記事

テレビの制作現場に「自主規制」「忖度」が定着してきている〜ジャーナリストら、与党の「放送法」解釈を批判

1/3
(左から)綿井健陽氏、砂川浩慶氏、坂本衛氏
15日、立教大学社会学部准教授の砂川浩慶氏、ジャーナリストの坂本衛氏・綿井健陽氏が「安倍政権とメディア」と題して会見を開いた。

3氏らは同日付で『「放送法の誤った解釈を正し、言論・表現の自由を守る」ことを呼びかけるアピール』を公表(文末に全文を掲載)。賛同人にはマッド・アマノ氏、是枝裕和氏、篠田博之氏、柴山哲也氏、永田浩三氏、藤田真文氏、田島泰彦氏、白石草氏、碓井広義氏らジャーナリスト・メディア研究者が名を連ねている。

3氏は、与党のテレビ報道への姿勢について「放送法の解釈がデタラメで間違っている。政権与党からテレビ放送の自由、自主独立を守る法律だが、テレビ放送を取り締まる法律であるかのように思われている」と主張。一方、テレビ制作の現場でも、"自主規制"や"忖度"の問題が深刻化していることも明かした。

このうち、放送法の専門家である砂川氏は「こういうことをする国は民主主義国家とは呼べない」と批判、「日本は先進国で唯一、放送免許を監督しているのが行政(総務省)。総務省は自民党に対してこそ行政指導をすべきだ」と訴えた。

また、実際にテレビ番組の制作にも携わっているという綿井氏は、会見にあたってニュース番組に携わる記者、デスク、プロデューサーらに現状をヒアリング、「与党に批判的な報道をする番組に対して、政治家だけでなく視聴者からも"偏向報道をやめろ""公平中立な報道をしろ"という抗議が非常に多く寄せられており、その結果、"後でごちゃごちゃ言われるのが嫌だから、抗議の際のエクスキューズとして番組に政府の側の意見をとりあえず入れとこう"という自主規制・忖度が制作者に定着してきている」と指摘。制作現場の現状を「以前は権力に対してメディアと市民の同じ側にいたのが、今は政治権力と市民を名乗る人たちが一体となっていて、そこにメディアが対抗する構図になっている。いわばメディアが挟み撃ちにあっている状態」と表現した。

綿井氏はスタッフたちに対し「もし政治家から"放送法を守りなさい"と言われた時は"お前こそ憲法を守れ"と言い返せばいい、もし"公平中立な放送をしなさい"と言われた時は、"あなたこそ公平中立な政治をしなさい"と言い返せばいい」とアドバイスしているという。一方で、「弾圧・圧力の中でも意気盛んなスタッフがいることも強調しておきたい。しかしそれも何かの拍子に足を掬われる可能性は充分ある。」「放送法を"取り締まる"という法律に変えようと言う動き、"BPO潰し"という動きが今後出てくるのではないかと危惧している」と述べた。

質疑応答

ー与党は、活動家など活動を支援しているのか。

坂本衛氏
坂本氏:はっきりした証拠は見つからないが、放送に対して政府与党が強力に圧力をかけているのと同調するような意見広告が新聞に載っており、ああ、つながっているのかな、と思う。ただし、いろいろな意見はあっていい。私たちが批判したいのはあくまでも政府であり、その間違いを正していきたい。

砂川氏:日本のマスメディアが"安倍政権を支持するメディア"と、"ちゃんと批判するメディア"に二分している。この1年間で安倍さんが出演したテレビ局は限られている。NHK、日本テレビ系列、フジテレビ系列。ご承知のように、日本のマスメディアは新聞とテレビが系列関係にあるので、日本テレビと読売新聞、フジテレビと産経新聞、安倍さんに近い籾井さんが会長をやっているNHK、その3グループだ。

「放送法遵守を求める視聴者の会」が11月14日には産経新聞に、15日には読売新聞に全面広告を出稿した。安倍政権を支持するようなマスメディアの論調と、活動家らのインターネットでの発言内容は非常に似通っている。

綿井健陽氏
綿井氏:放送における"公平中立"というのは、右と左からの中間点という意味での公平さを保つことではなく、いかなる政治家にも、経済界にも干渉されない、支配されない、影響されないという"自主独立の確保"だと思う。

ーテレビ制作に携わる人々が、一般市民からのサポートがなく、社会の中で孤立していると感じているのではないか。この夏、安保法制をめぐっては大きな運動が起こったが、メディアの問題について市民はあまり発言しない。なぜだと思うか。

砂川氏:学生に教えていると感じることだが、メディアをけなすことはするが、褒めることは経験していない。大学や市民講座では"メディアを支えるためには、良い番組、良い記事はどんどん褒めましょう"と言っている。

今、日本のメディアの方々が苦笑しているが、本当にそういう支えがない。こういう状況の中でメディアの重要性が再認識され、褒めていくということが、これから重要なテーマだと思う。

坂本氏:日本人は本当にテレビが好きだ。見ている時間も長く、NHKへの信頼度は世界的にも高い。テレビは笑ったり泣いたり、井戸端会議のような狭い社会で喋るための、そのツールなんだろうと思う。ただ、話題が安全保障、税金や財政、沖縄の問題などになると非常に関心が薄い。"沖縄問題をやるとガタッと視聴率が落ちる"と、テレビの人が言っていた。

やはり日本人には、この社会を自分の力で作っていくとか、そのための力があるんだよ、という自覚があまりない、"長いものに巻かれろ"、"寄らば大樹の陰"という言葉があるが、日本人の心根が現れていると思う。

あわせて読みたい

「放送法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    価格破壊QBハウス 値上げは責務

    自由人

  2. 2

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  3. 3

    阿波踊り強行で踊り手自滅の恐れ

    AbemaTIMES

  4. 4

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  5. 5

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    経営能力ない大塚家具のシナリオ

    ヒロ

  7. 7

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  8. 8

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  9. 9

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  10. 10

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。