記事

武器輸出「国家戦略として推進すべき」 経団連が提言、その前に「意識の民営化」が必要

武器輸出「国家戦略として推進すべき」 経団連が提言
2015年9月10日 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH9B5S9HH9BUTFK01C.html?iref=comtop_list_biz_n02

>経団連は10日、武器など防衛装備品の輸出を「国家戦略として推進すべきだ」とする提言を公表した。10月に発足する防衛装備庁に対し、戦闘機などの生産拡大に向けた協力を求めている。

>提言では、審議中の安全保障関連法案が成立すれば、自衛隊の国際的な役割が拡大するとし、「防衛産業の役割は一層高まり、その基盤の維持・強化には中長期的な展望が必要」と指摘。防衛装備庁に対し、「適正な予算確保」や人員充実のほか、装備品の調達や生産、輸出の促進を求めた。
 己を知らない寝言に過ぎません。

 US-2や潜水艦の輸出の話で当事者意識がサラサラありません。官の側で話をまとめてもらえます?だったら作ってもいいですよ、ですからね。

 自分たちで汗をかいて、リスクを負って商売しようという意識がありません。気分は国営企業です。当然ながらマーケティング能力も、コスト意識もありません。

 そもそも輸出を目指すのであれば、零細乱立をなんとかすべきでしょう。偉そうな提言をする前に自分たちで話し合って、例えばミサイル屋やヘリ屋を1社にするとかの業界再編を行って、事業規模を拡大し、研究開発費を捻出することが先でしょう。

 そもそも世論を気にしてホームページに兵器を載せないような会社ばかりです。まともに軍需産業の振興なんぞやらないでしょう。売上比率たった数パーセント、あるいはそれ以下の防衛部門ならば、強化しないならば、売却するなり、他者と事業を統合をすべきです。

 ところがそんなことはやる気がサラサラありません。官が仕事を海外から探してくれ、てなところで、当事者意識がありません。こんなことで輸出が出来ると思っているのですから、頭のなかはシールズ並のお花畑です。味噌汁で一回顔洗ったほうがいいんじゃないでしょうか。

 防衛省はスケベ根性だけはあって、当事者意識に欠ける経団連メンバーの大企業を相手にすべきじゃないです。
 実際防衛省もこれまでの大企業のやる気の無さにはうんざりで、中小企業支援の方に舵を切りつつあります。今後海外見本市の出展でも大企業よりも中小企業を優遇し、出展費用の補助なども検討されているようです。

 実際問題として国益上、中小企業を支援する方が遥かにましです。

 社長の決断がすべてが決まるが早いし、コスト意識も高い。大手よりも遥かに安く開発も製造も可能です。実際大手が下請けにつくらせて、防衛省に納入する時に何倍にもなっている礼は珍しくありません。何しろ意識が「民間企業」です。

 そもそもライセンス生産とは名ばかりのアッセブリー生産で、コストを跳ね上げることにどれだけメリットがあるでしょうか?例えば三菱重工のやっているパトリオットPAC3なんぞほとんど、コンポーネントは輸入です。こういう冗費を使う余裕があるならば、やる気のある中小企業の支援に使うべきです。

 ニコンは競技やハンティング用のライフルスコープは作っていますが、軍用は作りません。企業イメージを慮ってのことでしょうが、それならば潜水艦や装甲車両のペリスコープからも撤退すればよろしいでしょう。賤業をやっているというネガティブな気持で、イヤイヤ商売をやっても身の入った仕事はできないでしょう。潜望鏡なんて非貫通しきは始めからやっておりません。じきにメカニカル式の潜望鏡から撤退するのも時間の問題でしょう。

 例えば潜望鏡事業はライト光機製作所とか、中小の光学メーカーに譲渡すればいいんじゃないでしょうかね。中小企業にとっては大きな売り上げでメリットがあるでしょう。事業譲渡を中小企業が無理なく受けられるような仕組みづくりも必要です。


 経団連はくだらない提言を発表する前に、自分たちの現状と意識、やる気を見直す方が先でしょう。



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
陸自の「機動戦闘車」調達は予算のムダ遣いだ
陸自機甲科の失業対策が主目的?
http://toyokeizai.net/articles/-/82806

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。~
【防衛省、機銃の調達はMINIMIのみ】~小銃用弾倉による空砲射撃で“弾詰まり”
http://japan-indepth.jp/?p=21427

あわせて読みたい

「経団連」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。