記事

「パチンコ釘問題」を世界で最も判り易く説明してみる

1/2
さて昨晩、フジTV系のオンライン番組「真夜中のニャーゴ」にて、やまもといちろう(投資家)×POKKA吉田(パチンコ業界ライター)×木曽崇(カジノ研究者)で、現在巻き起こっているパチンコ業界における釘問題に関する激論が放送されました。収録時に聞いた話によると、今回の放送はアーカイブ化して無料視聴できる形にするとの事だったので、見逃した方はそのうち番組サイトで動画視聴が出来るようになるかもしれませんし、ならないかもしれません。
【参照】真夜中のニャーゴ アーカイブ
http://www.houdoukyoku.jp/pc/archive/
一方、昨日の放送を私自身が見直した上で思ったのは、やっぱりこの問題は状況があまりに複雑にからみあい過ぎている、かつ必然的に法律用語&専門用語が多くなるのもあって、一般視聴者の方々にとっては非常に判りにくいだろうなぁということ。一方で、業界外の方が書いたより簡易な解説はあるのですが、それはそれですごく間違った解釈が含まれていたり、情報に過不足があったりと、個人的にはイマイチぴんと来ないのも事実です。

そこで今回は、なるべく専門用語を使わず、あまりに詳細過ぎるところには踏み込まず、かといって本問題の全容を理解するにあたって必要十分な要素を含むギリギリの線でパチンコ釘問題を説明したらどのようになるのだろうか?という試みで、以下、エントリを書いてみますのでよろしくお願いいたします。

1.  パチンコ釘とは

パチンコ釘とは、パチンコの盤面に打ち込んである「釘」のことです。これらパチンコ釘は、機器から打ち出される球の行方をコントロールし、ゲームの流れ、もっといえばそれら機器で提供されるギャンブル性を決定づけるパチンコ機の性能において非常に重要な役割を果たすものです。

このパチンコ釘は、風営法の関連規則において、盤面に対して「おおむね垂直に打ち込まれている」ことが義務付けられています。もっといえば世のパチンコ店に設置されているパチンコ機は、各釘が「おおむね垂直」に打ち込まれている前提で機器性能の試験を受け、同じ型式で生産されている機会はおおむね同一性能を保持しているものとして、各パチンコ店への設置許可が行われているものです。

ところがパチンコ業界では、この「おおむね垂直」でなければならないとされている釘を、「メンテナンス」と称してハンマーで叩くなどの手段で曲げる行為が数十年に亘って蔓延してきました。これら「釘曲げ」と呼ばれる行為は、本来あるべき形のパチンコ機を無許可で改造するという風営法上の重篤な違反行為であるのですが、業界内では当たり前の営業行為の一部として長らく存在してきたのが実態です。

2. 何の為に釘を曲げるのか

パチンコ店は何の為に釘を曲げるのか? 一口に言えば、パチンコ機のギャンブル性を向上させる為です。

そもそも我が国の刑法は原則的に賭博を違法としているワケですが、パチンコはその刑法が定める「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない」という例外規定の範疇で、日本社会に存在することが許されている「娯楽業」です。で、あるとするのならば、そこで提供される機器のギャンブル性には自ずと制限がかけられるワケで、パチンコ業界を統制する風営法はその関連規則においてパチンコ機のギャンブル性基準を定め、先述の機器性能試験を通じて店舗で提供されるパチンコ機に統制をかけています。

釘曲げを行っている主体は、この公的に認証されたパチンコ機のギャンブル性を不正に高める為、多くの場合は「小当たり」用の入賞口の真上にある釘間を狭くし、一方で「大当たり」用の入賞口の真上にある釘間を広くするなどの変更を行います。これにより、当該パチンコ機はプレイヤーにとってより「当たり外れ」がハッキリと出る状態、すなわちギャンブル性の高い状態となる。繰り返しになりますが、これは風営法上における明確かつ重篤な法令違反行為であります。

3. 突如始まった警察による指導

このような「釘曲げ」行為の存在は、パチンコ業界において「公然の秘密」ともいえる状態で数十年に亘って存在してきた業界慣行であり、パチンコ愛好家の間においてすらも本来同一性能で提供されているハズのパチンコ機において、「釘を見ながら台の選択を行う」ことが当然のプレイスタイルとされてきました。ところが、その長年に亘る悪しき業界慣行に対して、今年になって急に切り込んだのが警察庁です。

