記事

次世代ロータリー搭載 マツダ「RX-VISION」への4つの疑問


[写真]「低く、幅広く、伸びやかに」という古典的スポーツカーデザインの文法に則ったマツダのRX-VISION。ロータリー復活のための重要な役目を担うコンセプトモデル

 すでに多くの方が耳にされている通り、30日から始まった第44回東京モーターショーで、マツダは次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載したコンセプトスポーツカー「Mazda RX-VISION(マツダ・アールエックス・ビジョン)」を公開した。

 写真を見てわかる通り、RX-VISIONは古典的なロングノーズ・ショートデッキのFRらしいプロポーションを持っている。確かにプロポーションは素晴らしい。これほどまでに均整が取れた大人のクーペデザインは日本車の歴史の中でも屈指だろう。

 しかし、このクルマを見て筆者は4つの疑問を抱いた。心をよぎった順に挙げてみる。

(1)本当に売るのか?
(2)RX-7後継なのか、RX-8後継なのか?
(3)なぜコンパクトなエンジンを使うのにロングノーズなのか?
(4)どうやって排ガス規制をパスするのか?

 今回はこれらの疑問について検証してみたい。説明の都合があるので、答えの順番は前後する。まず最初にそのロングノーズの理由からだ。

「最高に美しい形」を作るチャンス


[写真]オーバーハングこそ長くないが、フロントホイールからAピラーまでの長さは近年あまり見ないほどに長い。フロントフェンダーとリアフェンダーを筋肉質なアーチでつなぐ接地感の可視化と、極端に上下に押し潰された小さく軽やかなキャビンが特徴的

 ご存知の通りロータリーエンジンはコンパクトさが大きな特徴であり、長いフロントノーズは必要としない。爪に火を灯すようにサイズと重量を徹底的に削ったロジカルなNDロードスターの設計と比較するとここは疑問である。

 必要もないのにノーズを伸ばせば、車両の重心から離れた位置で重量が増加するので、運動性能にとってマイナスである。しかしNDロードスターの例を見ても、マツダがそれを知らないでやるはずもない。ではマツダは一体何故こういうデザインをしたのか?

 ターンテーブル上で照明を艶やかに反射しつつ面の変化を見せるRX-VISIONを眺めながら、その率直な疑問を執行役員の藤原清志常務にぶつけてみると、極めてあっさりとした答えが帰ってきた「そりゃ前田が好きだからですよ」。「前田」とは同じく執行役員であり、デザイン本部長を務める前田育男氏のことである。

 藤原氏の説明を補足するとこういうことである。マツダは、今回まず究極のFRデザインを作りたいと熱望した。「かっこいい」とは何か。まずはそこに向けて今の「魂動」デザインで培ったノウハウを振り絞ってみたという事だろう。もちろんインダストリアルデザインであるからには、内包するメカニズムや、使い勝手という現実も必要だ。


[写真]RX-VISIONの内装。RX-8のような「フル4シータースポーツ」を標榜するモデルではなさそうだ

 ネタバレになるが、このRX-VISIONは、直近に生産する予定がない。それだけにマツダとしては制限が少なく創造力を無制限に発揮できるチャンスでもあるわけだ。だからとりあえず「エンジンに合わせてノーズを短くしよう」という制限を外した。とにかく古今東西のFRスポーツカーの中で、最高に美しい形を魂動デザインの延長線上に表現してみること自体が目的だったわけだ。だから前田氏は彼の信じる美しさを形にした。

 それがロングノーズの理由である。ただし、ロータリー搭載ということがデザイン上に何も現れていないかというとそうでもない。例えばこの極端に低いボンネットは、このデザインに見合う出力のレシプロエンジンを納めることが難しいだろう。RX-VISIONはそのノーズの薄さでロータリー搭載車であることを訴求しているのだ。

RX-7の後継なのか、RX-8の後継なのか?


[写真]どこまでも薄く低くされたノーズはボンネットの下にコンパクトなロータリーが収まっていることをアピールする

 さて、それではRX-VISIONは果たしてRX-7の後継なのか、RX-8の後継なのか? 疑問の根底にあるのは、RX-VISIONの伸びやかな形だ。歴代のRX-7はそれぞれの時代背景の中で、世界的にもレアなピュアスポーツカーであった。そう考えると、RX-VISIONの形はピュアスポーツらしい凝縮感とは少し違う。スポーツカーらしいタイヤの踏ん張りや安定感はあるものの、むしろ伸びやかでエレガントである。どちらかと言うと、ヒラリヒラリと身をかわす俊敏性を形にした造形ではなく、豪快な加速や高速走行をイメージさせる。

 コンパクトを目指さないその造形に「フル4シータースポーツ」を標榜したRX-8が脳裏をかすめるのである。しかし、実車を見てみると後席の頭上空間はミニマムであり、これではフル4シーターにはならない。

 前述の藤原常務も「RX-7というのは2人か4人乗り(つまり2+2座)のGT的なクルマですからね」とニヤリと笑う。筆者はRX-7をピュアスポーツと認識していたため、GT的という言葉に少々驚いた。それはおくとして、藤原常務は、はっきりとどちらだと断言したわけではないが、少なくともその言葉の先にあるものがRX-8ではないことは確信した。

