記事

エディーヘッドコーチ「試合前、なぜ、五郎丸をあえて叱ったか」 - 最強指揮官の“罵倒”にチームは奮い立った!

斉藤健仁=文

ラグビーは球技であり格闘技でもある

2015年9月19日、イングランドでラグビー界、ひいてはスポーツの歴史において「最大の番狂わせ」と言われる歴史的事件が起きた。「ブライトンの奇跡」である。

予選プール初戦、24年間ラグビーワールドカップの勝利から遠ざかっていた日本代表が、南アフリカ代表に34対32で逆転勝利を収めた。南アフリカ代表は、過去2回の優勝を果たし、ワールドカップでもっとも勝率が高いと言われる強豪チーム。世界が驚いたのも無理はない。

日本代表を率いていたのは、オーストラリア出身のエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)だった。ジョーンズHCは、過去2回のワールドカップに関わり、通算成績は13勝1敗。世界を知る、誰もが認める名将である。

南アフリカ代表戦の前日、「桜のエンブレム」のついた赤白のジャージーを先発メンバーとベンチのメンバーの計23人に渡したあと、彼はこう訴えたという。

「自分たち、チーム、そして国に誇りを持ってほしい。明日は全員ベストを尽くしてほしい。国のために、南アフリカ代表を殺しにいこう!」

さらに、試合直前にも、ロッカールームの中でも、「死ぬまで戦え!」と選手たちに気合を入れた。

真剣勝負とはいえ、スポーツの現場でこういった言葉が飛び交っていることに驚いた人もいるかもしれない。しかし、そう言わざるをえないほどに、南アフリカ代表と日本代表の体格差は歴然としていた。

そもそも、南アフリカ代表はもっとも体格の大きいチームの1つであり、日本代表はもっとも小さいチームの1つである。チームの代表選手15人で平均すると、身長では6cm、体重では6kg強と、ボクシングでいえば5階級くらいの大きな差があることになる。

また、ラグビーは、球技であると同時に格闘技的な側面もある。そのため、ジョーンズHCは「ラン、パス、キックでボールを賢く動かすことが必要だ」と言いつつも、フィジカルコンタクトが欠かせないとして、「ラグビーは体重制限のないボクシングのようなもの」と強調している。「ルールのある格闘技」と言い換えてもいいだろう。だからこそ、12年に就任した当初から、選手たちには朝5時スタートの過酷なフィジカルトレーニングを課してきたのだ。

もちろん、「格闘技」とはもののたとえで、実際にルールを無視して野蛮な行動をするわけではない。本当に試合中に相手選手を殴ったら、イエローカードは10分間の一時的退場。レッドカードは即退場となる。しかし、ワールドカップという大きな舞台では、それほどの気持ちと覚悟を持って戦わなければ勝つことは到底かなわない。最後は「やるか、やられるか」というメンタルの部分も大きいことを知ったうえでの、指揮官としての言葉だったのだろう。

あえて名指しで五郎丸副将を叱る

南アフリカ代表の大金星から中3日の9月23日、日本代表は予選プールの第2戦で、欧州の強豪国の1つであるスコットランド代表と戦った。ジョーンズHCは、再び試合前に選手たちを集め、このような言葉で鼓舞したという。

「スコットランドはいいチームだが、メンタルが弱く、いつも負けている。4年間の努力を信じて、自分のスキル、仲間を信頼しろ」

改めて分析すると、スコットランド代表は、前半をリードされて折り返した場合、ほとんどの試合で負けていた。

「メンタルが弱い」とはこのことを指す。そのため、日本代表はアタック重視のメンバーで、前半から攻撃的なラグビーを仕掛けた。相手の戦意を喪失させる作戦だ。しかし、第1戦の精神的、肉体的疲労は隠すことはできず、前半は7対12とリードされた。さらに、後半だけで5トライを喫して、10対45と大敗してしまった。

つづく予選プール第3戦の相手であるサモア代表は、南アフリカ代表同様にフィジカルに優れたチームだった。しかし、ここで負ければ目標に掲げていた「ベスト8進出」も潰え、金星もフロックとなってしまう。また、サモア代表戦に大敗したら、せっかく火が点いたラグビー人気が盛り下がってしまうかもしれない。このような懸念があったためだろう。当時を振り返り、「南アフリカ代表戦より、サモア代表戦のほうが緊張しました」というベテラン選手もいたほどだ。

