記事

偏見という差別

日曜日の朝に報道番組がなくなって本当につまらなくなった。

仕事してるから、平日の昼間に国会中継なんか
見れるわけがないのだから、日曜日にまとめて
報道してくれればいいのに。 

昨日、安彦良和氏と対談して、書店員とも少し話したが、
やっぱり「小林よしのり=右翼=危険人物=恐い人」
という一度つけられた偏見はとれないものだと
再認識した。

偏見によって、著書を読んでみることもなくなり、
敬遠されるだけになるのだ。

世の中から差別がなくならないはずだ。

朝鮮人に対しても、部落に対しても、黒人に対しても、
ユダヤ人に対しても、前科者に対しても、
一度思い込まれた偏見を取り除くのは
ほぼ不可能なのかもしれない。

だが少なくともわしの場合、偏見を除去するために、
考えを変えることは出来ない。

だが、有効な理論を知って悟った場合には、
根拠を示して考えを修正していくことになる。

だがそのような思想形成の営みを知っているのは、
熱心な読者だけだ。

世間のほとんどの人に伝染していくのは偏見である。

あいつは右翼だ!あいつは前科者だ!
あいつは朝鮮人だ!

人物理解の方法として、もっとも単純な方法が
偏見である。 

朝鮮人が井戸の中に毒を入れた、小林よしのりが
ネトウヨを作った、これらは同質のデマだと
思うが、わしの著書を読んでみたこともない者が
偏見を拡散する。

「ネット」という道具が、人から人への「噂・偏見」を、
もっと速く、もっと大規模に拡散する。

人を見抜く能力が著しく低下して、ネットの情報だけを
信用する人間が増えた時代には、人々の感情は
劣化する一方である。

だが、熟読して分かってくれている読者もいるのだから、
右派からも左派からも偏見を持たれていようと、
それでも阿らずに描いていくしかない。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  5. 5

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  6. 6

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  7. 7

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  8. 8

    戦友語る安室奈美恵の圧倒的才能

    女性自身

  9. 9

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  10. 10

    舛添氏 社会の不寛容さに懸念

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。