記事

受験者262万人! なぜTOEICは日本でこれだけ広まったのか? - 三宅義和・イーオン社長とゆかいな仲間たち【第6回 千田潤一 前編】

三宅義和・イーオン社長 構成=岡村繁雄 撮影=澁谷高晴

1979年は日本の英語自己学習元年

【三宅義和・イーオン社長】今回は、アイ・シー・シー代表の千田潤一先生にお話をお伺いします。千田先生と私との出会いは、15年ほど前に、千田先生と國弘正雄先生が書かれた『英会話・ぜったい・音読』(講談社インターナショナル)という本でした。購入して、自分で実際にやってみて、非常にその効果を実感しました。いきなり、先生にメールを差し上げたのにもかかわらず、丁寧な返信があったわけです。

とにかく、英語はトレーニングだと。英語はスポーツだという、そのメッセージが非常に強烈でした。英会話学校に通いながら、レッスン以外でも自分で効果的なトレーニングを行う。これは日本における最強の英語上達法だという感動がありました。

三宅義和・イーオン社長

千田先生はTOEICがここまで広まってきた最大の貢献者でいらっしゃいます。TOEICの誕生は1979年。その誕生の陰に北岡靖男さんという、1人の日本人の存在があるわけですが、そもそも、北岡さんはどのような人で、千田先生は北岡さんと、どのような出会いだったのでしょうか。

【千田潤一・アイ・シー・シー代表】当時、北岡さんは、雑誌『タイム』を発行するタイム・インクの元アジア総支配人でした。そのときに、私はタイムライフ教育システムという、タイム・インクの子会社の新入社員。初めて北岡さんに会ったのは、77年でした。

北岡さんはアジア総支配人でしたから、仕事で世界中、とりわけ、アジアを回って歩いていた。すると、現地の日本人のビジネスマンとも、当地のスタッフを交えて英語で話すわけです。そのときに北岡さんが感じた危機感は「いまの日本人の英語力だと、将来の日本は危ないぞ」ということ。要するに、英語のコミュニケーションで競争相手に負けてしまうということでした。

それで、日本人が国際的な場面でのコミュニケーション、国際コミュニケーション力をつけなければいけないという思いで設立した会社が、国際コミュニケーションズです。実は、TOEICを発案したのは、いまの財団ではなくて、この会社なのです。その社長の北岡さんがアメリカに飛んでETS(Educational Testing Service)に行き、TOEICの開発を提案したわけです。

北岡さんは、ETSに行った理由をこう説明していました。「世界中に、あるいは日本中に、いろんな学習法とか教材とかあるけれども、みんな『自分のところが一番良い』と言うわけです。ところが、それを証明する、“誰もが納得できるような客観的な共通の物差し”は、どこにもない。そこで、まずは客観的な物差しとして、プロフェッションシーテスト(Proficiency test)、すなわち、運用能力を測るテストをつくろうということになったのです。それができるのは、ETSしかないということで渡米したわけです」

ETSに話したところ、「TOEFLがあるじゃないか」という反応で最初は冷たかったそうです。ところが、北岡さんは「TOEFLは足切りテストでしょう。切られた人たちの能力がわからない。私が提案したいのは、下から上まで測れる長い物差しだ」と説得したそうです。

北岡さんは、TOEFLが30センチの物差しならば、1メートルの物差しをつくりたいのだと熱心に訴え続けました。その結果ついに提案が受け入れられETS調査団の来日に至りました。調査団は、実社会が必要とする英語はどんなものなのかということをサーベイし、その結果をもとにTOEICの製作を開始したということです。

第1回のTOEIC公開テストは79年の12月に実施されましたが、この年の7月にソニーの「ウォークマン」が発売されています。僕は、この79年が日本の“英語自己学習元年”だと思っています。自分で自分のレベルがわかり、目標設定ができ、進捗度がチェックできる「TOEIC」。そしてもうひとつ、移動中にカセットテープに録音した英語の音源で自己学習ができる「ウォークマン」という画期的な発明があったわけですからね。

英語は何のために勉強するのか

【三宅】千田先生はもちろん、TOEICで900点をはるかに超えるスコアを持っていらっしゃいます。けれど「次は満点取る」と宣言されたら、北岡さんにひどく叱られたそうですね。

【千田】怒られました。955点取ったときに「次は満点取りますから」って言ったら、ものすごく怒られました。「もう見栄で受験するのはおやめなさい」と。テストのための勉強、試験のための勉強、学習のための学習はやめなさいということでした。「英語を勉強するのは何のため?」「英語の先に何をめざしているの?」という問いかけでもありました。

「もっと英語を使って、コミュニケーションする場をつくるとか、友だちをつくるとか、そっちのほうが大事でしょう」とも言われました。そのことは、僕が「英語で勉強する会」の世話役をするきっかけにもなりました。

