記事

マツダ・ロードスターが「自動運転」になる日

[画像]ロードスターが自動運転化される日が来る?

 自動運転とスポーツカー。普通に考えて相性が悪い。普通に考えれば、機械任せに運んでもらいたい人はスポーツカーになんて乗らないだろう。たぶんこのタイトルを見て「そんなことになっちゃ困る」と思った人が大半だと思う。

 ところが、それがなるほどと思える様なことをマツダは考えている。相変わらす変わった人たちだ。そして第一印象が「そんな馬鹿な」であっても、話を聞いた後になると正論で正攻法に思えるから不思議だ。

スポーツカーに乗ることの心理学的意味

 スポーツカーに乗るのは、そもそもなぜなのだろうか? 色んな理由がある。クルマの世界の人たちが言いそうなことは、見当が付くが、心理学者はどんなことを言うのだろうか? この話の大きなヒントとなるのが、アメリカの心理学者、ミハイ・チクセントミハイが1990年に記した『フロー体験』(日本語版は1996年刊 世界思想社)である。

 チクセントミハイは、人の行動のもっともポジティブなあり方を「フロー体験」と名付けた。それは人が明確な目的に対して専念と集中ができる状態において、状況や活動を自ら制御している自覚があり、直接的で即座な反応が得られる活動に本質的な価値を見いだすのだという。われわれはこの状態を表すもっと平易な言葉を持っている。「熱中」である。フロー体験は熱中を引き起こす条件まで踏み込んでいる部分が言語的な差異だが、表す状態は熱中だと言っていいだろう。

 クルマ好き、特にスポーツカーが好きな人ならば、運転中に自分とクルマが融合し、時間感覚がなくなって、クルマを上手くコントロールできていることが楽しくて仕方がないという体験をしたことがあるだろう。こういう「熱中状態」こそがチクセントミハイの言うフロー体験である。しかも嬉しいことにチクセントミハイは、それを「人間にとって本質的な価値」だと言うのである。つまりスポーツカーの運転は人間にとって本質的に価値がある行動だから、人はスポーツカーに乗るのである。

 しかし、チクセントミハイはこうも言う。「フロー体験が得られるのは自分の能力に対して適切な難易度のものに取り組んでいる時である」。問題はこの「適切」だ。例えばゲームの多くもこのフロー状態を体験できるものの一つだろう。パラメーターをいじって、あまりにもイージーモードにすると、簡単過ぎて面白くない。それは自分の能力に対して適切な難易度ではないからだ。逆もまた同じで、近年「無理ゲー」という言葉でお馴染みの様に、どうやってもクリアできるとは思えない難しいゲームではフロー体験は得られない。クルマをそれなりの難易度で走らせている時、それを制御しきったことがフロー体験となって幸福感が得られるのである。

 しかし、クルマはゲームとは違う。制御に失敗したら他人や自分に危険が及ぶ。古くからスポーツカーに対して行われてきた批判はここに立脚する。「危険ではた迷惑な行為である」と言われてしまうわけだ。

「フロー体験」と「社会性」対立する概念

 実は、このフロー体験を、クルマの運転から得るのに必ずしもスピードは必要としない。例え交差点を徐行して曲がる時でも、その前後左右方向の加速度を滑らかに変化させ、クルマの姿勢と加速度変化を美しくコントロールするという意味では、道交法の範囲内でも十分にフロー体験は得られる。

 「そんな速度ならスポーツカーである必要がない」という声もあるだろう。しかし道具として何時いかなる時もキチンと思うように動くということはそれなりに難しい。よくできたスポーツカーはそこがちゃんとしているのである。

 例えば、コインパーキングのストップ板を踏み越えて即座に止まりたいとか、渋滞中に出遅れて前のクルマとの距離を詰めたい時、イメージした動き出し速度とイメージした到達速度になるだろうか? こういうと「それは運転が下手だからだ」という人がいるが、そうではない。その程度のレベルの低い操作に熟達を求める機械が間違っているのだ。それでもと言うなら、ステアリングシャフトをゴムかなんかでグニャグニャにするか、アクセルにひっかかりでも作ればいい。要するに当たり前の操作が当たり前にできない機械を使いこなす能力は不毛なのだ。人の能力はもっと高次なところで発揮させるべきだ。操作が人の意思を正しく反映できなければフロー体験はあり得ない。

