記事

マタニティーマークが嫌われているわけではない

 女性が妊娠していることを示す「マタニティーマーク」が厚労省によって発表されて10年。残念ながら、このマークに世間の反感が集まっているとする考え方があるという。

 マタニティーマークが付いた商品にたいする申し込みが減り、マークがなるべく目立たないようにと要求する動きもあるそうだ。(*1)

 マタニティーマークには、周囲の人に妊婦であることを知らせる役目の他、急病や災害等の場合に、特別なケアが必要であることを示す役割もある。人二人分の命を預かっているのだから、妊婦が特別扱いされるのは当然と言える。しかし、そうした特別扱いが反感を呼んでしまっている。

 ネットなどを見ると、特に反感の声で顕著なのが、電車内でのマタニティーマークである。それがまるで「席を譲れと言っているように見える」のだそうだ。

 電車内でのマナー問題は、この眼光紙背でも何度も取り上げているが、普段の生活の数十倍の秩序を求められ、半ば密室の近距離で他人のいらだちの発生に恐怖せざるを得ないスーパー公共空間である電車内において、強者としての権利を振りかざすマタニティーマークが、まるで凶器のように見えると主張する人がいることは、決して短絡的に否定できるものではない。

 しかし、同じく強権を振りかざす「松葉杖」や「ギプス」、または「白杖」などが、それほど明確な反発を伴わないのに対し、同じく身体的苦労を伴う妊婦が攻撃されるのは、単純に妊婦がスーパー公共空間における強者であるという以外にも、理由があると思われる。

 もちろん、妊婦が女性であるという性差別という問題は確実に存在するのだが、それ以外にも妊婦が「富の象徴」であるという理由があるのではないかと僕は考えている。

 格差が広がった現代日本において「結婚をして、子供を授かる状態にある」というのは、家庭に安定して高収入を得られる立場の人間がおり、生活が安定しているということをそのまま示している。

 仮に、貧しく結婚もできず、もしくは結婚をしても子供を産み育てるような未来を描けない人たちがいたとして、彼らが妊婦を攻撃したところで、それがいつかは自分たちに返ってくるなどということを考えずに済む。

 つまり、格差により富むものは富み、貧しいものは貧しいということが安定した状態にある社会においては、妊婦になる人は富む側に決まっており、「お互い様」という概念が存在しないから、ある立場の人に対する、別の立場からの攻撃は「必ず一方的なもの」として、安心して行えるのである。

 これをすでに実践しているのが「フェミニズム」の人たちで、彼女たちは男には決してならないから、安心してどのような屁理屈をつけてでも男性を叩く。これと同じ理屈の憎悪が、富む側にいながら、立場の決して高くない、妊娠している女性に向けられていると言える。

 また、こうした憎悪を掻き立てるのは、福祉政策の問題でもある。よくある「子供たちの未来の為に」といった各種の子育て支援は、まさに安定した格差によって「富裕層支援策」として立ち現れる。

 貧しい人たちに対する生活保護には厳しい態度をみせる右派政治家が、子育て支援には積極的なことがよくある。これは結局は経済的に恵まれた人たちの支持を受ける右派政治家にとって、子供を守るという事は、さも弱者に優しいふりをしながら、実際には子供も産み育てられないような弱者に対する福祉を切り捨てるための方便として利用しているのだ。

 もちろん、妊婦本人が悪いわけではない。中の赤ちゃんにも罪はない。

 しかし、妊婦というのは、現代日本においては不平等の悪意が集まる中心部分に居る存在である。そして、妊婦自身も自覚はしていなくとも、そうした社会状況に媚びへつらって生活をする他ない。そうした状況に対する不平不満が、電車の車内というスーパー公共空間で、不意に噴出したとしても、決しておかしくはない。妊婦はそうした状況で生活をしているのである。

 すなわち、マタニティーマークの問題とは、妊婦とその子供をめぐる、社会状況に対する問題そのものである。マタニティーマークが嫌われているのではなく、分断された社会においては、ある層の一番下に近い人間は他の層の人間から見れば、格好の標的になる。それを示す「的」がマタニティーマークということである。

 この解決方法は格差そのものの解消をする以外にない。

 格差を解消せずに、ただ「マタニティーマークに理解を!」「女性の人権が!」などと主張してしまえば、それは主張側が格差の強化、層の断絶を望んでいるだけと受け取られ、さらなる憎悪を生むだろう。

 まだ「マタニティーマークを見せびらかしやがって」という軽い反発があがる程度のうちに、ちゃんとした福祉政策を行い、真っ当に貧しい人に対する手当を、地道に強化するしかないのである。

*1:マタニティーマーク10年、世間の反感に自粛する妊婦も(朝日新聞デジタル)

あわせて読みたい

「格差社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  4. 4

    リボは借金 命より重いお金守れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  6. 6

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  7. 7

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  8. 8

    「国民民主」党名に見える排除感

    常見陽平

  9. 9

    よしのり氏 MeTooになっていない

    小林よしのり

  10. 10

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。