記事

海外狙うならやっぱりアメリカ、中国、インド、インドネシアが良さそうだけど、意外とあの国も良さそう

連休明けということで何となく世界各国のインターネット普及率を見てたのですが、そのうち「普及率100%いったらどのくらい市場が残ってるんだろう?」と思ってきまして。

例えば日本だったら普及率が90.6%もあり、残り9.4%しかないんです。日本は(名目)GDPの8%くらいが情報通信産業の割合っぽいので、47兆円くらい。ちょっと無茶な算出だけど、90.6%で47兆円だと残り9.4%は4.9兆円しか市場の余地が無い。というような感じでインターネット人口の多い国上位30ヵ国で同様な無茶な算出をしてみました。

人口の伸びや市場の伸び、そもそも各国の情報通信産業市場がGDPの8%もいってないだろ、とかいろいろあると思うのですが、そこはあえて突っ込まずにぼんやり見てくれたら幸いです。

世界各国のインターネット人口

無茶な算出数値ではありますが、中国、インド、インドネシア、アメリカあたりがやっぱり魅力だなぁと。あとブラジル、メキシコ、パキスタンも見逃せない。

あわせて読みたい

「海外進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

  10. 10

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。