記事

スマホとPCは違う。ソーシャルメディアアプリから見える進化

こんにちは。アクトゼロの田中です。

私事ですが、スマホを所有し始めてから早5年が経過しました。スマホが登場し始めた頃は「便利」という感覚が全くなく、ここまで浸透することは予想しておりませんでした。

しかし、今回りを見渡すとスマホだらけです。今となっては「手放せない」という言葉がピッタリと当てはまり、移動中でもベッドの上でもスマホという状態です。

そんなスマホでネットショッピングをする方が多いと思います。前回もソーシャルメディアとコンバージョンの関係を考えましたが、今回はより深掘して考えていきたいと思います。

こんなにもスマホが普及していますが、未だにスマホに最適化していないサイトがちらほらと見受けられると思います。もちろん、そのサイトを見に来てくれるお客様の属性に合わせてPC版のみ作成することもあるかと思います。しかし、特にネットショッピングに関してはそうはいきません。

MMD研究所「2015年5月ネットショッピングに関する調査」によるとネットショッピングをする時に最も利用するデバイスは「スマートフォン」が6割』とのこと。

 20150526_4

この調査からも分かるように、スマホはネットショッピングにおいては必須と言えるでしょう。

ネットショッピングだけではなく、ソーシャルメディア(ここではFacebookのみですが)へのアクセスもデバイス別でみると6割となっています。

 150617_facebook_q7

Facebook(フェイスブック)に関する調査(2015年)

 データから分かる通り、ネットショッピングもソーシャルメディアもスマホが手放せなくなっています。もちろん、ソーシャルメディアのアプリはスマホで最適に閲覧できるように開発されていますので快適です。そのインターフェイスに慣れているユーザーが多いと仮定できるので、より一層ネットショッピングのインターフェイスやデザインそのものは、ソーシャルメディア寄りにするべきなのではないか?という仮説があります。

少々前に、あるアパレルネットショップのスマホサイトで「ファーストビュー神話の崩壊」ということが話題になっていました。ファーストビューはPCでもスマホでも、もっとも大切!という神話を崩したサイトが登場しているのです。

「もっとも伝えたいこと」をファーストビューで伝えず、世界観のみを伝える。というような構成です。

ソーシャルメディアアプリに慣れたスマホユーザーがネットショップの購入層を牽引しています。アプリにはファーストビューという概念こそあれ、そこを気にしているユーザーはあまりいないと思います。つまり、必ずしもファーストビューは必要ないのかもしれません。

このように時代は移り行くもので「スマホで快適に閲覧できるデザイン」はPCに依存しない方が良いのではないか、と思います。特に現代ではPCではなくスマホで物を買う時代だからこそ、購入に近いページはスマホに力を入れるべきなのではないかと考えています。ネットショッピングだけでなく、その他のサイトもPCとスマホでは時間帯やその見ている人の感覚も違うということは容易に想像できます。つまり、同じページでもPC版とスマホ版はかなり違うのではないでしょうか。どんなユーザーがページを閲覧してくれているか、ということを常に考えながらページの構成を考える必要があるのです。

あわせて読みたい

「ソーシャルメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    福岡刺殺 闇ウェブ専門家の素顔

    やまもといちろう

  2. 2

    本田圭佑ゴールにSNSは謝罪の嵐

    MAG2 NEWS

  3. 3

    働き方改革巡る竹中平蔵氏の詭弁

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    ソフバンに陰り 公取委の圧力か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    メルカリが好待遇で求める人材像

    シェアーズカフェ・オンライン

  6. 6

    カジノ代案ない野党はクレーマー

    大西宏

  7. 7

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  8. 8

    福岡刺殺 ネット上で追悼相次ぐ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    セブン公式アプリ決済できず不評

    MAG2 NEWS

  10. 10

    籠池氏が加計理事長の会見に怒り

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。