記事

デモに行かない者にかかる「同調圧力」

「AERA」に星野博美という人がシールズ礼賛記事を書いている。

そこにこんな一節がある。

「自分には持てなかったその勇気は多くの人を揺さぶり、心の準備ができない人を苛立たせもする。」

これが問題なのだ。

星野氏はデモに行くことを「勇気」と言う。

デモに行かなかった者は「勇気」を持てなかった者にしてしまう。

恐ろしい同調圧力だ。 

戦前もこういう人間がいっぱいいたのである。

若者を万歳三唱で戦地に送らぬ者は「非国民」とされ、最終的には神風特攻に志願するのが「勇気」、拒否すれば「非国民」という同調圧力すらかかるようになっていった。 

シールズを礼賛する人々の多くが、こういう「正義」を妄信するパターンに嵌っていて、デモに行かない「勇気」があるということには全く思いが至らない。

それほどまでにシールズのデモを「正義」だと信じ込んでいる。

「反戦」の者が、実は「好戦」だというこのパラドックスが分からぬ者が、安易に戦前の日本人を非難する。 

こういう危ない傾向を食い止めるために、わしは薬害エイズ運動の総括として『脱正義論』(幻冬舎)を出した。

当時の薬害エイズと、今の安保法制では、その切実さが比べものにならないのだが、今のナイーブな人々の増加は異常だ。 

星野氏は、シールズが主催するデモに初めて出向いたのは、

「社会を変えてもらうためでも、夢を託すためでもない。もしかしたら、昨日とは少し違う自分に、国会前で会いたかったのかもしれない。」
と告白している。

つまり、こういうことなのだ。

「自分さがし」なのである!

オウム真理教に嵌っていく若者も、ナイーブで、自分さがしの病を抱えていた。

「個」がふらついているから、同調圧力に負け、デモの集団に混じって「正義」を手に入れたくなる。

カルトに嵌る連中はこういうナイーブな心理を持っている。

わしはオウム真理教と戦い、暗殺されかかった者として、薬害エイズ運動を手伝い、総括として『脱正義論』を描いた大人として、やっぱりこう言っておかねばならない。

「デモに参加しない若者は、同調圧力に負けるな!」

「日常を手放すな!」

あわせて読みたい

「SEALDs」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHKが過労死を4年間封印した訳

    篠田博之

  2. 2

    小池氏の築地再開発は騙し討ちか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    壇蜜が明かすヌードのデメリット

    fujipon

  4. 4

    大阪に工作員論で差別助長は当然

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  6. 6

    女性議員の劣化 原因はマスコミ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    女性専用車両の発想は差別と類似

    山口浩

  8. 8

    女性専用車で男が呆れた抗議行動

    猪野 亨

  9. 9

    セクハラ問題 個人叩きで進まず

    ニャート

  10. 10

    SNSで身近に感じる「死の意識」

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。