記事

アップルを去ったApple Music立ち上げの功労者イアン・ロジャース、ファッション業界大手LVMHのデジタルリードに就任

先日アップルを退職した、Apple Music立ち上げ功労者の一人イアン・ロジャース(Ian Rogers)が、ルイヴィトンやディオール、ジバンシーなどブランドを運営するファッション業界の大手LVMHでチーフ・デジタル・オフィサーに就任することが明らかになりました。

イアン・ロジャースは以前はYahoo!で音楽サービス「Yahoo! Music」のジェネラルマネージャーとして初期のサブスクリプション型サービスの運営を5年に渡ってリードしてきました。その後はアーティスト向けのD2Fサービスをいち早く手がけたスタートアップ「Topspin Media」のCEOに就任、インディーズから有名アーティストが利用するサービスに成長させます。

定額制音楽配信サービスとして立ち上がったばかりだった、Apple Musicのベースになった「Beats Music」は、ロジャースをTopspinから引き抜きます。CEOとして、サービスの開発やマーケティング、資金獲得まで幅広く活動し、買収に伴いアップルに参画。Apple Musicでは、24時間世界中で聴けるラジオ「Beats 1」の立ち上げから番組編成などオンラインラジオ戦略に携わってきた、Apple Musicのキーパーソンの一人でした。

イアン・ロジャースの関連記事はこちらからどうぞ
Apple Music経営陣の1人、イアン・ロジャース、アップルを去る

ロジャースの新たな仕事では、LVMHブランドのデジタルへの移行を指揮すると言われています。

アップルを去った後は、異業種に行くと言われていましたが、デジタル音楽からファッション業界に行くとは、全く予想外でした。

これまで常に音楽サービスの運営に携わってきたロジャースは、アップルで新規サービスの立ち上げに関わるようになり、音楽業界における最重要人物の一人になれる可能性もありました。音楽サービスの経験が豊富なだけでなく、業界トップ企業でチームをリードしてきたロジャースが離れることで、次にどんな人材がApple Musicに関わるのか、気になります。また次の場所でも彼のイノベーションに期待したいです。

ソース
LVMH poached top Apple executive Ian Rogers, proving its finally getting serious about digital(Quartz)

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  2. 2

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  4. 4

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  5. 5

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  6. 6

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  7. 7

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  8. 8

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  9. 9

    大塚家具 時代遅れの先代は不要

    猪野 亨

  10. 10

    4割が暴力被害 ホームレスと差別

    大西連

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。