記事

中国、一般人の「わいせつ動画」を取り締まり

中国の反ポルノ当局は、一般の人が撮影したどぎつい動画が絡んだ一連の出来事を受け、取り締まりに動いている。

 ポルノや違法出版物を取り締まる全国掃黄打非工作小組弁公室のウェブサイトに6日掲載された文書には、いわゆる「わいせつ動画」が社会道徳を損ない、ポルノを促進し、インターネット上の秩序を大きく乱し、倫理的・法的基準を踏みにじっていると書かれている。

 中国のインターネットでは先月、ユニクロの店舗の試着室とされる場所でカップルが性行為をしている動画が流れた。これを受け、ネットではパロディーが続出し、問題の動画が撮影されたという北京中心部の店舗の外で自撮りをするカップルが相次いだ。この動画に関係して、4人が拘束されている。

 ユニクロの一件以来、中国の人たちは際どい動画をいくつも目にしている。先月遅くには、浙江省ジョウ州市の複数の人がカラオケ店での夜遊びの後に作成した動画が急速に出回った。

 5日には、浙江省麗水市のショッピングモール外の大型スクリーンにポルノ動画が映し出されるハプニングがあった。新華社通信によると、モールの従業員がスクリーンを管理するコンピューターでこの動画を見ており、誤ってスクリーンに出してしまったのだという。

 全国掃黄打非工作小組弁公室は通知の中で際どい動画について、「社会に極めて悪い影響を与えている」と宣言している。当局は、そうした事件を「断固として」調査し、犯人を突き止めなくてはならないとしている。また、一般市民にも電話のホットラインで通報するよう促している。

【関連記事】

あわせて読みたい

「わいせつ」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  2. 2

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  3. 3

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

  4. 4

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  5. 5

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  6. 6

    日本の東芝支援 海外から懸念も

    NewSphere

  7. 7

    最も"真実"を伝える報道機関10選

    フォーブス ジャパン

  8. 8

    自販機やLED 一斉にサイバー攻撃

    フォーブス ジャパン

  9. 9

    民進党は天皇を守る大義を貫け

    小林よしのり

  10. 10

    中流以上しか見ないBEAMSの暴力

    田中俊英

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。