 これまで、スポーツカードライビングにおけるフロー体験について胸を張って言おうとすれば、そういう低速領域で話をするしかなかった。前後荷重をコントロールすることで旋回サークルの半径を自在に変える領域になると、どうしてもある程度の速度が必要だ。絶対に制限速度を超えなければならない訳ではないが、まず前述の様に異論が出るだろう。「危険ではた迷惑な行為だ」と。前のセンテンスで述べたような領域は良いとして、こうしたある程度速度の乗った領域でのフロー体験となると、社会的な視点からは話がそれなりにややこしくなるのだ。

高齢者がクルマを運転することで得られるもの

[図1] ※出展:Massimini & Carli 1988 ; Csikszentmihalyi, M. (1990) より一部改変

 もちろん事故を起こしてはいけない。クルマは安全に運転されるべきだ。しかし、心理学者がそれを人間にとって本質的な価値、つまり人の生き甲斐になり得ると言うならば、簡単に捨てて良い領域だとは言えないのである。

 例えば、マツダはこのフロー理論に基づいて、高齢者がクルマを運転することで「論理的思考能力」「集中力」「認知機能」の活性化と改善を図る研究を東京大学と共同で行っている。クルマの楽しさで老いの進行をできる限り遅らせ、自発的で自助的な生活を少しでも長くできるようにする研究である。図1を見て欲しい。8つに色分けされた区分があり、縦軸には「挑戦」つまり難易度が、横軸には運転者の「能力」が取られている。左下に行けば行くほど、心の活性度が落ちる。逆に右上に行けばいくほど心の活性度が上がり「生き甲斐」を感じることになる。

 肉体的、精神的に老化が進行した状態で運転すればそれなりにリスクがある。高速道路の逆走や、高齢者の事故の統計的増加が問題になっているのも事実だ。そうした社会的治安の観点から見ると「高齢者は免許を返納してもらう」という判断になることも理解できる。しかし社会治安と引き替えに、運転という行為にまつわる「認知」「判断」「操作」を取り上げられれば、老化は進む。「何もやってはいけない」と禁止することで、老いは加速して、クオリティオブライフを急激に低下させるのである。

 そういう個人の問題を無視した一面的な規制をすれば、必ず社会保障負担となって帰って来るだろう。そこをブレークスルーして「安全に運転を楽しむためにどうしたら良いか」をマツダは研究している。そしてそれはゆくゆくは、もっと若い年代にとっても、人生の質を高め、幸福を高めるものになるはずだ。要するにリスクを減らしつつ、スポーツカーによるフロー体験を実現できる可能性があるのだ。

メンタルの状態を定量的に測定する実験

 近年、学術分野で急速に研究が進んでいる一つに「ハピネス」がある。これまで科学が踏み込めなかった人の幸せを科学的に解明しようという試みである。チクセントミハイの研究もその走りである。近年この分野が発達しつつある原因は二つある。一つはウェアラブルセンサーによって人の動作が長期的に測定できるようになったこと、もう一つはその膨大なデータを読み解く、いわゆる「ビッグデータ」の解析技術が長足の進歩を遂げたことだ。

 人がどういう環境の時どのくらいの頻度で体を動かすかに着目することによって、集中の度合いや、その集中の種類を定量的に評価できるようになってきたのである。マツダは三井情報と共に東京大学に出資し、大学院に医学系研究科音声病態分析学講座を開設した。声帯の緊張を測定することで、メンタルの状態を測定する研究を進めるためである。さて、ここではどのような研究が行われているのだろうか?

