党4党の責任は

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    欧州もついに"強い警戒心"中国南シナ海問題

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「鳥越さん、報道の自由はどこへ?」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    堀江氏"今18歳だったら大学なんか行かない"

    茂木 健一郎

  5. 5

    "ジャーナリスト"は "ただのナルシスト"だ

    長谷川豊

  6. 6

    日本でプロ経営者が次々失敗する理由は簡単

    WEDGE Infinity

  7. 7

    凍土壁は失敗 在来工法に切り替えるべき

    馬淵 澄夫

  8. 8

    公園にスマホしか見ない人間、不気味すぎる

    小林よしのり

  9. 9

    「3分の2狂騒」に動揺する岡田民進党

    先見創意の会

  10. 10

    "ポケモンGOバブル"秋口には終わる気がする

    清 義明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。