記事

Facebook、郊外キャンパスの焦り、、、、

12月17日のロイターで、Facebook社が本社の10㍄以内に住む、もしくは引っ越す従業員に、年最大$15,000(約180万円)支給すると、記事になっておりました。

Facebook puts a price on suburban living for employees | Reuters http://reut.rs/1O1AYdL

Facebookは表向きには「短時間通勤で、従業員の仕事とプライベートのバランスを提供したい」と表明していますが、僕は、若くて優秀な従業員獲得競争において、Facebookが苦戦し始めているのが、最大の要因と深読みしています。。

その背景は、下記のブログ記事で詳細を書き込みましたが、米ミレニアム世代(18-35歳位)の街中指向です。車の運転にするより、公共交通機関でスマホをいじる事を欲する世代で、エコ志向のため車の運転を好意的に思っていません。

米Gen Y世代と住宅市場 http://bit.ly/1d34P0n

下記は、米テック企業の従業員の平均年齢ですが、下記の通りかなり若返っており、Facebook社の従業員の平均年齢は28歳で、ダントツのミレニアム世代の従業員確保をねらう企業です。

イメージ 6


しかし、サンフランシスコエリアにおいて、雇用の中心がシリコンバレー→サンフランシスコへの移行がおこっています。2012→2014年のテック職の増加率を見ると、サンフランシスコ市部が42%の伸びで全米トップで、シリコンバレー(27%)やSFペニンシュラ(15%-FBが位置するサンマテオ郡)を上回っています。

イメージ 1
* Tech-Thirty By CBRE http://1.usa.gov/1RycivP

下記は2015年9月のSFベイエリアの雇用統計ですが、SF市内、Marin郡、East Bay地区では雇用は増加していますが、シリコンバレーの属するSouth Bay地区の雇用は4100減です(テクノロジー系の雇用は堅調なようですが)。この様に、雇用の中心のSF市内への北上は明確に起こっています。

イメージ 5
* Bay Area, statewide job growth slows, South Bay loses jobs SJMN http://bayareane.ws/1OgZp2E

ベンチャーキャピタルの出資も、重厚長大な半導体、コンピューターハードウエアなどから、ラップトップ一つで起業できる消費者向けウエブサービズやアプリに移行しており、VC出資額も2013年頃にSFがシリコンバレーを抜き去り、米国内のVC出資額の約26%を獲得しています。

イメージ 2
*America's Leading Metros for Venture Capital - CityLab http://bit.ly/1NwPbxW

その結果、下記の通り2010年頃にはSF市内には、時価総額$1Bn(1200億円位)を超えるテック企業は殆ど存在しませんでしたが、かなりの増加が見られます。
イメージ 3

具体的には、AirBnB、Uber、Dropbox、Pinterestといった今をときめくUnicorn(時価総額$1200億円以上の非上場企業)がSF市内に目白押しです。
イメージ 4

下記のチャートは、結婚適齢期の25-35歳のシングル女性100に対し、仕事をちゃんとしている男性比率ですが、勤労適齢期男子比率が一番高いのはシリコンバレーで115人です。これは、婚活女子には最高の数値ですが、若いテック男子にとっては最悪の比率ですね。SF市内では、シングル女性比率のほうが高くなりますので、血気盛んなシングル男性にとっては好ましい比率です。

イメージ 7
* The best and worst cities for women looking to marry | Pew Research Center http://pewrsr.ch/1rU8MgF

下記リンクはシリコンバレーの地元紙、San Jose Mercury Newsの2015年10月の記事ですが、SF市内の会社に対するシリコンバレー企業の採用難などが長尺で書き込まれています。

Quinn: As tech migrates to San Francisco, Silicon Valley finds its cool edge http://bayareane.ws/1MpG91C

これらのトレンドに対して、Google社を中心としたシリコンバレー企業は、SF市内からシャトルバスを運営する事で対処していますが、SF市民や行政からの規制で、いろいろ問題も多いです。また、通勤時間は短いのに越した事はありません。

グーグルバス問題とサンフランシスコの階級抗争を理解するためのキーワード  http://bit.ly/JVnClx

そして、Facebook社の場合は既に、上場してしまっているので、ストックオプション等のアップサイドも少ないのです。よって、レストラン、カフェや文化施設に溢れるサンフランシスコ市内のスタートアップ企業との従業員獲得競争はかなり不利になります。

Facebookは2015年5月に鬼才建築家Frank Gehry設計の新キャンパスを完成したばかりで、従業員2800人はオープンなオフィスで働ける環境を整えました。
イメージ 8

福利厚生的にも、キャンパス内に、フリーランチに加え、床屋や医者完備で、シリコンバレー企業の中でも、一番充実していると評価されてます。実際、従業員の満足度調査でも、Facebook社は米国トップを獲得しています。

America’s Best Companies to Work For - Facebook http://bit.ly/1PePLko

しかしながら、このように今をときめくFacebook社でさえ、郊外のロケーションのゆえ最優秀人材の獲得に苦労しているのが、ミレニアム層の都市部・街中指向の強さを象徴していますね。

最後に、シアトルのダウンタウンに本社を構え、現在本社ビルを建設中のAmazon社CEOのJeff Bezosの発言でこのブログを〆ておきます。
イメージ 10
「フリーマッサージなんかより、都市の中心部のオフィスが最大の福利厚生」 ジェフ・ベゾス

米国不動産投資も、街中のアパートが良いですよ!

では、Happy Investing!!!

P.S. ミレニアム層の街中指向は、シリコンバレーに限った事ではありません。

郊外から都会へ―「企業アーバニズム」時代が幕開け WSJ http://on.wsj.com/1hSzWkO 職場の郊外化が進んでいたシカゴを例にとって、モトローラ、ユナイテッド航空、ヒルシャイア等の大企業が、若くて有能な従業員を確保するために、街中へオフィスを移動中。
サンフランシスコにおけるテック職の急増は、高収入の若者のSF市内流入を起こし、SFの1ベッド物件の賃料は月$3500と全米一の高さになったしまったという功罪が、、、、
イメージ 9

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  2. 2

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  3. 3

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  4. 4

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  5. 5

    総選挙は橋下氏出馬次第で変わる

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    北の核 東京直撃なら死者85万人

    文春オンライン

  7. 7

    都民ファ議員 週刊誌報道に反論

    斉藤れいな

  8. 8

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  9. 9

    O157トング犯人扱いはとばっちり

    山崎 毅/ドクターK(食の安全・安心)

  10. 10

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。