記事

マイナンバー通知の簡易書留が来た

 話題になっているマイナンバー(個人番号)を通知する簡易書留が届いた。中身を見ると12桁の個人番号を知らせる「通知カード」と「個人番号カード交付申請書」が1枚の紙になっている。「申請書」の方には写真の貼り付けが必要なようだ。

 国民全員を統一した番号で管理して、納税の公平化や社会保障の正確化などに役立てるという発想は、以前からあった。脱税の防止などには威力を発揮するだろうから、公平社会実現のためには、いつかは必要になる制度だというのは理解できる。しかし情報管理がどう使われるかが問題で、個人情報のすべてを国が管理することで、個人の自由が制約を受ける心配もある。つまり、国民のためになると信頼することのできる政府ならいいが、そうでない場合は国民を抑圧する道具にもなるということだ。

 この制度が、何度も立ち消えになった末に、安倍政権の時代に具体化してきたというところに、最初の不安がある。出来てしまった制度は、政権が交代しても変えることが難しい。悪用されない制度であることが大事な条件なのだが、この政権で大丈夫だろうか。マイナンバー通知受け取り拒否の運動まで起きるというのは、安倍政権に対する国民の不信感の度合いを示している。

 わが家の場合だと、会社の会計上、マイナンバー自体は必要だということだ。だから通知カードの部分はそのまま保存しておくことにした。もし受け取り拒否をしても、役所ではすでに番号を割り振っているわけだから、それで番号が消えるわけではなく、本人が知らないだけということになるからだ。しかし、マイナンバーカードの交付申請は、当分は出さないで保留することにした。無くては困るというものではなさそうだ。

 政権が交代して善政が期待できるようになったら、そのときにまた考えよう。

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  2. 2

    米朝開戦の「Xデイ」は間近に?

    田原総一朗

  3. 3

    "大臣激怒"の記者が語る自主避難

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    元乃木坂の橋本奈々未が男と密会

    文春オンライン

  5. 5

    「結婚して仕事辞めたい」が話題

    キャリコネニュース

  6. 6

    民主党終わらせた菅元首相の一言

    中妻穣太

  7. 7

    野党は壊滅 日本と酷似する英国

    小林恭子

  8. 8

    DeNA採用担当 就活生とホテルへ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は北朝鮮危機への"解がない"

    三浦瑠麗

  10. 10

    相次ぐ反乱で民進党はどうなる?

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。