記事

関原健夫「5年生存率20%、転移5回からのがん完治」

山口雅之=構成 永井 浩=撮影

たとえば闘病記を読んで心構えを

最初のがん告知は1984年、日本興業銀行ニューヨーク支店の営業課長を務めていた39歳のときでした。胃腸の調子がずっとすぐれず気になっていたとき、たまたま手にした週刊誌に大腸がんの記事があり、そこに書かれていた症状がどうも自分の症状と似ているのです。それで、よもやと思って検査を受けたところ、S状結腸に腫瘍が見つかりました。


関原健夫氏

けれども、そのときはまだがんに対する知識があまりなかったこともあって、よくいわれるように頭が真っ白になるようなこともなく、会社にどうやって報告しようとか、手術はアメリカと日本のどちらでやろうとか、そういうことばかり考えていました。

本当に衝撃を受けたのはニューヨークで手術を受けた後、病理検査の結果をドクターから知らされたときです。私のがんは多くのリンパ節転移があり、5年生存率が20%ということでした。それまでは考えもしなかった「死」を、いきなりわがこととして目の前に突きつけられたのです。

転移や再発がどうやって起こるのか。治療はどうするのか。仕事は続けられるのか。一刻も早く日本に帰ったほうがいいのか……。私はすっかり頭が混乱し、何をどうしたらいいかわからなくなりました。

そんな私にがん患者としての心構えを教えてくれたのが、古くからの友人で、やはりがんを患っていたニューヨーク在住のジャーナリスト、千葉敦子さんです。

「あなたはあと5年生きられない。それを自覚して今後の人生を考えなさい」。彼女から届いた手紙を読んで、自分の置かれた状況の厳しさをあらためて自覚するとともに、とにかくいまの自分にできることを精一杯やろうと心に決めました。

最初の手術から2年後、肝臓に転移が見つかります。当時は肝転移の手術はきわめて難しいと言われていたため、これで万事休すかと暗澹たる気持ちになりましたが、ほかに手はないので肝臓の50%を切除するという手術に踏み切りました。

そして、その2年後に2回目の肝転移と手術。このころはだいぶ手術慣れしてきていて、それほど動揺もしませんでしたが、そのすぐ2カ月後に、がんが左の肺に転移しているのがわかったときは、「またか」とさすがに気持ちが切れそうになりました。

でも、よく考えてみたら、医者が手術を勧めるのは、生きられる可能性があるからでしょう。それに手術をしなければ、どの道がんが大きくなり、苦しんで死ぬだけです。そう自分に言い聞かせ、半ば開き直って手術を受けました。

その2年後、がんはもう一度左の肺、それから半年後右の肺にも転移します。そして、それらをすべて手術で取り去ったのが90年。以後、転移は起こっていません。完治したのです。

日本人の場合、男性は2人に1人、女性は3人に1人ががんに罹ります。言葉を換えればがんにかかる確率は、誰にとっても決して低くはないのです。それなのに、ほとんどの人は、まさか自分ががんになるはずがないと思っている。この私もそうでした。だから、がんを宣告された途端に正気を失い、冷静な判断ができなくなってしまうのです。

いざというときパニックに陥らないためには、自分が将来がんになったらどうするか、日ごろから折をみて考えておくといいでしょう。たとえば身近にがんで亡くなられた方がいたら、自分が同じ立場になったらどうするか想像してみる、あるいは家族と話し合ってみるのです。いまはがん患者の闘病記がたくさん本になっているので、そういうものを読んでおくのもいいかもしれません。

医者の説明で不明な点や納得できないことがあれば、質問し納得して治療に臨むことも大切です。質問は患者の権利、遠慮することはありません。また、私が理事を務めている日本対がん協会にもコールセンターがあるので、電話をしていただければ、専門のスタッフがいつでも相談に乗ります。

恵まれた日本の治療環境

それから、手術を受けるなら「できるだけ腕のいい先生にお願いしたい」という気持ちはわかりますが、厚生労働省が指定している全国約400のがん診療連携拠点病院であれば、治療のレベルに大差はありません。ですから、胃腸や乳腺など身近ながんなら、病院や医者選びにさほど神経質にならなくても大丈夫です。

セカンドオピニオンについても同様で、標準治療が定着しているため、同じ検査結果をみて専門医が異なる診断や治療をすることはまずありませんが、がん医療の進歩で抗がん剤や放射線治療での選択肢も広がっていますから、納得して希望をもってがんに立ち向かうために役立つこともあるでしょう。ただし、がんと診断されたら、その診断を下した、しかるべき病院の主治医の指示に従うのがいちばんいいと私は思います。

がんで死なないために、ぜひ心がけていただきたいことが2つあります。タバコを吸わないことと、定期健診を受けることです。がんというのは火事と一緒で、いったん燃え広がってしまうと手がつけられなくなりますが、火が小さいうちならいくらでも対処のしようがあるからです。

もしがんになってしまったとしても、絶対に希望を捨てないでください。日本の医療レベルは非常に高く、しかも国民皆保険のおかげで、誰もがそれを安い金額で利用できます。私がアメリカで手術したときは、費用が400万円近くかかりましたが、日本なら80万円程度ですんだはずです。しかも当時と比べてがん治療の技術は格段に進歩しています。そんな恵まれた環境にいるのですから、がんだと聞いても絶望することはありません。

しかしながら、日本人の3人に1人ががんで亡くなっているのもまた事実です。ですから、がんに立ち向かう一方で、残りの人生をいかに充実させるかを考えることも同じくらい重要になってきます。どうせ人間はいつか死ぬのです。がんになったことでそのことを自覚し、先送りをやめてやりたいことを端から力いっぱいやるようにすれば、結果的にがんのおかげで充実した人生を送れたということになるじゃありませんか。

また、安静にしていなければならない病気ではないので、仕事だってバリバリやってかまわないのです。ただ、日本ではがん患者に対する理解がまだ不十分なところがあり、会社によってはがんだというだけで第一線から外されたり、閑職に異動させられたりするようなケースもまま見受けられます。がんになったけど以前と変わらぬよう働きたいし、その能力も気力もあるなら、その旨を主治医から上司に説明してもらうのもひとつの手です。

それから、普段から弱者への思いやりをもち、人のために役立つことを心がけることが大切です。そういう生き方をしていれば、病に伏しても多くの人が手を差し伸べてくれます。最後にものをいうのは元気なときの生き様なのです。

▼がんとよく生きるための3カ条
[1]現代医学を信頼する
[2]悔いなく生きる
[3]弱者をいたわる

楽天銀行取締役 関原健夫
1945年生まれ。京大法学部卒。69年、日本興業銀行に入行。みずほ信託銀行副社長を経て、現在は楽天銀行取締役ほか複数の会社で監査役を務める。日本対がん協会常務理事。中医協公益委員。

あわせて読みたい

「がん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  2. 2

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  3. 3

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  4. 4

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  5. 5

    牛乳石鹸のCMに感じる15の違和感

    松井博

  6. 6

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

  7. 7

    小池知事の経費400億円削減は嘘

    文春オンライン

  8. 8

    籠池氏の詐欺罪起訴は検察の汚点

    郷原信郎

  9. 9

    五輪音頭に星野源使わない最悪さ

    文春オンライン

  10. 10

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。