記事

​それでも私が組体操に取り組む理由。ある現役教師の告白

アスリートナレッジ編集部です。今回は、スポーツそのものからは少し離れるものの、育成年代の選手が取り組むことも多いであろう組体操について、2つの異なる立場からの意見を掲載させていただきます。1本目となる今回は、ある現役小学校教師から届いた意見を紹介させていただきます。

基本的な立場を明らかにしておきますと、アスリートナレッジ編集長・澤山は、組体操自体には反対の立場です。私自身も4段ピラミッドの一番下の立場で、上がどうなっているかとかわかろうはずもなく、砂つぶがひざに押し付けられ、上から誰が降ってくるかわからず恐怖を覚えていました。

しかしながら、その立場の違いをおいてもこの意見を掲載させていただきたいと思った理由は二つあります。一つはこの意見が、問題を抱える現場とは一線を画し、現場における様々な葛藤を経て考えぬかれたものだと判断したこと。もう一つは、そもそも教師側のナマの意見がそれほど多くないと考えたことです。

生徒側に立った意見が多く紹介される一方で、「現役教師はどのように考えているのか?」という声はそこまでは多くなかったと思います。それは、彼らが公務員という立場であることも当然影響していますし、教師にかかる時間的な負荷を考えてもネット上での発言量は必然的に少なくなります。

