記事

学生たちが国会前でハンスト「戦争法案反対」

ハンストに突入した4人。胸に決意を秘めているのだろう。笑顔の中にもピリピリした緊張感があった。=27日午後2時過ぎ 参院会館前 写真:筆者=

ハンストに突入した4人。胸に決意を秘めているのだろう。笑顔の中にもピリピリした緊張感があった。=27日午後2時過ぎ 参院会館前 写真:筆者=

 戦争法案に反対する学生4人が、きょうから、国会前で無期限ハンストを始めた。

 4人は水とポカリスエットだけを採り、24時間態勢で座り込む。彼らはSEALDsではない。

 ハンスト突入にあたって4人が決意表明した―

 「安倍政権の戦争法案は絶対止めなければならない。怒りを持っています。戦争に加担することは明白です」(専修大学4年生・嶋根健二さん)

 「なぜハンストするのか? 日本の平和は戦争と関わっている。70年間平和だったというものの朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争と間接的に関わってきた。70年の平和を問い直したい」(上智大学2年生・井田敬さん)

 「(4人の)ハンストだけで安倍政権を倒せるとは思っていない。団体、市民、学者が反対声明を出している。(皆の)協力があってこそ(安保法案を)止められる。世論に影響を及ぼすマスコミの役割も大きい」(早稲田大学1年生・木本将太郎さん)

米軍辺野古基地の建設に反対する運動家たちが応援に駆けつけた。=27日午後2時過ぎ 参院会館前 写真:筆者=

米軍辺野古基地の建設に反対する運動家たちが応援に駆けつけた。=27日午後2時過ぎ 参院会館前 写真:筆者=

 「直接行動によって真の民意を示す。打倒安倍政権。(安保法案の)審議は即停止」(専修大学4年・元木大介さん)。

 元木さんに今の気持ちを聞いた。「(ハンスト決行は)8月1日から決めていた。(最初は)生きた心地がしなかった。(その後)開き直った。今朝は『やってやるぞ』という気持ちになっていた」。

 悲壮感においては濃淡があったが、4人に共通していたのは、「戦争法案を許せない」という怒りと正義感だった。
 
 何事もなければ夏休みを満喫しているはずの学生が、国権の最高機関の前でハンガーストライキに打って出た。

 どこにでもいる若者をここまで追い詰めた安倍政権の非人間性こそ歴史に記すべきではないだろうか。

 ~終わり~

    ◇     ◇

読者のご支援の御蔭で『田中龍作ジャーナル』は続いています。

   ◇
『田中龍作ジャーナル』では取材助手を募集しています。時給、交通費払います。ジャーナリスト志望の若者を歓迎します。学生可。詳しくは…tanakaryusaku@gmail.com

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  4. 4

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  5. 5

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  6. 6

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  7. 7

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。