記事

沈黙の徹底抗戦

朝日新聞の1ページを丸々使って、安保法制反対の総がかりデモを呼びかける広告が載っていた。

丸々1ページはすごい。広告料が相当かかるだろう?誰があんなにカネを出せるのだ?

わしはデモをする主婦の気持ち、子供の将来が不安という思い、居ても立ってもいられなくなったという焦燥感はわかるのだが、残念ながら影響力はないと思う。

それどころかデモが大掛かりになればなるほど、安倍首相を喜ばせる結果になる。

おじいさんの岸信介が安保反対のデモに動じなかったことが、自称保守派の間で、名宰相として伝説になっているからだ。

そういうこと、知っているのだろうか?

じゃ、何もしなくていいの?と思うかもしれないが、わしはデモなんか一切起こらない方が、安倍政権を動揺させる恐怖になると思う。

ただし、マスコミでは識者が徹底的に法案の矛盾を指摘して、国民を啓蒙しなければならない。

一般国民はマスコミの世論調査があったら、どんどん下げていけばいいし、来年の選挙で意思を表明する覚悟をしておけばいい。

当然、その受け皿を野党が作る必要がある。

沈黙の徹底抗戦の方が、政権与党には恐いのではないか?

ここまで強引に進めているのに、国会前があまりにも静かで不気味な国民の意思を感じる。国民は何かを決意しているようだ。

そのような恐怖の状況を作り出す方が効果的だと思うが、そのような戦略を考える者は残念ながらいない。

デモが安倍政権への応援にならないことを祈る。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  2. 2

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  3. 3

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  4. 4

    英国で激増 硫酸で女性狙う凶行

    木村正人

  5. 5

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  6. 6

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  7. 7

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

  9. 9

    説明責任果たした蓮舫氏に感動

    小林よしのり

  10. 10

    二重国籍のまま大臣務めた蓮舫氏

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。