記事

『ソーシャルメディア論』を読んだ&イベント感想

ソーシャルメディア論: つながりを再設計する
藤代 裕之
青弓社
売り上げランキング: 4,503


 『Twitter』や『Facebook』といったソーシャルメディアとの付き合いをどうするのか。個別の「活用法」についての書籍はいくつかあるが、SNSどのような歴史的経緯のもと生まれ、社会や生活にどのような影響をもたらすのか、網羅された本はこれまでなかった。そんな中で刊行されたのが、法政大学社会学部准教授でブログ『ガ島通信』の藤代裕之氏が中心となった『ソーシャルメディア論: つながりを再設計する』である。共著者としては、駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授の山口浩氏や、敬和大学人文学部国際文化学科准教授の一戸信哉氏といったメディア、法律の専門研究者だけでなく、Yahoo!ニュース編集チームの伊藤儀雄氏、弁護士ニュースドットコムの新志有裕氏といったポータルサイトやネットメディアの一線級、小林啓倫氏のようなコンサルタントまで名を連ね、それぞれの専門的見地から、SNSが社会もしくは個人に与える影響を論じている、なかなか豪華な一冊になっている。

 本書が面白いのは、誰もが多少なりともSNSを活用している中、現在の人々が「つながりすぎている」というところに立脚点を置いているところ。「都市」の章を担当している小笠原伸氏のパートでは、人口30〜40万人の都市をモデルに、「知り合いに偶然遭遇しない」ことが都市の魅力であるとし、それがSNSでのつながりによって自由や匿名性が成約されている、と指摘している。この主張には、家庭や学校・会社といった組織以外の「サードプレイス」といった複数のコミュニティに出入りして交流することで、人と都市の魅力が維持できるといった考え方とコインの裏表になっているところが興味深く感じられた。

 また、山口氏は「分人」という概念でリアルな人とSNS上の「人格」を分けることによって、「炎上」や「デマ」のリスクと切り離して加害者・被害者になる責任を回避する、という大胆な提案がなされている。
 最近では新潟日報の上越支局報道部長が『Twitter』で暴言を繰り返していたことが暴かれて無期限の停職処分に追い込まれたし、Jリーグのガンバ大阪のパトリック選手に差別的ツイートをした高校生も通学先の高校が謝罪をする事態になった。たとえ、「ツイートは個人的な見解です」と但し書きをしておいたとしても、それが通用しないことは、2013年に復興庁参事官が出席会議について「左翼のクソども」とツイートしたことがメディアに問題視され、担当副大臣が謝罪して当人は担当から外れたという事例がある(拙記事参照)。
 そういった意味からも、このタイミングで「分人」という考え方を検討しているというのはタイムリーだし、仮に匿名やハンドルネームであっても、何か問題が起こればすぐに本人特定されて、所属組織まで謝罪などの対応を取らざるを得ない現状に対するアンチテーゼとも読めた。

 さて、2015年12月19日には、共著者のほとんどが揃ったイベントが開催された(参照)。ここでの対象は「高校、大学、大学院、企業やNPOなどでソーシャルメディアに関して教える機会がある方」ということだったが、私も「炎上」を報じる側、もしくは「炎上」の後始末をする側としての知見を広げることができれば、と考えて参加してみた。

 ここで興味深かったのは、大学教員が直面している「つながりすぎ」の弊害。藤代氏によると、「自宅から通う学生が増えて、小中高のつながりを持ったまま大学に入ってくると、地元の中学の友達と遊んでしまう」といい、人間関係がシャッフルされないことによってスパイラルダウンしていくという。彼はそのことを「高等教育の崩壊が迫っている」とまで述べていた。
 それに対して、小林氏が大手企業のコールセンターで、コミュニケーションをより取っているオペレーターの方が生産性が高い、という結果をもとに、ランダムに取っていた休憩をチーム単位にすることで全体の生産性が10%伸びたという例を紹介した。このあたりに「産」の知見が加わることも、「シャッフル」を促す好例になるのでは、と思わせた。

 また、明治大学専任講師の五十嵐悠紀女史が、『Twitter』で情報を出す小学校や幼稚園の存在を挙げて「フォローしてしまったら自分が子どもがいてどこの地域に住んでいるか特定されてしまう」と指摘。フォローをせずに非公開のブックマークに入れて見ていると述べていたのも面白かった。こういった、何気ない自身の情報を出すことによって、意図しない使われ方をしてしまう、ということに関して、年齢に限らず多くの人々のリテラシーはまだ不十分だし、口をすっぱくして指摘し続けなければいけないことなのでは、と思わされた。

 あと、本書でもイベントでも、「ステマ」問題についての取り組みが紹介された。これに関しては個人的に異論を持つ立場ではあるけれど(摂エントリー参照),
少なくとも各記事がどのような意図をもって掲載・配信されているのか、読む訓練をするのは誰にとっても必要なリテラシーであるということは間違いないとは感じた。

 そんなこんなで。SNSとの関係性について知見を広げるためには一読しておいて損はない一冊。年が明けてからは書店で一般向けのイベントも開く予定とのことなので、こちらもチェックしておきたい。

あわせて読みたい

「ソーシャルメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  4. 4

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  5. 5

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  6. 6

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  7. 7

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  8. 8

    表現強い診断書で貴ノ岩守ったか

    AbemaTIMES

  9. 9

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「タバコかっこいい」は時代錯誤

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。