記事

熱中症対策で見直される水道水 「東京水」の静かなる革命

[写真]東京水とミネラルウォーターの飲み比べイベントの様子(提供:東京都水道局)

 昨今、夏場の熱中症対策は行政も乗り出すほど、社会問題化しています。毎年、多数の犠牲者が出ていて、東京都では2013年6月~9月 までの3か月間における熱中症の死亡者数は115人にのぼります(東京都福祉保健局)。

 熱中症対策の一番の特効薬は、こまめな水分補給です。しかし、「水道水を飲むのは抵抗があるし、わざわざペットボトルのミネラルウォーターを買うと財布に響く」と、ついつい水分補給を怠りがちです。

 しかし、東京の水道水はもう、かつての“いわゆる水道水”ではないようです。

これまでは「臭い・不味い・体によくない」

 これまで東京の水道水は「カルキ臭がする」「カビや雑菌が気になる」と、敬遠されがちでした。

「水は飲む以外にも入浴・洗濯にも必要な暮らしを支える生活の根幹です。そうしたことから、東京都水道局では1989(平成元)年から安全でおいしい水づくりのプロジェクトに着手しています。同プロジェクトでは、年々、処理方法の技術を向上させていきました。その結果、かび臭の原因となる2-メチルイソボルネオールやアンモニア態窒素は100%の除去率を達成しています」(東京都水道局)

 浄水場の処理技術が向上しても、各家庭の蛇口に水が到達するまでには長い経路をたどります。浄水場から給水所、給水所から各家庭の蛇口まで、マンションなどの集合住宅なら屋上などに設置される貯水タンクが適正に管理されていなければ、水は臭く・不味くなってしまうのです。飲み水としての満足度を上げるために、水道局は2004(平成16)年から貯水槽の点検調査を実施。美味しい水道水を追求しています。

浄水場と給水所の2段階で塩素をチェック

[図解]水道が家庭に届くまで(神戸市のサイト「こうべキッズ百科」より)

 水道法では、残留塩素濃度を0.1~1.0mg/Lに定めています。塩素が少ないと衛生的に問題がありますが、多すぎるとカルキ臭が強くなって飲用に適さなくなります。都水道局は水道法を遵守しながらも美味しい水道水を実現するために残留塩素濃度を独自に0.1~0.4mg/Lに定めています。

「通常、水道水は浄水場で消毒しますが、蛇口に到達するまでの距離に応じて塩素が薄れてしまいます。そのため、塩素濃度の下限である0.1mg/Lを下回らないように、それを見越して浄水場で多めに塩素を注入してしまいます。都水道局では浄水場で塩素濃度を計測しますが、家庭の蛇口までの中間地点にある給水所でも塩素濃度を計測し、さらに塩素を追加するかどうかを判断します。浄水場と給水所の2段階で塩素をチェックすることで、塩素の低減化を進めました。これで、蛇口から出てくる水が塩素濃度下限の0.1mg/Lに近い状態になりました」(同局)

 東日本大震災以降、東京都水道局は放射能の測定も毎日実施しています。検査結果はHPで公表し、安全性にも万全な対策を講じているのです。

 これまでの東京の水道水は、臭い・不味い・体によくないといったイメージで語られてきました。定着した負のイメージを覆すには、長い歳月がかかりましたが、東京都水道局の飲める水道水への取り組みは着実に成果を出しつつあります。

半数以上が「ミネラルウォーターと遜色ない」

 今年6月6日~28日まで東京都の新宿駅や味の素スタジアムなどで実施された“東京水飲み比べキャンペーン”では、58.2%の人たちがミネラルウォーターと遜色がないと回答。水道水に対する都民のイメージも変わっているのです。

 さらに、東京の水道水はペットボトルでも販売されています。ペットボトルで販売することで、東京都民以外にも美味しい水道を実感してもらえるようになりました。ただ、ペットボトル販売をしているのは東京都だけではありません。横浜市や大阪市でも水道水を販売しています。特に大阪市の“ほんまや”は、モンドセレクションで金賞を受賞し、大々的にPRしています。東京水はあまり販売に力を入れていませんが、なぜでしょう?

「自治体の考え方の違いになりますが、東京都はペットボトルの“東京水”をたくさん販売していこうと考えていません。あくまでも、都民に東京の水道が本当は美味しいということを実感してもらい、家庭で水道水を使ってもらうことが第一なのです」(同局)

 日本では、長らく「水はタダ」という常識がありました。厳密には、水道水はタダではありませんが、市販のミネラルウォーターに比べれば格安です。また、水道は全国に普及しているので、誰でも手軽に水分補給ができる手段でもあります。スポーツドリンクやジュースは塩分・糖分の過剰摂取になりやすく、お茶やビールは利尿作用があるので熱中症対策には逆効果です。厚生労働省や地方自治体は、熱中症対策に水道水を奨励しています。

 熱中症対策にも効果的とされる水道水の革命が、静かに始まっているのです。

(小川裕夫=フリーランスライター)

あわせて読みたい

「熱中症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計文書の流出元を議員が暴露

    和田政宗

  2. 2

    麻原三女「春名風花批判やめて」

    松本麗華

  3. 3

    橋下氏「こども保険には大反対」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    45歳までは何にお金を使うべきか

    後藤百合子

  5. 5

    共謀罪がある英でもテロは防げず

    小林よしのり

  6. 6

    神戸児童殺傷20年 変わらぬ偽善

    門田隆将

  7. 7

    中川俊直氏"元カノ"議員は辞職を

    中田宏

  8. 8

    TBSラジオの社運を懸けたWEB戦略

    田野幸伸

  9. 9

    北の核開発阻止には戦争しかない

    WEDGE Infinity

  10. 10

    40年前の殺人が時効成立しない訳

    三浦義隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。