記事

拡張するコンテンツコリアラボに刺激を受けました。

韓国政府が運営するコンテンツの人材育成と起業支援の場、コンテンツコリアラボCKL。
 昨年秋に続き2回めの訪問です。
 前回の訪問はここにメモしました。
「Content Korea Lab訪問記」
 http://ichiyanakamura.blogspot.kr/2015/03/content-korea-lab.html

 
CKLはぼくらのCiPと同様の業務を行うのですが、CKLは文化大陸観光部の下にあるコンテンツ振興院KOCCAが年12億円の予算で運営。
スゲぇな、韓国政府。
CiPは政府から一円も出ません。今んとこ。

 
CKLは明洞にインキュベート施設「文化創造団地」を創設するとか。
42のスタートアップが2年間「無料」で入居できる。
CiPも連携したいよ!

 
日本上陸が報道された500 Startupsが韓国では2月に上陸、CKLと連携して起業支援を進めている。
CiPとも組んでください!

 


CKLは教育部門を別の場所に移転、現在の場所は制作・クリエイターの拠点にする。
制作、教育、起業支援の機能別に分散する方針です。
 
CiPはまずは集約のメリットを発揮するよう設計します。
(写真は本文と関係ない)
 

 ちなみに、今年のコンテンツ政策予算は13%増だそうで。この分野に注力する姿勢が明確です。うらやましい。
 韓国政府は創造経済を旗印に、地域と企業が連携して産業活性化を図っています。例えばソウルはケーブル最大手のCJエンタテイメントを指定して産官連携を進め、特区も適用しているとか。
 CiPでもそういうリーダー企業が現れるといいな、と思うものの、企業を指定して行政に協力させる手法は取りにくい。大統領制を敷く韓国だからこそ、という気がします。日本は日本のやりかたを考えましょう。

 一方、新設の役所、未来創造科学部が創造経済の振興を担当し、規制担当の放送通信委員会とのダブりが問題になっているという。規制と振興で政策を分けるとだいたいそうなりますよね。
 政府はNAVERやKAKAOに圧力をかけて政策に関与させようとしているが、振興政策の成果はまだ出ていないとのこと。それよりIT企業の社長たちが大統領府と通じていないと仕事が難しく、だから社長に法律家が多い、との評。これは大統領制ならではの急所かもしれません。

 
ところで、CiPを レバ刺し・ユッケ特区にしたいんですけど。

あわせて読みたい

「コンテンツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  2. 2

    孫社長 ライドシェア規制を批判

    ロイター

  3. 3

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  4. 4

    日本のマナー理解できない外国人

    中村伊知哉

  5. 5

    橋下氏 夏の甲子園は見直すべき

    橋下徹

  6. 6

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  7. 7

    海外持ち込み不可のお菓子に驚き

    メディアゴン

  8. 8

    支持0%台の国民党 悲惨な代表選

    文春オンライン

  9. 9

    「SNSやめた」Hagex氏殺害の余波

    NEWSポストセブン

  10. 10

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。