記事

IOTによる知の集積の時代。ネット黎明期によく似ている DMM.make小笠原治さん1

1/2

「IoT(Internet of Things)は、環境変化、体内変化、行動、動作などの自然に起こっている物事を、クラウドに集約して集合知として応用可能な状態にする。そしてそれを現実世界にフィードバックするというものです。家電をネットに繋ぐだけ、みたいなのは禁句ね(笑)」

ogasawara1

 DMM.make AKIBAをプロデュースし、株式会社nomadやABBALab(アバラボ)を立ち上げて、ソフトウェアだけでなくハードウェアを作るスタートアップの支援をしている小笠原治さん。

 小笠原さんは、「現在のネットの世界は、20年前のインターネット黎明期ととても良く似ている」と指摘する。3Dプリンターの登場により、大量消費を前提とした大量生産でなくとも、必要な量のハードを低コストで生産できるようになった。そのため、ハードウェアを作れることがネット産業においても重要になってきたからだ。IoTブームの最前線で活躍する小笠原さんに、IoTの真価はどこにあるのか、またIoTに注目するようになった理由を伺った。

 前編では、どのようなキャリアを通してIoTに注目するようになったのか、またIoTの真価はどこにあるのかを聞いた。

働き始めて気づいた「勉強」の大切さ。前を走る人がいないところを走るために必要なもの

――小笠原さんはこれまでどのようなキャリアを積んでいらしたんですか?

 僕は高卒なんで、大学いってないんです。高校もスポーツの推薦なので、勉強したこと自体あまりなかったんです。興味あることしかやらなかったし。数学は好きだったけど、英語とか全く興味なくって、就職も親戚の設計事務所に転がり込んだので、就活とかもしたことないんです。

 日本の大学教育の流れに乗れなかったので、考える幅を広く取れた気はします。好き勝手やれたんですね。でも仕事をし始めてから、勉強しないとダメだったんだということに気づいて、23歳くらいから、自分で勉強するようになりました。

ogasawara2

――どうして勉強しようと思ったんですか?

 建築やっているときは現場で教えてもらえばよかった。OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)で良かったんです。師匠と弟子の関係で、学校教育とは違って、仕事をしながら師匠に教えてもらうわけです。

 22歳のとき、商業インターネットが広まる前に、仕事でタイから日本にCADデータを送らなくてはいけなかったんです。そのときインターネットに初めて触れたんですけど、どう使えばいいか分からない。今みたいに、ネットでネットの使い方を調べることができないわけですよ。自分で勉強するしかなかったわけですよね。

――師匠がいなかったわけですね。

 そうなんです。「勉強」することの良さは、前を走る人がいないところを走れるようになることなんですね。多くの人がまだやっていないことを知るためには、テキストを読めばいいってわけではないですよね。誰が何を知っているのかを調べたり、師匠ではない人に質問したりして、人から教わる。その質問をするためにいろんなことを自分で調べたりする。それが楽しいんだ、ということを知ったんです。

 僕は大学行っていないので、なんとなく大学に行ったらそういうことが学べるんじゃないかなという気がして、いつかお爺ちゃんになったら大学行きたいとは思っているんですよね。僕の周り東大の人が多くて、ABBALabを一緒にやってる泰蔵さん(孫泰蔵さん、Mistletoe株式会社 代表取締役)もそうだし、よく話す堀江さん(堀江貴文さん:東大理系学生は、起業すべきである 堀江貴文さん講演ツアー)もそうだし。

 やっぱり有名大学から優秀な人が出てくるのかなって勝手に思い込んでたところがあったんですね。数年前までは、そういう意味ですごくコンプレックスがありました。有名大学の人たちは、10代のときにそういうところに入れるだけの努力ができたり、試験で結果を出せたりする能力がある人たちなんだなというコンプレックスがありましたね。

ogasawara3

――なぜ今はそういったコンプレックスを感じなくなったんですか?

あわせて読みたい

「IoT(モノのインターネット)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  4. 4

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  5. 5

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  6. 6

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  7. 7

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。