記事

それ、ナメられてません?システム管理の業務委託。

市が随意契約で業務委託しているGPS機能付き携帯電話を活用した防犯システム、本当に駄目。

この事業について、私は前任期の2012年頃から、防犯情報配信サービス以外は「要らない」と言い続けてきました。

驚くことに、最近まで、ApacheTomcat 6.0.3セキュリティパッチで、しかもエラー出してサーバーばらしとか、防犯システム自体がいちばん危機管理を出来てなかったという、笑えないブラックジョーク付き。

他にも位置情報が表示できなかったり、リンク切れがあったりと…。

その旨を同僚議員と共に担当課にかなーり指摘し、様々な資料請求をしてきたら、委託先に伝わりバージョンアップなど、それぞれ対応されたようですが。

しかも、さっきW3Cのバリデータチェックをしたら「33 Errors, 8 warning(s)」とか、調べればどこまでステキすぎるサイトなんですけど、これ。

担当課に言いたいのは、委託先に「改善させました」で問題が解決したとは思わないでってことです。

問題の根っこは、業務委託仕様書に記載されているシステム管理やバージョンアップなどを、委託先が履行しないままずっと何年間も放置し続けてきたことです。

この委託先が構築しているシステムに、この事業だけで1万件を超えるメールアドレスなどの個人情報を管理させていることであって、同委託先の同システムを使って複数の事業について委託を行っていることです。

そして、委託先に対して定期的に行う担当課のチェックが形だけで形骸化し、まったく機能していない。にも関わらず、毎年度の契約更新を行い続けてきたってことに、問題があるのです。

これまで、こんな杜撰で適当な業務をされて続け、随意契約で委託費を約350万/年を払い続けてるって、本当にどうなんですか??

こういったシステム管理などは専門性が高く、素人である議員や担当課などがチェックするのも、指摘するのもなかなか難しいのが藤沢市の実態です。

もし、委託先が素人相手に専門性を逆手に取り、指摘されてこなかったといった理由から業務履行をしないでいたとすれば、絶対に許されないです。

委託しているサイト管理やシステム管理の履行状況については、素人の担当課がチェックするのではなく、今後はIT推進課が行うように言い続けたいと思いますし、この委託先と契約を続けていくのは認められないと、市側に対して声をあげていきます。



あわせて読みたい

「地方行政」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  4. 4

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  5. 5

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  6. 6

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  8. 8

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

  9. 9

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  10. 10

    地銀&メガバン 連携し棲み分けよ

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。