 言われてみると、ロードスターという、より先鋭的なライトウェイトスポーツがある今、RX-7がただそれの拡大コピー的位置付けというわけには行かない。むしろより高い動力性能を背景としたGTになることは自然なことだ。つまりマツダにとって、RX-7とロードスターは単純な兄弟関係ではなく、方向性の違う二つのピークになるというわけだ。

 俊敏性を求めるならベストバランスはロードスターであり、それに動力性能を上積みすれば違うクルマになる。ロードスターにはおそらく間もなく2リッターエンジンが追加されるだろうが、マツダの人たちははっきり言う「ベストバランスは1.5です」。

 実は、世界で一番ロードスターが売れている北米からは「1.5リッターは要らない」という声があったという。それに対してマツダは「それなら北米にはロードスターを出さない」という強烈な回答をしたという。すごい事を言うものだ。しかし、スポーツカーに求めるものは十人十色だ。違うバランスを求める声があるから2リッターも用意するが、マツダ自身が俊敏性を求めるスポーツカーの理想とするものは変わらない。1.5リッターをラインナップすることを条件に2リッターモデルを用意した。マツダにとって、エンジンとシャシーのバランスはそれほどまでに大事なことなのだ。

 当然ロータリーという別の、しかもはるかに高出力なパワーユニットを搭載すれば、クルマとして成立させるバランスが違う。次世代RX-7はロードスターと異なるピークを目指すものになるという事だ。

排ガス規制をクリアできるのか?


[写真]斜め後ろからみるとフェンダーのボリュームが力強さと安定感を作り出していることがよくわかる。一方で細いフロントピラーと対照的な太いリアピラーが全体の重心イメージをリヤタイヤにしっかりかけFRらしさを訴求する

 ロータリーエンジンが現在中断している理由は二つある。一つは排気ガス、もう一つは燃費だ。ロータリーは元々NOxについては有利であり、昭和51、53年排ガス規制時には環境面でも注目された。しかしながらHCとCOがどうしても多い。それはロータリエンジンの燃焼室形状そのものがもたらす宿命的な課題だ(関連記事(http://thepage.jp/detail/20150528-00000005-wordleaf?page=1))。

 現在の状況で考える限り、燃費の問題はユーザーが納得してくれれば済む問題だとも言える。出力あたり燃費を改善してもいい。しかし排ガスは法の定める制約条件であり、クリアしなければ販売することができない。この問題をどう解決する目処が立ったのかを聞いてみても、まだはっきりした答えはなかった。

 藤原常務は「そこはまだこれからです」と言う。別のマツダの人はその質問に対して、どう答えたものかと言うように天井を見上げながら「ウチの人見(マツダのミスターエンジン、執行役員の人見光夫常務)が言うには、これまでのロータリーエンジンは清原に守備の特訓をさせるような開発になっていた。ロータリーが得意とするところを伸ばせば、答えは必ずあると言うんですよ」と言う。

「ロータリーの命運」を世に問う


[写真]先代RX-7のリヤコンビネーションランプをイメージするテールの造形。リヤバンパーの下部を解放することで後方へ向けたエネルギーの解放感を出しながらリヤデザインを軽やかにしている

 マツダは「ロータリーで儲かったことはない」と苦笑いしながらも開発を止める気はない。それは信義の問題だからというのだ。マツダがロータリーをやめたらこの世界からロータリーが消える。それではこれまでロータリーの夢を信じて買っていただいたお客様に申し訳が立たない。

 ちまたには2017年はロータリー生誕50周年だから、そこで新型RX-7が出るに違いないとする声がある。しかし現状からみて、2017年に市販まで漕ぎつけるのは事実上無理だ。では、市販はないのか?

 実はそれを決めるのはわれわれだ。今回取材したマツダの全ての人がはっきりそう言っている。前述の様に、マツダは信義に基づいてロータリーを続けるつもりだし、RX-7を作りたい。しかし企業経営は趣味ではない。株主を初めとする多くのステークスホルダーの同意がなければ、プロジェクトはスタートできない。ステークスホルダーがやるやらないを判断するのは市場の声の大きさだ。

 だからマツダは、まず何よりも誰もが欲しくなる様な最高のプロポーションを持つコンセプトカーを作ろうとベストを尽くしたわけである。2007年の東京ショーにはロータリー発売以来初の基礎設計からやり直した新型のロングストローク・ロータリー「16X」を出品した。冷徹に見れば、RX-VISIONはまだ行方のわからないプロジェクトだ。夢に過ぎないかもしれない。しかしその夢はただモーターショーというお祭りに飾って、その後のロードマップが何もない絵空事のショーカーとははっきり違う。マツダは、現在できる全てのことをやって市場の強い要望を待っている。誰よりもRX-7を発売したいのはマツダ自身である。

(池田直渡・モータージャーナル)

あわせて読みたい

「マツダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  5. 5

    真逆に報じられた仏大統領発言

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏「解散の意義わからない」

    石破茂

  9. 9

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    北外相 太平洋での水爆実験示唆

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。