記事

いいね!欲しさに写真だけFBにアップしても自分の資産にならない~なぜFBではなくブログなのか

フェイスブックで「いいね!」がいっぱいついたら誰だってうれしい。「いいね!」がいっぱいつきやすいのは写真だけをアップすること。ぱっと見てわかる。いいねしやすい。だから写真だけの投稿って多くのいいねがつきやすい。

でもそれは残念ながらあなたの「資産」にはならない。単に暇つぶしに見られただけで終わってしまう。

どういうことか。具体例を上げよう。私が先日撮影した山口の工場夜景写真。工場夜景写真を7枚載せたブログのリンクをフェイスブックに投稿したが、いいねは83人。ところが!その中から1枚だけ写真を抜き出しフェイスブックで写真だけ投稿するといいねは107人。

そう。いいねが欲しいならブログのリンクはるより写真だけ投稿した方がいい。じゃあブログにアップするのをやめて写真だけフェイスブックに投稿すれば確実にいいねは増えてもそれはその場限りで終わってしまう。検索されることもないだろうしその時、タイムラインに表示された友達やフォロワーが見れるだけで時が過ぎれば二度と見てもらえない。

でもブログならどうか?検索して引っかかる可能性がある。検索に引っかかれば1年前だろうが2年前だろうが見てくれる可能性がある。フェイスブックをやっている人以外にも写真を見せられる。誰かから聞かれた時にブログの記事のURLを知らせればすぐに紹介できる。

このようにフェイスブックにブログのリンクをはっていいねがあんまりつかなかったとしてもブログは資産になる。ブログの記事がきっかけで自分のことを知ってもらえる可能性もありもしかしたらそれがきっかけで仕事につながったりするかもしれない。

実際にフェイスブックではなくブログに写真をあげているおかげで未だにアクセスがすさまじい記事がある。鬼怒川秘宝殿の写真記事だ。

写真をアップしたのは2014年9月。今から1年以上前だ。ところが毎月のようにこの記事、検索から見てくれる人がいて2015年11月の今でもこの記事だけでアクセス数がなんと7000もある。

もし私が「いいね!」がいっぱいつくからといってブログではなくフェイスブックにだけ写真をアップしたらどうだろう?その時は「いいね」がいっぱいついても1年たった今でもこんなに多くの人に見てもらえることはなかっただろう。

いわばフェイスブックの「いいね」は短期的利益を得るために長期的利益をみすみす捨ててしまっているようなものなのだ。

こんなもったいないことはない。別の写真に限った話ではない。文章の投稿でもそう。ブログにリンクをとばす投稿よりフェイスブックに全文載せた方がいいねはつくかもしれない。でもそれは目先のいいねはついても長くいろんな人に見てもらえる資産にはならないのだ。

だからフェイスブックではなくブログで情報発信をする。そのリンクをはるのがフェイスブックの役割。そこを間違ってしまうとせっかくいいこと発信しても自分の資産にならなくなってしまうだろう。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  7. 7

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。