記事

やはり「戦争法案」と呼ぶのは正しい

参議院の議論を聞いていて、やっぱり「戦争法案」というのは正しいと確信した。

日本に敵意を示していない国、日本に武力行使をしていない国でも、米軍と戦争している国なら、日本は米軍を助けるために「先制攻撃」をするそうである。

日米同盟の信頼が失われること自体が、日本の存立危機だと判断されれば、日本は米国の戦争に参加しなければならない。

他国と戦争中の米軍ヘリに、日本の海自のヘリ空母が給油する「後方支援」は、明白に戦争参加であるにも拘わらず許されるのだという。

これが憲法違反ではないというのもやはりインチキだろう。

結局、米国の戦争に日本が参加するための法案であり、「戦争法案」というのは誤ったレッテル貼りではない。

「戦争法案」と認定する。

いくら北朝鮮や中国の脅威を煽っても、それで米国の戦争に参加してもいいという理屈にはならない。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  4. 4

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  6. 6

    希望 支持率2.7%で下げ止まらず

    三浦博史

  7. 7

    進次郎氏 総理を縛る国会に指摘

    宮崎正

  8. 8

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  10. 10

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。