記事

新語・流行語大賞「トリプルスリー」に困惑の声 「流行ってたん?」「初めて聞いた」

2015年に話題となった言葉に贈られる「ユーキャン 新語・流行語大賞」が、12月1日に発表された。年間大賞には「トリプルスリー」と「爆買い」が選ばれた。

11月10日に発表された候補50語には、「自民党、感じ悪いよね」「I am not ABE(アイアムノットアベ)」「アベ政治を許さない」「戦争法案」「国民の理解が深まっていない」「とりま、廃案」「シールズ(SEALDs)」など、政権与党に批判的な言葉が並んでいた。

政治批判が後退「今回は安定の逃げだな」

政権批判のうちトップ10に選ばれたのは「アベ政治を許さない」と「シールズ(SEALDs)」の2つ。候補に挙がった時点で「政治色が強すぎる」という評価が多かったことから、ネットには「批判に配慮したろ」「すごく微妙。左の委員の人間はビビったのか?」といった声も見られる。

「トリプルスリー」とは、プロ野球で打率3割、ホームラン30本、盗塁30個を同時に達成すること。ソフトバンクの柳田悠岐選手とヤクルトの山田哲人選手が今季達成したことで、プロ野球ファンの間では話題となったが、一般的にはインパクトが薄かったようだ。

「はじめて聞いた言葉が流行語大賞に!!」
「流行語大賞の爆買いはわかるけど、トリプルスリーってなんぞ?」
「流行ってたん?」 「トリプルスリーとか誰も使ってませんけど」

結局は誰の批判も受けそうにないスポーツ界からの選択に「今回は安定の逃げだな」「批判喰らって無難な所でおさめやがった」と首を傾げる人もいた。

関連記事
  • ホンダ「65歳定年延長」は年長者優遇にあらず 「子育て・介護世代の支援も厚くします」
  • 釈由美子「私でも結婚できたので。みなさんも婚活がんばってください」とエールを送る
  • 実質2000円で肉、カニ、米をゲット!? お得な「ふるさと納税」は12月中旬まで駆け込み可
  • ああ、またやっちまった! 「号泣会見」野々村元議員が初公判をドタキャン欠席
  • ユニクロ柳井氏が「難民支援」を言明 国内外で100人雇用のほか、3年で12億円の資金援助も
  • あわせて読みたい

    「流行語大賞」の記事一覧へ

    トピックス

    ランキング

    1. 1

      "楽天市場が大失速"の理由は単純

      永江一石

    2. 2

      猫ひろしと争い炎上した韓国選手

      新田哲史

    3. 3

      高畑裕太事件を黒柳徹子が予見?

      キャリコネニュース

    4. 4

      日本は本当に「貧困」なのか

      広瀬隆雄

    5. 5

      ソフバンのARM買収が危険な理由

      WEDGE Infinity

    6. 6

      中国人の民度は4000年前と同じ

      一般社団法人日本戦略研究フォーラム

    7. 7

      日本だからできた"首相登場"演出

      山本直人

    8. 8

      片山氏"JK批判"で感じた嫌な予感

      マガジン9

    9. 9

      「見えない貧困」捉える感性を

      小林よしのり

    10. 10

      "首相"をマリオにすることの意味

      新井克弥

    ランキング一覧

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。