千田潤一・アイ・シー・シー代表

北岡さんは、いまを予測していたのでしょうね。「このテストが普及すると、スコアが高いから偉いとか、満点を取ったら偉いという風潮が出てくるよ」と言っていましたから。それは北岡さんのめざしたものではありません。めざしたのはコミュニケーション能力。

「コミュニケーション能力とは、友達をつくる力、友達と仲良く喧嘩する力、喧嘩した友達と1日も早く仲直りする力……そういう力をつけ、何百万人単位の日本人が、何千万単位の世界の人々と友人関係をつくることができたとき、はじめて国際コミュニケーション能力を身につけたことになるし、日本は世界から尊敬される国になる。追いかけるのは、スコアじゃなくてスキル。追い求めるのは、スコアじゃなくて友人。そして人間」。そういうことを、しょっちゅう言われていました。

メディアも「連続何回満点の秘訣」とか、あおってはだめです。私は、企業の人事・研修担当者向けのセミナーで講師も務めていますが、そのときに「TOEICで満点を取った学生を優先的に採用する会社の方は手を挙げてください」と問いかけます。しかし、これまで、1人として挙手した人はいません。それだけを基準にはできないとわかっているからです。

【三宅】79年に第1回のTOEIC公開テストがあったわけですが、受験者がその当時は3000人。

【千田】2773人です。この数字はTOEICの財団にもデータがなくて、私の那須の家の「個人ファイル」にありました。

【三宅】それが、昨年には、TOEICプログラム全体の年間の受験者が、262万人となったわけです。いまや、英語学習者、あるいは企業関係の人で、TOEICを知らない人はいないでしょう。ここまでTOEICが有名な試験になって普及されるまで、千田先生にはどのようなご苦労があったのでしょうか。

【千田】私が関わったのは90年から。そのときには、TOEICを知っている人はほとんどいません。なにしろ、きちんと読んでもらえませんでした。「トーエック」とか「あれ、TOEFLではないのですか」とか。受験者は、当時で20数万人。いまの10分の1ですよね。そこから25年間ずっと、TOEIC普及のお手伝いをしてきました。

私は主に大学を回りましたが、英語教員は、まったく興味なし。ただ、大学生協が興味を持ってくれました。組合員である学生たちの就職支援活動の一環として、「世の中に出るとTOEICという試験を使っているぞ」と一生懸命応援してくれたんです。大学生協扱いのTOEICを日本で最初に団体で採用した大学は、千葉商科大学。応援してくれたのは、英語の先生たちではなく、太田信雄先生というドイツ語の先生でした。以来、大学から大学へとTOEICを理解してくださる先生方を求めて全国を回って歩きました。

TOEICは英語力を測る道具でしかない

【三宅】英語のコミュニケーション能力を測るテストとして、TOEICは本当によくできているテストだと思います。ところで、TOEICがここまで日本に受け入れられ、支持されたというのは、なぜだと思われますか。


【千田】やっぱり、本当の英語力を測るということに日本人自身が飢えていたからだと思います。時代もそうだった。とりわけ、企業は切実でした。70年代も終わる頃、まさに日本が国際化していく頃で、79年あたりには日米貿易摩擦も取りざたされていました。当時、日本は外に出て行って外貨を稼いでくるけれども「日本人ビジネスマンの顔が見えない」、あるいは「日本人は、顔は見えても何を考えているかわからない」とも言われていました。

当時、“Japan as a closed book”という表現がありました。日本という国は、表紙が閉じて中身が見えない本。そう言われた時代でした。そんなときに国際的なコミュニケーション能力をつけるっていうのは、喫緊の時代的要請だったというのが僕の認識ですね。

“グローバル化”という言葉が初めて日本経済新聞に出たのは83年です。そして、85年に「プラザ合意」がありました。以降、円高が急速に進み、円の動きも日本人の動きも地球規模になってきたんですね。さらに「Windows95」が発売になって、インターネットが普及し、誰もがEメールを使い出しました。

こうしてエコノミーとコミュニケーションのグローバル化が進んだ結果、英語は世界共通語としてますます重要になってきました。そこで問われて来たのが、英語によるコミュニケーション能力の測定。現在のレベルが客観的にわかり、明確な目標設定ができ、一生懸命やった人がどのぐらい伸びているかがひと目でわかる。そんな客観的な評価基準の必要性が、教育界にもビジネスの世界にも潜在的に膨らんでいたのだと思います。

それが国際化・グローバル化の進展により一気に顕在化した、と僕は解釈しています。

あわせて読みたい

「TOEIC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  2. 2

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  3. 3

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  4. 4

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  6. 6

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  7. 7

    希望解党で長島昭久氏の去就は

    早川忠孝

  8. 8

    安倍TPP強行採決のツケが現実味

    大串博志

  9. 9

    北朝鮮の核実験停止 背景を解説

    ヒロ

  10. 10

    麻原三女 西田教授の回答を公開

    松本麗華

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。