記事

図書館に新刊本を置くことの意味とは?

■図書館に新刊本を置くことで不利益を被る人々

 舌鋒鋭い論者として有名な百田尚樹氏の話題の新刊『大放言』を読んでみた。新書の帯に「炎上覚悟。」と謳うだけあって、言いたい放題の痛快な本だった。全て納得できたというわけではないものの、図書館についての考察は私が以前に書いた記事(→図書館は「フリービジネス」と成り得るか?)と同じようなことが書かれていた。

 百田氏いわく「図書館は無料の貸本業者と化している」「図書館には新刊本は置くな」ということだが、私もこれには同感だ。百田氏の場合、自身が物書きでもあるので本が売れなくなると困るという私情が入っていると誤解されがちだが、そういった疑念はお門違い(的外れ)であり、私情は一切関係が無いとお断りされている。

 では、物書きでもない(本を出してお金儲けはしていないという意味)1消費者の私がなぜ図書館に新刊を置くことに反対なのかというと、それが経済を衰退される一因になっていると思われるからだ。百田氏もそのことには少し触れておられたが、どう考えてもこれは民業圧迫以外のなにものでもない。本作りに携わっている人々(作家、出版社、印刷会社、製本会社、書店)の仕事(と利益)を間接的に奪っていることに他ならず、経済の衰退にも一役買っているものと思われる。

 経済というものは生き物であり、ある一部の業界でボトルネックが生まれ、お金の巡りが悪くなると、その影響は全ての業種に波及していくことになる。人間の身体に喩えると、身体の一部、例えば右足の血管に血栓ができるだけで身体全体に支障をきたすことになるのと同じだ。
 つまり、「図書館に新刊本を置くことで不利益を被る人々」とは、「国民全員」を意味することになる。

■新刊本予約が数千人待ちという異常事態

 本書にも書かれていたが、人気の新刊本ともなると図書館での予約待ち人数が数千人にも登るらしい。新刊本の初版が3000部とか6000部と言われている時代にあって、それ以上の数の予約待ちが入る本が存在しているという事実、これが如何に異常な状況であるかを考える必要があると思う。
【関連記事】「本を読まなくなった」というけれど

 例えば、人気漫画コミック(例:ONE PIECE)が発売されて直ぐに図書館で無料で貸し出された場合を考えてみよう。あるいは、人気アーティスト(例:Mr.Children)の新譜CDが発売されて直ぐに図書館で無料で貸し出されていればどうなるか? 人気のハリウッド映画(例:ジュラシック・ワールド)がDVD発売と同時に図書館で無料で貸し出された場合は? etc.
 そう考えていくと、漫画家もアーティストも俳優も、そして彼らをプロデュースしている関係者全てが割りを食う…と言うより、仕事が成り立たなくなる可能性すらある。
 一応、著作権料を支払っているレンタル業者でさえ、新譜CDのレンタル開始は少し間をおいて貸し出しているのだから、著作権料を支払っていない図書館が新刊本をレンタルする場合は、ある程度の日数が経過してから入荷するべきだ。
 百田氏は最低1年間はブランクを開けるべきと書かれていたが、大体その程度が妥当なところだと思う。本当に読みたい人は1年間も待とうとは思わないだろうから、新刊は需要が去った頃合いに図書館に置くようにすることが望ましい。もっとも、著作権に厳しい国では、それすら許さないというところもある。
 そもそも、何かを調べる目的で本の一部を読むだけというなら図書館で本を借りるのは合理的な発想だと思うが、丸ごと1冊読む本を図書館で借りようという発想自体が可笑しいのではないか?と疑ってみる必要があると思える。

 「税金を支払っているのだから、図書館を利用する権利がある」と言う人がいるかもしれないが、世の中には納税していても図書館を利用していない人は大勢いる。そういった人々には、税金の還付が有るわけでもない。私も税金は真面目に支払っているが、図書館は一切利用せず、読みたい本は全て自腹で購入している。

 「不景気でお金が勿体ないから図書館を利用する」という人もいるかもしれない。しかしながら、経済的な因果論で考えるならば、不景気だからこそ図書館で新刊を借りずに、きちんとお金を支払って購入するというのが正解だ。そうでなければ、いつまでも不景気のままということになってしまう。
 「不景気でお金が勿体ないから図書館を利用する」というような人々が増えることが、景気が悪くなる原因になっているという単純な事実にも目を向けなければならない。

あわせて読みたい

「図書館」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 菅直人氏に「猛省求める」

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    森友学園 攻める朝日に"紙爆弾"

    文春オンライン

  4. 4

    皇太子への失礼な記者質問に怒り

    赤池 まさあき

  5. 5

    意外と知らない"危険な食品"

    メタモル出版

  6. 6

    空き家増でも新築が増える不思議

    沢利之

  7. 7

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  8. 8

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  10. 10

    "朝鮮特需"のメディアに望むこと

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。