記事

民主党が共産党との連合政権を否定したのは賢明だ

民主党が共産党との連合政権を正式に否定したようで、
大変めでたいことです。
政権を奪われたら苦難の道のりがあるのは当然のことで、
自民党だって民主党に負けたときは、党名を変えようかとまで
話し合ってたことがある。
保守とは何かと、アイデンティティー確認の議論まで
党内でやっていて、その時はわしは石破茂や安倍晋三と
対談して、『希望の国・日本』という保守再生のための本を
作ったりしたものだ。

その頃、民主党はイケイケだったわけで、増長してるなあ
と思っていたのだ。
それでも政権交代したのだから、民主党の中に保守の可能性を
模索して、民主党議員とも対談していた。

小選挙区制になり、政権交代可能性のある二大政党が拮抗する
状況を作らなければ仕方がないわけで、それが自民党と
共産党ということになれば、恐ろしくて国外移住も考えなければ
ならなくなる。
民主党が共産党と共闘すれば、必ず民主党がその存在理由を
失って行って、消滅することになる。
組織力からしても、圧倒的に共産党が強い。
二大政党制が、自民党と共産党になった時点で日本は終わる。

小選挙区制は全権委任法に似ているから、今の自民党のような
強引さで、人間の業を否定する共産主義に向かっていかれたら、
もうわしの生存の可能性はなくなる。
安倍政権だって、小林よしのりを呼ぶ勉強会は潰しても、
まさか小林よしのりの言論を弾圧するところまではしない。
だが共産党が政権を握ったら、何が起こるか、全く予想が不可能で、
あの「個」が一切ない「完全同調組織」が、どんな手を使って、
わしを封殺してくるか、わかったものではない。

共産主義に向かうくらいなら、新自由主義の方がマシだ。
共産主義は実現しない。
ただ、共産主義に向かう過程で、膨大な犠牲者を出し、
日本の「高信頼社会」が崩壊していくだけだ。
そのあとで、また立て直そうと言っても無理。
歴史の遺産としての「国柄」や「不文律」は人工的には
再建できないのである。

民主党は焦るな。
党内でもっと議論をするべきなのだ。

あわせて読みたい

「国民連合政府」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  2. 2

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  4. 4

    自民党「圧勝」は死票による虚像

    猪野 亨

  5. 5

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  6. 6

    舛添氏 自民勝利で小池氏に皮肉

    舛添要一

  7. 7

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  8. 8

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  9. 9

    公明苦戦 山口代表の替え歌原因?

    三浦博史

  10. 10

    選挙結果を若者のせいにするな

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。