記事

Apple Music経営陣の1人、イアン・ロジャース、アップルを去る

Apple Musicから重要なリーダーの一人が去って行きました。

Apple Musicの前身となったBeats MusicのCEOとして、アップルに参画した音楽業界のベテラン、イアン・ロジャース(Ian Rogers)が、Apple Musicローンチからわずか2カ月でアップルを退職することを決定しました。フィナンシャル・タイムズが伝えています。

ロジャースはアップルにドクター・ドレーやジミー・アイオヴィンらとともに加わり、Apple Musicのサービス開発においては、24時間ラジオのBeats 1の開発をリードしてきました。イギリスBBCからトップラジオDJのゼイン・ロウ(Zane Lowe)の引き抜きを画策しBeats 1のホスト役を託し、バラエティ豊かな番組編成に貢献してきました。Beats 1は現在英語のみで配信していますが、ジャンルレスな選曲が海外メディアや関係者から高い評価を受けています。

ロジャースがアップルを離れる理由は不明ですが、ヨーロッパで異業種の企業で新たなチャレンジに取り組むと関係筋は伝えています。

Beats 1はApple Musicが他社音楽ストリーミングサービスとの差別化を図る上で、戦略的に最も重要な要素を占めています。その理由はフリーで誰もが聴けるサービスとしてApple Musicの有料会員獲得における入り口となる唯一の導線で、このことから無料トライアルが終了した後には、アップルはさらに多大なマーケティングをBeats 1に注ぐと予想されます。アップルはサービス開始から4週間でApple Musicの無料トライアルに1100万人が登録したと発表し、好調をアピールしてきました。

定額制音楽ストリーミングの最大手Spotifyは、現在アクティブユーザー7500万人、有料会員2000万人以上で、2008年のサービス開始以来、これまで権利関係者に30億ドル以上のロイヤリティ料を分配しています。

イアン・ロジャースの退職はくしくもアップルの新製品発表会が開催されるタイミングと重なります。それはBeats 1の戦略が波に乗った証拠なのでしょうか。9月10日の発表会でApple Musicの動向が発表されることが楽しみです。

ソース
Apple loses key music streaming executive(FT.com)
Apple loses Ian Rogers, the executive responsible for crafting Beats 1 radio(The Verge)

あわせて読みたい

「Apple Music」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  3. 3

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  4. 4

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  5. 5

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  6. 6

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  7. 7

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  8. 8

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  9. 9

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

  10. 10

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。