記事

このバブルを何と名付けよう

バブルというものはいつも、それが崩壊してから気が付く。そして、キッカケとなった象徴的な出来事によって諡(おくりな)される。リーマン・ショックの発生から7年経った今、これまでの期間がバブルであったかどうかは、やはり事後的にしかわかならい。

米国株や債券、不動産などは、ほぼ一直線に上昇を続けている。もちろん、そのことに違和感を感じる人は世界中にいる。しかし、崩壊しない限り発生しないバブルに対して、未然に予防策を施せる人はいない。ここにバブルという現象の本質がある。

専門家は「資源価格や新興国の通貨が先に暴落をしていた」とか「中国の実態経済の悪化が、中央政府の施策によって隠されていた」とか「米国の利上げが過剰流動性相場の終わりを示していた」などと述べるだろう。ただ、このような警笛も、事後的にしか出てこない。

経済は、伸縮を繰り返しながら前に進む性質がある。大切なことは、「100年に1度」の次のバブル崩壊が当たり前のように来るということを、心のどこかに置いておくことだ。もちろん、それがいつ来るのか、何をトリガーとするのかは、誰にもわからない。確かなことは、そのような客観性を持っているかどうかが試される日が、またやってくるということである。

あわせて読みたい

「バブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝生の「女性論客特集」に違和感

    常見陽平

  2. 2

    舛添氏語る東京マラソン経路変更

    舛添要一

  3. 3

    楽天の株価低迷 必要なのは増配

    自由人

  4. 4

    結婚延期 雅子さまの予感が的中?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    裏社会を感じるシェアハウス業界

    ヒロ

  6. 6

    ダレノガレに港区女子がお詫び

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小池氏の平昌パラ訪問が急遽決定

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    奨学金に大学生「借金だと実感」

    AbemaTIMES

  9. 9

    眞子さま結婚延期で両陛下ら密談

    NEWSポストセブン

  10. 10

    東京マラソンでホームレス何処へ

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。