記事

ジェイ・Zが運営する定額制音楽配信「Tidal」、投資担当者を失う。半年足らずで経営幹部3人が離脱…

日本でも本格スタートした定額制音楽配信の世界は、テクノロジー産業と同じほど人の動きも早いと言えます。

ヒップホップスターのジェイ・Zが運営する、高音質な定額制音楽ストリーミングサービスの「Tidal」がまたしても重役を失ったことが明らかになりました。

Tidalのチーフ・インベストメント・オフィサーVania Schlogelが同社を去ったとニューヨーク・タイムズがレポートしています。Schlogelは2015年3月にTidal(の運営会社Aspiroをジェイ・Zが買収)が本格スタートした時点では、発表イベントのMCを務めたり、音楽業界向けのイベントに登壇したり、投資家たちのカウンターパートを務めてきた人物でした。

Schlogelはニューヨーク・タイムズに対して「今後、音楽業界外の冒険に進めることにワクワクしているが、Tidalの成功を祈ると同時に、これまでTidalが引き起こしてきた対話を誇りに思っています。対話を提唱し業界への切実な思いを誇示したアーティスト一人ひとりには最高のリスペクトしかありません」と語っています。

「アーティスト中心の定額制音楽配信」と称するTidalは、ビヨンセやリアーナ、カニエ・ウェスト、ダフト・パンクなど12組以上の有名アーティストを共同オーナーとしてスタートしました。しかし、アーティストの影響力や発言力によるマーケティング活動の影で、4月にはAspiroのCEO、Andy Chenが、6月には彼の後任者のPeter Tonstadが同社を離れています。

世界中で利用が広がる定額制音楽配信の領域では、TidalをはじめSpotifyやApple Music、Google Play Music、Deezer、Rdioなど数多くのサービスが、ユーザー獲得を目指し競争を繰り広げています。

低迷するCDとダウンロードの売上から脱却するため、音楽ビジネスの世界は、定額制音楽配信を次の新たなチャンスとして注力しています。

ソース
Jay Z’s Tidal Loses Another Executive(NYTimes.com)

あわせて読みたい

「音楽配信」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

  10. 10

    稲田氏守るべく地元は結束ムード

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。