生徒を危険にさらすことは論外である一方、こうした状況を踏まえてもなお組体操に取り組む教師が何を考えているのか? を知るのは時間の無駄ではないと思います。今回は、立場上、完全匿名を条件に記事を執筆してもらいました。組体操における議論に、一石を投じることになれば幸いです。

~~~~~~~~~

■1:基本的な考え方

「組体操を見るとその学校が分かる」

という言葉がある。もちろん一般的ではないが、この言葉は言い得ている部分があるように思う。

まず私の考え、あるいは思いを述べる前に、前提としておきたいことが二つある。一つ目は私自身、組体操反対派がいることを否定していないということである。教育現場の現状を考えると、反対意見が出てくることは必然であるとも考えている。二つ目に、この文章は反対派の方々を論破する目的で書いているものではないということである。
 
組体操をやり切った後、校庭を埋め尽くした多くの保護者や校区の方々から湧き上がる拍手喝さいを浴びながら、中には充実の表情で涙を流しながら退場していく子どもたちの表情を見てきた者の、個人的な意見を述べることのみを目的としたい。
 
私が小学生だった25年ほど前には、危険性に関する指摘は出ていなかったように思う。組体操の危険性についての指摘には、教師の力量の低下、学校教育への信頼の低下という課題が背景にある。一人一人の教師がその課題と向き合い、力量を高め、信頼を回復させるために、感動をもたらす学校教育をいかに展開していくかという最大限の努力が必要である。
 
私は組体操の歴史や、なぜそれが運動会の演目として定着してきたかという経緯については関心を持っていない。学習指導要領に掲載の無い項目であることは理解しているが、表現力や団結力を育成する上で、必要不可欠ではないものの有用であるという認識に立っている。
 
様々な学年を担任していて耳にするのが「6年の組体かっこいい!」「6年になったらみんなでがんばりたい」という児童の憧れの言葉である。この言葉をすべての児童に言わせようとしたり、すべての児童が運動会後の作文に書いたりすることを意図して指導する教師がいたならば、それは批判にさらされるべきだろうと思う。
 
当然のこととして、児童が100人いれば、100人の児童全員が組体操に主体的に挑んでいるかというとそうではない。それは算数や国語等と同じである。そして組体操を見た児童のすべてが、憧れをもっているものであるとも考えていない。その点においても算数や国語等と同じである。
 
教師の仕事は「引き上げる」こと。必死に伸びたいと心から願う子供たちの思いや願いをその児童に応じた方策で具現化し、子どものできることを増やしていくことなのである。伸びたいと願う子供たちにとって、最大限の努力をもってして達成できそうなレベルの課題は大きなやる気を生み出す。
 
組体操をもって、引き上げることのできる子どもがいる。組体操や運動会のプログラム全体に対して、運動が苦手な子どもに対しての配慮がなされていないという指摘を目にすることがあるのだが、運動が得意だが学習は苦手という子どもにとってはその配慮が活躍の場を削られてしまうという面があり、一概に言えることではないと考える。

Master

■2:指導計画と指導の実際

組体操の指導には当然だが、準備時間を要する。教師の残業時間が長いという指摘がなされている中ではあるが、私は時間を無視して取り組むことにしている。子どもたちに感動と達成感を経験させるためならば、時間をかけて当然であると思っている。
 
このスタンスは組体操だけではなく、教科の指導においても同じである。「どうすれば子どもを引き上げることができるのか」を徹底的に追求していく結果として、時間は二の次になる。
 
組体操のシナリオや振り付け、ピラミッドやタワーといういわゆる大技を含む構成を考える際に「巨大なものを作り上げると教師としての評価が上がる」という教師の意図が少しでも含まれていた場合には批判にさらされるべきであろうと思う。私自身「大きければ良し」とは思っていない。
 
私が組体操の構成を作り指導をする際に、指導計画は運動会前2カ月あたりから本格的に始める。スタートは、その学年集団の実態を十分に把握するところである。例えば、運動能力や団結力、ひいては学力や授業態度、友人関係のトラブルの頻度についても言及していく。実態を十分につかまず、大きさや高さ重視で構成されたものであったり、闇雲に高さや大きさのみを求められたりしたものは、教師のエゴのかたまりとなり、児童にとっては「やらされた感」のある迷惑なものでしかないのかもしれない。この点も、批判にさらされるべきである。児童の実態把握なしに指導し、教師自身の達成感のために指導していれば組体操は危険であるとも考える。
 
次に、検討を行なうのが「安全に指導できるかどうか」である。子どもにケガをさせようとして、組体操を計画する教師はいない。ケガに至るリスクを限りなくゼロにするために、指導者の人数や役割を詳細に打ち合わせていく。リスクがゼロに近いということが、管理職(教頭・校長)を含めた何人もの教師で確認された後に、その学年の児童が安全で、かつ最大限の努力で到達できるレベルの構成を作っていく。換言すれば、実態を把握して難易度の高い技に挑戦できるだけのものがあると判断された場合は、子どもの可能性を最大化させる目的で巨大ピラミッドなどの技に挑戦する構成で良いと考える。
 
約1カ月前の練習開始時にはまず、児童へ心構えを指導することから始める。「組体操の練習は危険である」ことも徹底的に周知する。一人一人が友達の身体を預かっていること、その責任を果たすことについても確認をする。
 
運動会で最後のプログラム、大きな見せ場である組体操で高難易度の構成をやりきった時に見せる美しきドヤ顔は、保護者の目にも頼もしくなったわが子を見る良い機会の一つである。そのドヤ顔、私はプライドの顔と呼んでいるが、その表情が引き出される背景には最大限の努力が必要だと思っている。子どもには時に厳しい要求をする。その要求に応え、上回ろうとしてくる子どもの姿というものはやはり感動的であり圧倒的なパワーを感じるものである。中途半端な努力でよしとする中途半端な指導であれば、子どもの表情がプライドにあふれることはないであろう。
 
ピラミッドは○段まで、タワーは○段までという規制に関しては子どもの無限大の可能性に上限を設定してしまう規制であるということをここで指摘しておきたい。
 
やる気を出させて、安全に指導する。できることを増やし、できるようになったことを評価し称賛することで子どもたちの士気は高まり技の精度も上がっていく。そして運動会本番には、プライドの顔を見せてくれる。この状態になるには組体操の指導という一側面だけは無理がある。日常から子ども―子ども間、子ども―教師間の信頼関係が醸成され、何事にも挑戦しようとする環境が整っていなければ子どもたちの顔にプライドがあふれることはない。
 
「組体操を見るとその学校が分かる」。闇雲に高いピラミッドを作り上げること、高さを求めただけのタワーを成功させることが、組体操の目的ではない。子ども自身が挑戦に値すると思う課題をクリアしていくプロセスを安全に経験させた上で、やり切った達成感を胸に刻み込むことが組体操の目的である。教師と子ども、そして保護者も含めた信頼関係が、子どもたち自身と見ている人に感動をもたらす組体操を作っていくのである。子どもたちの実態に応じた最大限の構成であれば、感動をもたらすことができる。その感動は子どもたちの学校生活全体を表していると、私は、強く信じている。

<了>

Photo:JoshBerglund19
Photo:MIKI Yoshihito

あわせて読みたい

「組体操」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    金曜15時退社に待つ恐ろしいオチ

    城繁幸

  2. 2

    SMAP解散の「真相」と「本当」

    柴那典

  3. 3

    リオ五輪 レスリングで放送事故?

    メディアゴン

  4. 4

    ソフトバンク元参謀が見た孫正義

    文藝春秋SPECIAL 2016秋

  5. 5

    日本に10億円寄付 台湾の風雲児

    WEDGE Infinity

  6. 6

    PCデポ問題を財務面から読み解く

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    貧困JKを生み出すキャリア教育

    シェアーズカフェ・オンライン

  8. 8

    ファミマの下請けイジメが露呈

    大西宏

  9. 9

    50代オジサンが必要とされるには

    竹内健

  10. 10

    ずば抜けてSNS利用率が低い日本

    田中善一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。