記事

【TOB開示資料抜粋】MMホールディングス・カルチュア・コンビニエンス・クラ ブ

「TSUTAYA」チェーンを運営する映像・音響レンタル最大手のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は3日、創業者の増田宗昭社長がMBOを実施すると発表した。約700億円で全株式を取得し、東証1部の上場廃止を目指す。中高年層を意識した次世代店舗の開発や中国進出、新規事業への積極投資が必要と判断。非上場化で経営の自由度を高め、事業の再構築を急ぐ。
(日本経済新聞2011年2月4日9面)
【CFOならこう読む】
開示資料にざっと目を通しました。以下に気付いた点を列挙します。
・会社側意見としては
鄯)本公開買付けに賛同
鄱)本公開買付けに応募するか否かについては中立
・会社側は取締役会とは別に独立委員会も第三者の株式評価を入手している。その評価も踏まえたうえで買付者と交渉を行い、当初の提案価格575円から600にまで引き上げることに成功したが、当該価格はDCFの評価の下限を下回っており、応募推奨するか否かについては中立の立場を採ることとした。
・公開買付者側は、評価者とは別のコンサルティング会社に収益予想の作成を依頼
・取締役会は算定機関を変更した事実がないことを表明している
・プルータスのDCFで使用した実効税率について、「平成23年度税制大綱を加味した35.59%及び現行の40.64%の2通りの税率を想定」している旨記載あり(平成23年度税制改正において税率が引き下げられることを勘案すると下限666円は引き上げられると考えられます)



【リンク】
2011年2月3日「MBOの実施及び当社株式等に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ」カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 [PDF]

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    JASRACが千年前の雅楽にも著作権料求める

    町村泰貴

  2. 2

    「人を殺してみたかった」著者が佐世保語る

    藤井誠二

  3. 3

    犯罪をおこした子供の兄弟や姉妹のケアは

    Chikirin

  4. 4

    日本人がハイブリッドカーを購入する理由

    永江一石

  5. 5

    中国べったりでよいのか、韓国は考えるべき

    北尾吉孝

  6. 6

    舛添知事、朴大統領との会談予定はなかった

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    「すき家のビジネスモデルは限界」第三者委

    弁護士ドットコム

  8. 8

    朗報が続くのにNY市場が急落している原因は

    広瀬隆雄

  9. 9

    トヨタバッシングはアメリカの嫉妬だった

    長谷川豊

  10. 10

    すき家の経営は80年代の体育会系企業のよう

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。