記事

山本議員「野党は一つに」 岡田代表は解党に慎重

山本議員は挨拶がわりに「強行採決を生中継するようNHKに電話、ファックス、メールで要望して下さい」と呼びかけた。=13日、渋谷 写真:筆者=

山本議員は挨拶がわりに「強行採決を生中継するようNHKに電話、ファックス、メールで要望して下さい」と呼びかけた。=13日、渋谷 写真:筆者=

 与党は今週中にも安保法案の強行採決に踏み切るものと見られる。

 参院安保特委で安倍政権を相手に厳しい追及を続ける山本太郎議員が、きのう、きょうと2日続けて渋谷の街頭に立ち、「野党統一」を呼びかけた。

 「乱暴狼藉を続ける安倍政権を引きずり下ろさねばならない。そのためには野党が一つにならなきゃいけない。来年夏の参議院選挙は野党一丸となって戦わなければならない、と皆さんの地元でプレッシャーをかけて欲しいのです」。

 山本議員はよく通る声でよびかけた。

 前々回(2012年)、前回(2014年)の総選挙で野党の票をすべて足すと、自公を上回るのだ。野党が一つになっていれば、「特定秘密保護法」も「戦争法案」もなかっただろう。

 山本議員の指摘通りなのである。

岡田代表は解党に慎重だ。民主党の解党なくして野党再編はないのだが。=11日、定例記者会見 衆院第16控室 写真:筆者=

岡田代表は解党に慎重だ。民主党の解党なくして野党再編はないのだが。=11日、定例記者会見 衆院第16控室 写真:筆者=

 野党再編の第一歩は、分裂した維新の「非大阪グループ」をどう活かすかだ。松野頼久代表はじめ非大阪グループの多くは、比例復活議員だ。

 公選法(99条2項)の規定により民主党が解党して新党とならない限り、非大阪グループは「松野新党」となるしかない。

 野党再編どころか、野党再分裂である。

 だが最大野党である民主党の岡田克也代表は解党に慎重だ。

 連合の古賀伸明会長が「解党も選択肢のひとつ」と述べたとするマスコミ報道について、岡田代表は「(マスコミの)ミスリードだ」として不快感を示した。(11日の定例記者会見)

 岡田代表に近い筋は「10年ぶりに代表に復帰して、その座を簡単に手放したくないから」と見る。

 岡田氏は記者会見で「起爆剤としての解党は不発に終わる。中味がしっかり変わらなければダメ」と述べて解党を否定した。

 最大野党の党首は、あくまでも自主再建を目指す方針のようだ。だが一度失われた国民の信頼は簡単には戻らない。

 野党間の中途半端な選挙協力で、また、また、また自公が笑うのだろうか。

  ~終わり~

  ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「山本太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  6. 6

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  7. 7

    聴取拒否する貴乃花の行動は異様

    鈴木宗男

  8. 8

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  9. 9

    藤吉久美子 50代ドラマPと不倫か

    文春オンライン

  10. 10

    宮司殺傷 遺書を2300箇所に送付

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。