記事

保守派がUberを支持するアメリカ

Inovate license plate

Uberのような「既存業界破壊型」のビジネスがアメリカでじわじわ合法化されている影には、この手のビジネスがアメリカの政治的保守派にウケがいいという謎がある。

この間、「Uber and Goliath」というタイトルが表紙に書いてある雑誌を図書館で見かけた。表紙のイラストは、黄色と黒のチェックの服を着てTAXIとかいてある帽子(?)を被った腹の出た巨人と、背中に「U」と書かれたチュニックを着てiPhoneを振り回しているスリムな長髪男性が戦っている様子だ。

ダビデとゴリアテといえば弱小な者が強大な者を打ち負かすという表現で、ゴリアテ=強大な者である。私的にはUber=タクシー業界をいじめる巨人、なので、逆の描写に「ほえ?」と思って手にとって読んでみた。中身は、ちゃんと調べて書かれてはいるものの、

「既得権益をもった悪魔のカルテルであるタクシー業界に果敢に立ち向かうベンチャーUber」

というトーン。そもそもタクシー業の規制はインターネットなどカケラもなかった1930年代に作られたもので、ユーザが1回乗車ごとにシビアにレビューできる現代においては全く意味をなさない・・・・などなど。Uberがこれまでに82億ドル、1兆円近く調達した「強者」であることは全く書かれていない。

「一体全体これはどんな雑誌なんざましょ」

と思ったら、National Reviewという1955年からある保守派雑誌なのであった。

アメリカはRepublican Party(共和党)とDemocratic Party(民主党)支持者)の二大政党制である。

でRepublicanが保守。その価値観のセットは、

  • 小さな政府(最低限の福祉)
  • 神の見えざる手万歳(プロビジネス・最低限の規制)
  • 銃賛成
  • 中絶反対

となっている。対してDemocratは

  • 大きな政府(手厚い福祉)
  • ビジネスはちゃんと規制しよう
  • 銃反対
  • 中絶は女性の権利

である。個々の主張はわかるのだが、これがセットの価値観であるところがイマイチ腹落ちしませんな。しかし2大政党制であるがゆえに、いいとこ取りの主張をすると敵に汲みする感が出てしまうので「福祉賛成だけど銃賛成」といった組み合わせはなかなか難しい。

そして「小さな政府」「反規制」という価値観からすると、Uberはいい感じのビジネスなんですな。

というわけで「銃賛成」「中絶反対」と「Uber賛成」が一つの価値観に組み合わされる、という謎のアメリカの保守派なのであった。

(余談ながら、アメリカで銃規制が進まないのは、上記の価値観セットの中では「銃問題」が国の方向性的に最もどうでもいい争点なせいではないか、と疑っている。結局政治は経済がちゃんとまわらないと力を失うわけで、そのためには政府のあり方と規制の手綱が肝要。そちらで意見を通すためには、銃規制については最も得票しやすい方にしておく、というのが楽そうではある。)

あわせて読みたい

「Uber」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    迷走続ける立民 最低の支持率に

    WEB第三文明

  2. 2

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  3. 3

    左翼に理解も 若き愛国者の訴え

    AbemaTIMES

  4. 4

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  5. 5

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  6. 6

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  7. 7

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  8. 8

    夏時間の推進派を沈黙させる一文

    早川忠孝

  9. 9

    石破氏との討論拒否する安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    よしのり氏 2歳児発見の男性凄い

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。