記事

パリ同時テロで際立ったソーシャルメディアの役割拡大

パリで13日に起きた同時テロ事件を受け、ソーシャルメディアのフェイスブックとツイッターは、同事件に関する情報を前例のないスピードで世界中の人々が追跡し、深く議論できるようにする新機能を提供した。

 フェイスブックは「セーフティ・チェック(安否確認)」機能を使えるようにし、攻撃を受けた地域のユーザーがプロフィール上に自らの安否情報を投稿できるようにした。暴力的な攻撃で同機能が使えるようにしたのは今回が初めて。またツイッターのニュース・キュレーション機能「モーメント」には、報道機関や目撃者から投稿されたツイートた画像、動画が集められ、事件直後の様子が伝えられた。

 アルファベット傘下のグーグルは、モバイル通話アプリ「ハングアウト」を通じたフランスへの国際通話をこの週末にかけて無料にし、友人や親類の安否確認ができるようにした。無料通話はアンドロイド搭載機およびアイフォーン向けのハングアウトアプリで行える。

 ツイッター上では、パリ市民たちが「#PorteOuverte(フランス語で『オープンドア』の意)」というハッシュタグを使い、身動きが取れなくなった観光客に避難場所の提供を申し出した。ツイッターが保有するライブ動画アプリ「ペリスコープ」には、事件現場のひとつであるバタクラン劇場の周辺を映した動画が投稿された。このほか、現場近くで事件への反応を映したユーザーの動画も投稿された。こういった動画の多くでは、背景でパトカーのサイレンが鳴り響いていた。

 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は自らのフェイスブックページで、「わたしの心は全てのパリ市民とともにある」とコメント。「このような暴力は世界中どの国、どの街にも一切要らない。セーフティ・チェックをスタートさせたので、パリにいるなら自分の安否情報を投稿し、友人や家族の安否を確認するのに使って欲しい」と述べた。

 フェイスブックの安否確認機能は2014年10月の導入以降、これまでに5回使われている。この機能を作動させるのは同社の「ソーシャル・グッド」チーム。同チームは危機に直面する人々を助ける機能をフェイスブック内に構築する任務を負う。ザッカーバーグCEOによると、同社は11年の東日本大震災をきっかけに同機能を開発した。

 フェイスブックは、災害などの現場にいることが分かったユーザーに対し、安否を尋ねるメッセージを送る。ユーザーはこのツールを使い、自分が安全であることをプロフィールに表示できる。ユーザーはまた、地域にいる他人の安否情報を投稿することもできる。こうした情報は、ユーザーのフェイスブックのネットワーク内でしか見ることができない。

 フェイスブックが初めてこのツールを作動させたのは、4月25日にネパールの首都カトマンズ西部で大地震が発生したときだった。ザッカーバーグCEOによると、現場の700万人以上の安否情報が、その人たちとつながっている1億5000万人以上に通知されたと述べている。

 フェイスブックは9月にチリで大地震が発生したときにも同機能を作動した。また10月には、ハリケーン「パトリシア」がメキシコに襲来したときと、アフガニスタンとパキスタンで地震が発生したときにセーフティ・チェックを使えるようにした。

By DEEPA SEETHARAMAN

あわせて読みたい

「パリ同時多発テロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  2. 2

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  3. 3

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  4. 4

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  6. 6

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  7. 7

    希望解党で長島昭久氏の去就は

    早川忠孝

  8. 8

    安倍TPP強行採決のツケが現実味

    大串博志

  9. 9

    自民議員 ツイート批判受け謝罪

    長尾敬

  10. 10

    麻原三女 西田教授の回答を公開

    松本麗華

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。