記事

五輪エンブレム問題:博報堂利権などというものは一切ない〜博報堂はジャイアンのおこぼれにあずかるスネ夫である

 さて、留まるところを知らない勢いなのが、佐野研二郎氏エンブレムパクリ疑惑騒動であります。

 で、この騒動ですが、佐野研二郎氏が大手広告代理店博報堂出身ということもありまして、博報堂の利権がらみの裏読みがネットでも盛んに展開されておりまして、まあ、当ブログも素人ながら博報堂胡散臭いなとエントリーをしておりました。

2015-08-05 五輪エンブレムのことでなんとなくモヤモヤする件

■[社会]五輪エンブレムのことでなんとなくモヤモヤする件を読者と共有したい

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20150805/1438757129

 毎日デザイン賞の選考委員・調査委員の名簿を見れば、おお、民主党ロゴの作者である浅葉克己さんと、元博報堂社員で長嶋りかこさんの上司だったアートディレクターである佐野研二郎さんのお名前があり、佐野研二郎氏が受賞した東京五輪のエンブレムデザインの審査員には、日本グラフィックデザイナー協会会長の民主党ロゴ製作者である浅葉克己さん、グラフィックデザイナーの元博報堂社員の長嶋りかこさんがおわしますと。

 審査員と受賞者が博報堂関係者で持ち回ってんじゃないの、とモヤモヤした疑念をエントリーしたものであります。

 オリンピックエンブレム関係は大手広告代理店の博報堂利権じゃないのか?

 今回は当ブログとしてこのネット上でくすぶり続けている疑念について取り上げてみたいのであります。

 ・・・

 さて、今回は博報堂関係者(男性K-POPグループを担当している現役プロデューサーです)に取材させていただきましたので、彼の許可の上でいくつかの疑問に答えていただくことにいたしました。

Q:ズバリ佐野氏のデザインはパクリなのか?

A:わからない、知らない。

Q:今回の五輪エンブレム問題では佐野氏はじめ博報堂出身者が多数関係していることがネット上で問題視されている。博報堂利権などというフレーズも出現しているが、これは事実か?

A:まず、オリンピック関係で、博報堂利権などというものは一切ない。博報堂出身者が多数関係しているというが、これは全く別の理由からだと思う。

Q:もう少し具体的に説明をしてほしい。

A:事実からはっきりさせよう。一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020)からマーケティング専任代理店として指名されたのは、今回も電通だ。オリンピックの広告利権は電通が独占している。残念ながら博報堂は今回も蚊帳の外なんだ。

Q:今回も?

A:電通は、国際オリンピック委員会(IOC)、国際サッカー連盟(FIFA)、国際陸上競技連盟(IAAF)、国際水泳連盟(FINA)、メジャーリーグベースボール(MLB)などの国際的な競技団体と密接な関係を持ち、それらの放送権、マーケティング権などを独占的に販売できる権利を多数保有している。伝統的に国際スポーツイベントに関する広告ビジネスはほぼ電通に独占されているんだ。モンスターなんだよ。

Q:ではなんでエンブレムでは博報堂出身者が多数関係しているように見えるんだろう?

A:逆だよ。デザイン公募のエンブレムは、電通が手を出さない数少ないオリンピックビジネスジャンルだった。そこに砂糖に群がるアリたちのように、非電通系関係者があつまったという結果に過ぎない、博報堂利権などというたいそうなものなんか何もないんだ。

Q:なぜ電通はエンブレムにはてをださないんだろ?

A:利ざやが少ないから。あとはいつでもそうだが事実上利権を独占した上で、何割かは同業他社にシェアを分け与えるんだ。100%独占を避けるためと保身のためだ。

Q:保身?電通の?

A:そう。この電通独占体制を維持するために彼らなりにおこぼれを業界にシェアしているんだ。モンスターだよ。

Q:じゃあ、おこぼれにありつこうと必死なのの筆頭が博報堂ってこと?

A:まあ、そういうこと。

Q:では、今回のネットで騒がれているエンブレムをめぐる博報堂利権問題はまったくの筋違いということ?

A:全く筋違いとは言い切れないね。公募の参加条件とか不透明な選考過程とか受賞してからのデザイン修正とか、仲間内で決めたんじゃないか感は否定できないだろう。ただね、彼らはスネ夫なんだよ。

Q:スネ夫?ドラえもんの?

A:そう、博報堂関係者はスネ夫的存在なんだよ。電通すなわちジャイアンのおこぼれにあずかっているスネ夫なんだ。

Q:ジャイアン(電通)には逆らえないということ?

A:そう、ジャイアンがバカをすれば一緒にバカをする、決してさからわない、そしてジャイアンのおこぼれにあずかるんだ。博報堂OBとして、言いすぎかもしれないがこれが実状だと思うよ。

 ・・・

 博報堂はスネ夫的存在なのだそうです。

 影の主役ジャイアン(電通)が仕切るオリンピック広告ビジネスに、スネ夫のように揉み手ですりより、ジャイアンのおこぼれを少しちょうだいする・・・

 博報堂OBである彼の意見は、博報堂に対してずいぶん自虐的で、またエンブレムの問題を意図して矮小化しているきらいもなきにしもあらずなのですが、ひとつの業界人の意見として、また桁違いのビジネスを展開している電通というモンスター代理店の存在の大きさが理解できる点で、読者に紹介しておきたいと思った次第です。

(参考エントリー)

2007-04-10 マスメディアは絶対に報道しない「電通」というオバケ代理店の暗躍

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20070410

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「博報堂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  2. 2

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  3. 3

    ヒカル氏のVALU売り逃げは詐欺か

    文春オンライン

  4. 4

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  5. 5

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

  6. 6

    幻すぎて正体不明のゲーム機発見

    krmmk3

  7. 7

    鈴木議員 マスコミの対応に苦言

    鈴木 たかこ

  8. 8

    ローラが「奴隷契約」で内容証明

    文春オンライン

  9. 9

    記録破りのホームラン級水着美女

    グラドル自画撮り部

  10. 10

    連泊しない外国人 原因は食事か

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。