記事

シリコンバレーがバブルかもしれない49の理由

Silicon Valley Unicorns

Yomiuri Online向けに久しぶりに記事を書いたのだが、そのためにいろいろ調べたらついうっかり冒頭のような必要ないグラフなどを無駄に作ってしまったので公開。

記事の内容はユニコーンバブルで、「ユニコーンへの投資バブルがはじけたらシリコンバレーに何が起こるのか」というのがお題である。(ユニコーンとは時価総額10億ドル以上のベンチャーのこと。)

まずシリコンバレーにユニコーンは何社あるのか、というと49社。(タイトルの意味はこれだけです。)そしてその49社を所在地別に創業年の時系列でグラフにしたのが冒頭のものだ。円の大きさは時価総額、円の色は直近の増資からどれくらい時間が経っているか。青が18ヶ月未満、黄色が18ヶ月以上2年未満、赤が2年以上である。ユニコーンに資金が集中する昨今、1年以内に増資をしていないのはかなりビジネスが厳しからと考えられる。一応猶予期間を6ヶ月加えて、18ヶ月以内に増資していれば正しい脈がある感じ、それを過ぎるとやや危険ゾーン、2年以上となると相当に厳しい、という感じになる。(黄色と赤のベンチャーは社名を書いた)。最近では1年に3回増資するのも珍しくなく、Uberに至っては去年の12月からだけで8回。集金マシーンである。「いくらなんでも行き過ぎてないの?」と心配になりますなぁ。

以上、ソースはWall Street JournalのThe Billion Dollar Startup ClubCBInsightsで、グラフの元データは下記の通り。

労働人口

なお、こうしたユニコーンで働く人たちがどれくらいいるのかをカウントするため、Glassdoorで推定社員数を見てそれも書き入れてある。(あくまで推定ですが)。下限値総和で2万4千人、上限だと7万8千人となる。

一方、シリコンバレーの労働者数についてはJoint Venture Silicon Valleyが出している数字からSilicon ValleySan Franciscoを足すとトータル180万人、うちTier 1はエグゼクティブ、弁護士、会計士、医師、エンジニア、研究者、プログラマなどで、こちらが45万人。

オフィススペース

さらに、一人当たりオフィススペースを150 square feet(参照Quora: What is the average square footage of office space reserved per person for a technology startup? )とすると、ユニコーンが借りているオフィススペースは360万sqftから1170万sqftとなる。将来性を見越してもっと借りているところも多いが。

一方シリコンバレーのオフィススペースのトータルは、というと不動産のJones Lang LaSalle社が出しているレポートから、San FranciscoPeninsulaSouth BayEast Bayの数字を足すと2億3千万sqft(約2千万m2)。

家賃ほか

サンフランシスコの平均家賃(中央値)は4225ドル(約50万円)、南の方も結構高い。渋滞もひどいし。

以上もろもろの数字から、私がユニコーンバブルの行方をどう考えているかは、Yomiuri Onlineのコラムを読んでください。そちらがアップしたらリンクします。

あわせて読みたい

「シリコンバレー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  2. 2

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    手入れ、値段…革靴通勤に疑問

    キャリコネニュース

  5. 5

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  6. 6

    安倍首相の続投希望 企業の7割超

    ロイター

  7. 7

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  8. 8

    セクハラを政治利用 野党に指摘

    AbemaTIMES

  9. 9

    日産を仏企業に? ゴーン氏容認か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    買春で知事辞任 米山氏の母嘆き

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。