記事

「田舎だから無理」のいいわけはもう止める──課題の宝庫・海士町を日本の最先端にするには?

1/2
20151016_Ama -cho_001.jpg

地方創生の理想モデルとして注目を集める島根県海士町。日本海の島根半島沖合約60kmに浮かぶ、人口わずか2374人(2013年現在)の小さな島です。海士町には日本各地から人が集まり、地域活性化に取り組んでいます。

2015年11月6日に東京、20日に大阪で開かれる「cybozu.com カンファレンス 2015」の基調講演では、島根県隠岐郡海士町にある 隠岐國学習センター の豊田庄吾 センター長が登壇。これに先立ち、サイボウズの椋田が海士町を訪ねました。

豊田さんはなぜ海士町に移住し、海士町の教育を立て直したのか。地域が生き残るために何ができるのか──。

何の不満もない暮らしを捨てた理由

asami mukuta

豊田さんは、海士町ご出身ではないんですよね?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

はい。僕はここに来てから今秋で丸6年になります。


asami mukuta

それまでは、どちらに?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

生まれは福岡県の最南端にある大牟田です。その後、広島の大学に通って、就職してから海士町に来るまでは、東京、福岡、大阪で勤務していました。移住直前は東京にいましたが。


asami mukuta

海士町に来るまでも、教育の仕事をされていたのですか?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

教育というよりは、人材育成ですね。最初は新卒でリクルートに入社して、人事やWebのプランナーをしていました。30歳前くらいにウィル・シードという企業研修をしている会社に転職して、全国50ほどの自治体を回りながら、ビジネスゲームを通じて社会に必要な力を身につける場を提供する「出前授業」をしていました。


asami mukuta

忙しかったんですね。


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

はい。とてもやりがいがあったし、それなりにお金も稼げていたので、生活にも何の不満もありませんでしたね(笑)。


20151020_Ama -cho_05.jpg

asami mukuta

それなのに、どうして海士町に?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

最初は「海士町の高校で出前授業をやってくれ」というオファーをいただいて…。

島に来て授業をしたあと、夜の飲み会で「実は、今日授業をしてもらった高校は、少子化で5年後には潰れる。どうにかこの状況を脱したいので、協力してくれないか」と言われました。


asami mukuta

そこで一肌脱ごうと思われたのですか?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

いえいえ、初めはていねいにお断りしました(笑)。半年後くらいに、また連絡がきたんですね。「60人くらいと面接したけれど良い人がいないので、話を聞くだけでいいから、もう一度きてくれないか」と。2009年の春のことです。


asami mukuta

おぉ。


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

それでまた島にきて、いろんなプレゼンを聞いているうちに心を動かされて……。夜みんなでご飯を食べているときには「もう移住します」って言っちゃってました(苦笑)。


asami mukuta

すごい!


「田舎であることを言い訳にしない成功モデル」を作りたい

asami mukuta

そのとき豊田さんの心を動かしたものって、何だったんですか?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

このスライドですね。


toyodaslide1.jpg asami mukuta

これは?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

今までの経済が最上位に来るような社会では、海士町のような地域って、アメリカという大きな船に追いつこうと、最後尾からなんとか追いつこうと必死でがんばっている負け組だったと思うんです。

しかし、高度経済成長が終わって、だんだんとこの向きが逆になって、持続可能な社会を目指すようになってきました。都市に集中した大量生産や大量消費の時代が終わり、「環境に配慮する」とか「都市と農村の交流」といった具合に、いろいろな価値観が見直されてきています。

同じような文脈で、教育でも従来の詰め込み教育ではなく、「生きる力」が重要視されるようになってきた。こうした時代の流れを受けて、これからは海士町が持続可能な社会の“タグボート”になるんじゃないかというのを示しています。


asami mukuta

なるほど。海士町が時代の最先端になるということですね。


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

そうです。これを見て、純粋に「この青い船に自分も乗りたい」と思ったのが、移住を決めたきっかけでした。


toyodaslide2.jpg asami mukuta

なるほど。


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

前職から比べると、4割引きくらいの給料しかもらえないので、なんで移住したのか不思議がられるんですけど、結構そのときは直感でしたね。「自分が行かなきゃ!」みたいな。


asami mukuta

そういうものなんですね。


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

後になって移住の理由を整理して考えたのですが 、大きく2つあるのかなと思ってます。

1つは「島の人の危機感や覚悟に共感したから」。町長や島の人たちの、島の危機から脱出するんだという「本気」や「覚悟」に触れ、自分の経験や知識を生かして、島の人のためになりたいという思いが湧いてきたからですね。

もう1つは「田舎がいいわけをしないモデルを作りたかったから」です。田舎の人って、東京の人が企業と組んで何かしようとしても、“それは東京だからできるんだ”とか、“若者が出ていくんだから、どうしようもない”とか言って、すぐに悲観するんです。

でも海士町のような、過疎が進む地域のなかでも、一番条件が厳しいところで成功モデルを作ることができれば、他の田舎の人たちもいいわけができなくなるじゃないか、と思ったんです。


20151020_Ama -cho_04.jpg asami mukuta

地域活性には、もともと興味をお持ちだったのですか?


a12e33aea2022adfbc407d70660dcd33d9cfee2f.jpg

そうですね。僕が生まれ育った大牟田は炭鉱の町で、どんどん人口が減っていく姿を見てきていたので、「いつか故郷のために何か貢献したい」という思いは、小さいころからずっと持っていました。

いいわけだったら子どもでもできる。大人は覚悟を決めて、アイデアを出したり、アクションを起こしたりしながら、“現状を変える”という役割を果たさなければいけません。

おこがましい言い方ですが、大牟田を元気にするためにも、大牟田より条件の悪い海士町で挑戦することで、間接的に大牟田に貢献できるといいなという思いは、常にあります。


あわせて読みたい

「地方創生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    山口の行方不明2歳発見 母が会見

    AbemaTIMES

  5. 5

    阿波踊り強行で踊り手自滅の恐れ

    AbemaTIMES

  6. 6

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

  8. 8

    橋下氏 日本は敗戦してよかった

    PRESIDENT Online

  9. 9

    経営能力ない大塚家具のシナリオ

    ヒロ

  10. 10

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。