サモア代表戦はスコットランド代表戦から中9日。選手たちの休養や、相手を分析するための時間も十分にあった。ただし、間が空けば今度は「中だるみ」が出てきてしまう。そんな選手たちの様子を少しでも見かければ、ジョーンズHCはすぐにこう指摘した。

「昨日の練習はバックスの集中力が悪かった。こういったことを続けるとサモア代表に負ける。アメリカ代表にも負ける。空港にうつむきながら帰ることになる。サモア代表のことを考える前に自分たちのことを考えろ!」

さらに、この4年間リーダーとしてチームを引っ張り続けたFB(フルバック)五郎丸歩を名指しして、こう言ったという。

「五郎丸を見てみろ。今や日本で1番の有名人だ。総理大臣にだってなれるよ。だが、そんなことでは勝てない。ラグビーに集中しろ!」

実は、それまでジョーンズHCは、五郎丸らリーダー陣を名指しして注意することなどほとんどなかった。練習やミーティングで怒りをぶつける相手は、若手選手が中心だったという。だが、ワールドカップの第3戦目を迎えようという大事な時期だ。チームを引き締めるために、意図的に五郎丸の名前を出した、というわけである。

「校長先生」だったジョーンズHC

ジョーンズHCは、ラグビーに対する戦略、戦術眼だけでなく、人を見る目も確かだ。的確に言葉を投げかけて選手たちのモチベーションを上げることもあれば、ここぞというタイミングを見つけて叱ることもある。そんな世界的な名将は、現在55歳。プロフェッショナルなコーチ歴はちょうど20年である。これはあまり知られていない話だが、彼はラグビーに関わりながらも、35歳まではインターナショナルスクールで教師をしており、最後には「校長先生」まで務めている。なぜ、プロコーチになったのか。

「教師はすばらしい仕事です。嫌だったからではなく、変化を求めて違うことをしたいと思ってラグビーのコーチの仕事に就きました」(ジョーンズHC)

烈火のごとく怒鳴ることがあったいっぽうで、チームが勝利すれば、満面の笑みで迎える。

選手一人ひとりのいいところを見つけて、惜しみなく褒める。ジョーンズHCはスマートな戦術家であるいっぽうで、よいモチベーターでもあった。世界的名将のベースには、教師としての経験があったのだ。

10月3日、第3戦のサモア代表戦の平均視聴率は19.3%。瞬間最高視聴率は実に25.2%にも上った。日本中の注目が集まった結果だろう。そして、日本代表は26対5でサモアに快勝。相手に強みを出させることなく、見事な試合運びを見せた。

最後は涙、涙熱血エディー教室

10月11日、予選プール第4戦のアメリカ代表戦を迎えた。しかし、残念ながら日本代表の決勝トーナメント進出の夢は絶たれていた。試合前日にスコットランド代表がサモア代表に勝利してしまったからだ。

つまり、勝っても負けてもアメリカ代表戦が、この4年間にわたるプロジェクト、いわば「熱血エディー教室」の最後の授業となる。キックオフ直前、試合直前のロッカールームで、さすがのジョーンズHCも感極まり、涙を流しながら、選手たちにこう言った。

「最後に、今までのプライド、自分たちのプライドをかけてしっかりと仕事をしよう!」

フィフティーンたちも涙を抑えることはできず、泣きながら試合に向かった。結果は28対18で日本の勝利。日本代表は、8大会目のワールドカップで「3勝しても決勝トーナメントに進出できない初めてのチーム」となった。これは不運としか言いようがない。

「私が成し遂げたかった最大の目標は、日本代表が代表のジャージーに誇りを取り戻し、ファンが(代表ジャージーに)誇りを持って応援することだった。それを成し遂げた選手たちを誇りに思う」(ジョーンズHC)

ジョーンズHCは、うつむくことなく、羽田空港に満面の笑みで戻ってきた。そして、集まった約400人ものファンと報道陣を前にして、日本語でこう言った。

「アタラシイ、ニホンノラグビーノレキシ、ツクリマシタ」

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  2. 2

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    明治150年式典 注目は天皇万歳

    文春オンライン

  7. 7

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  8. 8

    金正恩夫人の男性スキャンダル

    高英起

  9. 9

    音楽評論家 小室は理想の引き際

    AbemaTIMES

  10. 10

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。