[図2] ※出展:東京大学 人のメンタルな状態は5つに分類できる

 図2を見ると、人の心の状態を5つに分類しているのが分かる。それぞれを色分けした上で、最も理想的なのは緑の状態だ。健常者は、自然にこの緑の状態を保とうとする。ところが、いわゆる医学的「うつ」の状態に入ると青の領域になる。反対側には黄色があってここは「好感」として示されているが、落ち着きを失えば「躁」状態となる。赤は「嫌悪」で理想にはほど遠いし、最悪なのは灰色で示される「快感/痛感」で、医療の介入が必要とされる錯乱状態である。

 こうした分類で心の定量化を行った上で、そのメンタルな状況がどこに該当するかは、声帯の緊張度による声の変調を測定すると判定できるのだそうだ。われわれも日常的に「声に元気がない」と感じることからもわかるように、声はメンタルと直結しているのである。

 測定にはスマホを活用する。スマホに分析用のアプリをインストールして、通話の度に声を記録し、サーバーに送って分析を行う。その結果を「現気圧」と「活力値」としてアプリに表示する仕組みである。現在では基礎研究の段階なので、この表示するところまでに止まっているが、やがてはこのデータをクルマに送って、自動運転の制御におけるドライバーの状態として取り込もうと言うのだ。

「出しゃばらない」自動運転の可能性

 そうした環境を整えた上で、マツダは自動運転の新しいあり方を考えている。それは「出しゃばらない自動運転」だ。フロー体験を軸に据えて、原則的にはドライバーが運転する。しかし、ドライバーが運転における「認知」「判断」「操作」のいずれか、あるいは全てにおいてミスをした時、バックアップとしてコンピューターがこの「認知」「判断」「操作」を代行する。できればドライバーのフロー体験を邪魔しない様にしたいとのことだ。

 ただし、ミスをミスと気づかせないことがトータルで見て良いことかどうかはこれから判断していくべきだろう。そして、状況が予断を許さないような場合には、決然とドライバーの操作をオーバーライド(上書き)して、コンピューターがコントロールする。

 考え方としては現在のスタビリティコントロールに近い。原則的にはドライバーが運転し、破綻を未然に防ぐためだけにコンピューターが介入する。本当にこの方式の自動運転が有用に機能すれば「危険運転」は消えてなくなる。社会がそれを許容すれば、このシステムを搭載したクルマは速度制限を必要としない未来があるかもしれない。

 ドライバーがスポーツドライビングによるフロー体験で人間としての普遍的価値を謳歌しながら、社会的リスクを生じさせないという、従来の二律背反に対するブレークスルーが可能になるかもしれない。

 すでに書いたようにマツダの研究はまだ基礎段階で、具体的な製品になる時期は何とも言えない。しかし、マツダの技術者はこうも言った。「5年では難しいですが、10年ではかかり過ぎです」。7、8年先には、何らかの形で人間のコンディションを反映させて安全を高める装置が現れる可能性があるのだ。

 余談だが、マツダと東京大学では、スマホでの音声分析の社会実装を行っており、この研究に協力してくれる人を広く募っている。アプリはAndroid用のみだが、Google play から無料でインストールできる。マツダの研究趣旨に賛同する人はインストールしてみてはいかがだろうか? 筆者もこの研究に大きな興奮を覚えた。高齢者はもちろん、それ以外のクルマに乗る人全てに喜ばしい未来が来るならと、先週インストールした。

 マツダ・ロードスターに自動運転が備わる時、スポーツカーはその潜在的な反社会性から歴史上初めて解放されるのである。

(池田直渡・モータージャーナル)

あわせて読みたい

「自動運転」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    眞子さまカメラ拒絶に心配の声

    NEWSポストセブン

  2. 2

    日大監督の「自供」を文春が公開

    文春オンライン

  3. 3

    巨乳使い元首相に取材 記者告白

    PRESIDENT Online

  4. 4

    日大前監督・コーチが緊急会見

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏「日大の選手は正直」

    小林よしのり

  6. 6

    世の常識に抗えた日大選手の若さ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    安易に脱ぐな 現役グラドル警鐘

    倉持由香

  8. 8

    日大「誤解招いた」は最悪の謝罪

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    ネトウヨ活動に走る中高年の実態

    キャリコネニュース

  10. 10

    上場企業の平均年収ランク 1位は

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。