記事

慰安婦問題に進展あり? 日韓首脳会談で朴槿恵大統領が「ご機嫌」の理由

11月1日、3年半ぶりに日中韓首脳会談が行われた。さらに翌2日、安倍晋三首相は韓国の朴槿恵大統領と初の会談を行った。実に2012年5月以来、3年6カ月ぶりの日韓首脳会談が実現したのだ。その背後には、アメリカのオバマ大統領の強い要請があったと言われている。

朴大統領は長く安倍首相との会談をしぶっていた。それが、一転して会談を承諾した理由は、なんといっても韓国の経済事情だろう。

韓国は、FTA(自由貿易協定)を中国と結んでいる。だが、韓国の本音は、それよりもTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に加わりたいというところだろう。なんといっても、TPPは世界のGDPの約4割を占める巨大経済圏なのだ。低迷する韓国経済にすれば、魅力的であることは間違いない。

今回の安倍首相との会談で、朴大統領の機嫌がかなりよかった、ということが話題になっている。もっと言えば、朴大統領の機嫌がよすぎて、周囲の人たちがみな首をかしげたと言う。なぜ、朴大統領の機嫌がそんなによかったのか。

ひとつ目は、韓国の経済事情だろう。日本から韓国への投資は、減り続けている。韓国を訪れる日本人観光客も、減少する一方だ。当然ながら朴大統領としては、日本にもっと出資してほしいし、かつてのようにもっと日本人に韓国を訪れてほしいのだ。そのためにも、日韓の関係改善が急務なのだ。

朴大統領の機嫌のよさの背景には、もちろんこうした経済的背景はある。だが僕は、さらに別の理由があったのではないかと考えているのだ。それは、日韓両国の間に横たわる重大な問題、従軍慰安婦問題だ。

韓国政府は、日本政府に対して、謝罪と賠償を一貫して求めている。一方、日本政府は、1965年の日韓請求権協定によって、解決済みという立場をとる。ちなみにこの協定は、1965年の国交正常化の際に結んだものだ。当時の韓国大統領は朴槿恵大統領の父、朴正煕氏、日本側は佐藤栄作首相だった。

さらに1995年には、日本は「アジア女性基金」を設立した。そして、日本国民の募金による「償い金」を、歴代の首相のおわびの手紙とともに、元従軍慰安婦に届けてもいる。しかし、アジア女性基金は、あくまでも「民間」だ。だから、韓国の一部のラディカルな勢力は、「償い金」の受け取りに反対した。

日本と韓国の間には、こうした歴史的な流れがあるから、今また韓国は、「日本『政府』が償うべき」という厳しい姿勢をとっているのだ。

新聞各紙は、今回の会談において、この「慰安婦問題」について、「平行線」「調整難航」と書いている。しかし、僕が関係者から聞いた話では、安倍首相が何らかの答えを出したのではないかということだった。もっとはっきり言おう。「賠償」に加え、「謝罪」の約束もしたのではないかということだ。

安倍首相本人ではなく、首相特使として相応の人物、例えば首相経験者などが、韓国に渡って謝罪する――。そんな筋書きが進められるのかもしれない。一方、安倍首相の周りには「抵抗勢力」も多い。

日韓の新しい関係が築けるか、日韓の新しい時代がくるかどうか、すべて、安倍首相の胆力にかかっているのではないか、と僕は思うのだ。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  2. 2

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  4. 4

    新卒一括採用への批判は的外れ

    キャリコネニュース

  5. 5

    ビッグダディ AV出演の経緯語る

    NEWSポストセブン

  6. 6

    権力と寝る女?小池氏の素顔とは

    文春オンライン

  7. 7

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  8. 8

    VALUは投資ではなくギャンブル

    ニャート

  9. 9

    ウザい?正恩氏 陰口言われる理由

    高英起

  10. 10

    豊田氏予備軍が社会には大勢いる

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。