記事

TEDの秘密「裏の顔」とは一体なにか? - 茂木 健一郎

今年も、カナダのバンクーバーで開かれたTEDに参加してきた。

TEDでプレゼンを行った最初の日本人が、茂木健一郎氏である(2012年)。


「技術、エンターテインメント、デザイン」の頭文字をとったTEDカンファレンスは、人類の最先端の問題を扱っている。

「広げるに値するアイデア」をスローガンに、簡潔に、インパクトのあるメッセージを届けるトークの数々。ネット上の動画や、NHKの番組『スーパープレゼンテーション』を通して見た、という人も多いだろう。

TEDのスピーチのあり方は、1つの新しい「ミーム」(文化的遺伝子)だということができる。余計な前置きなしに、いきなり本題に入るといったそのスタイルは、さまざまな会議や、大学の授業のあり方など、広い範囲に影響を及ぼしつつある。

ところで、今回、TEDには、あまり語られることがない「秘密」があることに改めて気づいた。

TEDには、実は「表の顔」と同時に、「裏の顔」がある。この2つがバランスをとって、全体として創造的なエネルギーを保っている。そのことに目を開かされたのである。

TEDの「裏の顔」とは一体なにか? それは、会議の最後に必ず行われることになっている「レビュー」(振り返り)のセッションである。

ユーモラスに、愛情を持って、時には辛辣に、トークの全体像を振り返る。言いすぎてしまったスピーチを茶化したり、政治的に問題だった内容を批評したりして、客席が笑いに包まれる。

TED全体を組織しているクリス・アンダーソン氏によれば、このユーモアに満ちた「振り返り」は、会議に欠かせないものである。実際、最後に、そのようなかたちで会議全体が「相対化」されることで、大切なバランスが取り戻されるように感じる。

TEDのような、「広げるに値するアイデア」を扱う会議は、ヘタをすると、社会を啓蒙するとか、福音をもたらすといった「上から目線」の罠に陥る危険がある。

だからこそ、自分たちで、自分たちの視点の至らないところ、ツッコミどころを笑ってしまおうという「振り返り」セッションの存在は、TEDの本質を考えるうえで、実は重大なポイントだと思う。

日本でも、「意識高い系」の人たちが、時に揶揄されたりする。社会を良くしたり、自分の人生を前に進めようとするのは良いとして、そこに自己批評がないと、確かに時には「イタイ」結果になる。

TEDは、間違いなく良い意味で「意識高い系」の人たちの集まりである。そのメッセージの多くは、現代の文明の本質的な問題を扱い、参加者は課題に真剣に取り組んでいる。そのことは素直に評価すべきだろう。

同時に、そのような自分たちの「意識の高さ」を、笑いを通して相対化することで、全体のセッションを終える。ここに、TEDがTEDである、最大の秘密があるのではないだろうか。

世の中には、「こうすれば世の中が良くなる」といった、もっともらしい話は多い。しかし、それが現実に着地するには、自らの欠点をも見据えた、相対化する視点が必要である。

意識が高いことは結構なことだが、同時に、自らのヴィジョンを相対化して、笑う余裕も欲しい。

最良の創造性は、自分の理想を笑う余裕の中から生まれてくるのである。

あわせて読みたい

「TED」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    都職員VS客 150人が築地で買い物

    田中龍作

  4. 4

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  5. 5

    沢田研二のドタキャンはプロ失格

    かさこ

  6. 6

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  7. 7

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  8. 8

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  9. 9

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

  10. 10

    巨大化する新聞の見出しに違和感

    山本直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。