記事

自分の力だけではキラキラできないキラキラ女子たち

僕は嫌いなので個別言及することはないが、twitterを中心に匿名のキラキラアカウント的な存在が多発している。自称・美人キラキラアカウントの中の人を見たことがある人からは「全然美人じゃない」という報告も相次ぐ。

極力触れないでおこうと思って避けてきた存在であるが、先日大学の女性の先輩がキラキラアカウントに憤慨しており、そのロジックになるほど!と思ったので、紹介しておきたい。

彼女たちのキラキラの源泉は男性に頼ることで得られること。
キラキラするなら自分の力でキラキラしろといいたい!

男性にキラキラさせてもらっているだけで、なぜあいつらはあんなにも偉そうなのか。男性から貢がせるパワーがある自分に酔いしれているのか?

誰しもが心の中にリトルばびろんまつこを持っていると言われて久しいが、彼女は満たされない承認欲求がゆえに、嘘を繰り返して犯罪にまで至ってしまった。

承認欲求というのは恐ろしいもので、自分が認められるために、相対的に誰かと比較して相手を乏しめたりすることもある。自分に愛情(というか金?)を注いでくれる相手を馬鹿にして、その金で彼女たちはそのキラキラをソーシャルメディアに発信する。

しかし一方で、自分の力でキラキラしているキラキラ女子たちもいる。男性から金を搾り取る力も「自分の力」ではあるのだが、自分の足で立てている地に足がついた女性の内面から出るキラキラさに、彼女たちの表面的なキラキラは及ぶはずもない。そんな自力キラキラ女子はそのキラキラをソーシャルメディアにupしている暇などないくらいにリア充である。彼女たちのキラキラ姿を目にできるのは、せいぜい彼女自身やそのお友達の結婚式のFacebookである。よって、「自力キラキラ女子アカウント」なるものはほぼ存在しないのだ。

キラキラアカウントの多くは、若さと(自称)美貌を武器にしているがゆえに、早々にルックスの価値がピークアウトすると目も当てられないことになるだろう。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  8. 8

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    コンビニのエロ本販売中止に賛否

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。