その背景には、ここ数十年でギャンブル性が著しく向上したパチンコに対する社会的批判の高まりがあります。レジャー白書による統計に基づくと、平成元年におけるパチンコプレイヤーの平均消費金額は年間50万円程度であったのに対して、現在のプレイヤーの平均消費金額は年間およそ200万円と、この25年で4倍に膨れ上がっています。

これは、この25年間の物価上昇分を考えても異常ともいえる消費金額の上昇であり、一方でカジノ合法化などという警察庁にとっては迷惑極まりない政策提案をしている者達が居るのもあって、それと対比をする形でパチンコのギャンブル性向上に対する社会批判が今後ますます高まるであろう事は予想に難くありません。

このような背景もあり、警察庁は今年の年初の業界団体の会合において、長年の悪しき慣行であった「釘曲げ」行為の撲滅を宣言。半年間の改善期間を設けた後、全国調査に踏み切るのでありました。

4. 改善されない「釘曲げ」行為

ところが、警察庁があれだけ声高に問題改善を訴えたのにもかかわらず、半年間の改善期間を経た後にもその状況が全く改善していないことが判明します。今年6月からおよそ2か月に亘って行われた全国161店舗、258台のパチンコ機を対象とした調査において、法令の定める基準に則って運用が行われているパチンコ機が世の中に「一つもない」という仰天結果が出てしまいます。

当然、警察庁としては業界に対して「激オコ」な状態になるワケですが、一方であれだけ厳しく改善指導が行われたにも関わらず、世の中に一台も正しい状態にあるパチンコ機が存在しないというのは幾らなんでも違和感があるワケで、警察庁は後続調査として今度は各パチンコ機器メーカーの出荷時点おける機器性能の調査を業界団体に命じて実施させることとなります

そして、その調査によって出てきた「答え」が業界を更なる震撼を与えることとなります。実は、各メーカーがパチンコ機を出荷する時点で既に検定を通ったものと「異なる形」で釘が打たれており、ギャンブル性の高められた状態になっている、と。。そりゃぁ、パチンコ営業者側に改善を求めたところで、事態が改善しないワケです。

5. 噴出する撤去騒動

先述したとおり、今年の冒頭から警察庁が問題視し、近年のパチンコのギャンブル性向上の「主犯格」として一種の吊るし上げを行ってきたのは、パチンコ営業者が店舗内でハンマー等を使って釘を曲げる不正改造行為でありました。勿論、この種の不正行為が業界内で当たり前のように行われてき慣行であるのは事実なのですが、一方で当のパチンコ機を製造する機器メーカー自身も、出荷時にパチンコ機の釘を弄り、ギャンブル性を高めた状態で店舗に納品していたことが判明した。

このような大問題が発覚し、当初はホール側に営業改善を行うべしとする指導であったものが、急転直下、そのような不正改造機は可及的速やかに撤去を行うべしという方針に急転し、警察庁からその通達が行われることとなったのが、この11月の出来事となります。

「不正改造があった機器は、即刻撤去すべし」

この警察庁の通達は一見、正当な主張に聞こえるかもしれません。一方で、一部の思慮深い方々は、こんな素朴な疑問を持つはずです。「もし、メーカー出荷時に釘に手が加えられているのならば、それを各店舗で『おおむね垂直』とされる正しい状態に戻す作業さえ行えば、撤去なんてしなくても良いんじゃないの?」と。

これはある面では非常に「ごもっとも」な指摘ではあるのですが、それが出来ない事情があるからこその現在の一斉撤去騒動であり、実はそこには警察庁がどうしても言及したくない、次なる構造問題が隠されているのです。

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍晋三記念小学校」嘘と判明

    和田政宗

  2. 2

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  3. 3

    籠池氏の嘘 拡散した朝日は無視?

    和田政宗

  4. 4

    よしのり氏「罠にはまった文春」

    小林よしのり

  5. 5

    山口組の自虐的川柳が傑作ぞろい

    NEWSポストセブン

  6. 6

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  7. 7

    希望維新の合流進めたい安倍首相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  9. 9

    ISを「破門」しないムスリム社会

    SYNODOS

  10. 10

    内田樹氏の安倍政権分析に納得

    マガジン9

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。