記事

やはり「戦争法案」と呼ぶのは正しい

参議院の議論を聞いていて、やっぱり「戦争法案」というのは正しいと確信した。

日本に敵意を示していない国、日本に武力行使をしていない国でも、米軍と戦争している国なら、日本は米軍を助けるために「先制攻撃」をするそうである。

日米同盟の信頼が失われること自体が、日本の存立危機だと判断されれば、日本は米国の戦争に参加しなければならない。

他国と戦争中の米軍ヘリに、日本の海自のヘリ空母が給油する「後方支援」は、明白に戦争参加であるにも拘わらず許されるのだという。

これが憲法違反ではないというのもやはりインチキだろう。

結局、米国の戦争に日本が参加するための法案であり、「戦争法案」というのは誤ったレッテル貼りではない。

「戦争法案」と認定する。

いくら北朝鮮や中国の脅威を煽っても、それで米国の戦争に参加してもいいという理屈にはならない。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  5. 5

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  8. 8

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  9. 9

    稲田氏守るべく地元は結束ムード

    NEWSポストセブン

  10. 10

    太平洋で水爆なら 大災害の恐れ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。