記事

アメブロにありがち。文字の大きさ変えたり色文字使うの考え直した方がいいと思う件

誰にアドバイスされたのかしらんけど猫も杓子もアメブロブログって文字の大きさ変えたり何種類も色文字使い分けたりやたら絵文字使ったりすることがいいブログだと思っているのだろうか。

私個人の感想からすると実に読みにくい。なぜ普通に書けない?っていうかかなり面倒だよね?そんなことに貴重な時間使うならもっと本質的なこと、すなわち、まともな文章書くとかに力を入れた方がいいんじゃないか?

いやもちろんその人の仕事上顧客ターゲットが色文字とか絵文字大好き読者ならそれでいい。でももしそうでないなら逆効果になっている可能性もある。大事なことは人から言われてこれがいいと言われてみんなやっているからそれをマネればいいって発想じゃなく本当にそのことに意味があるのかそこに時間と労力をかける必要があるのか自分の仕事上、合っているのか考えてから選択することだ。

なんかアメブロユーザーに多いんだけど何も考えてないで誰かの受け売りテンプレートばかり。はじめに肩書きの説明と名前。うざいっちゅうの。

そこから中身の薄い内容を色文字多用し、文字の大きさ変えたり絵文字使って頭がお花畑みたいな内容。ネガティブなことは書かずにひたすら無理したポジティブ内容。そして最後に「いつも読んでくださりありがとうございました」というこれまたうざい念押し。

いやこれが本当にいいと思うのならそうやって書けばいいけど単に誰かから言われたことを鵜呑みにしているだけではないのか。本当に必要?本当に読みやすい?書くのしんどくない?心の底から本心で書いてる?自分の想い、しっかり伝えてる?

ブログの内容そのものの質を上げるより小手先のテクニックをただマネればなんとなくそれっぽいお仕事ブログができるからただそれだけで満足してるんじゃない?そんなテンプレマネしてやっているから個性のないブログでなくなりやれ期間限定でお得な価格だのなんだのって低価格競争になっちゃう。

上っ面の小手先テクニックブログなんて読んでいて体温が伝わってこない。その人の人となりが伝わってこない。小手先の技術に溺れるんじゃなくもっと文章の中身そのものからブログを考え直した方がいいんじゃないか。でないとみんな同じ風なブログに見えて他者と差別化できずお友達価格でサービス提供するおままごとにしかならない。

アメブロ専門のコンサルの言うことを真に受けて意味のないことに無駄な時間を費やしているのならやり方を考え直した方がいいんじゃないか。

みんながやっているから私もやるなんて小学生みたいな発想から抜け出し自分の頭で考え、選択し判断した方がいい。それができないようならろくな仕事はできないと思う。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池夫妻の「長期勾留」は問題

    常見陽平

  2. 2

    カーリング藤澤五月の誘惑で決着

    文春オンライン

  3. 3

    米軍艦「中国空母に接近せよ」

    文春オンライン

  4. 4

    カーリング藤澤に脚光で喜ぶ企業

    NEWSポストセブン

  5. 5

    夫の不倫証拠にGPS 落とし穴も

    女性自身

  6. 6

    香取慎吾 東スポ引退報道イジる

    文化通信特報版

  7. 7

    下町ボブスレー 敗因は検証不足?

    美谷広海

  8. 8

    北野武 大杉漣さんへ思い溢れ涙

    女性自身

  9. 9

    カー娘叫ぶ「れんたろー」の正体

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏 二重国籍は堂々と認めよ

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。