記事

やはり「戦争法案」と呼ぶのは正しい

参議院の議論を聞いていて、やっぱり「戦争法案」というのは正しいと確信した。

日本に敵意を示していない国、日本に武力行使をしていない国でも、米軍と戦争している国なら、日本は米軍を助けるために「先制攻撃」をするそうである。

日米同盟の信頼が失われること自体が、日本の存立危機だと判断されれば、日本は米国の戦争に参加しなければならない。

他国と戦争中の米軍ヘリに、日本の海自のヘリ空母が給油する「後方支援」は、明白に戦争参加であるにも拘わらず許されるのだという。

これが憲法違反ではないというのもやはりインチキだろう。

結局、米国の戦争に日本が参加するための法案であり、「戦争法案」というのは誤ったレッテル貼りではない。

「戦争法案」と認定する。

いくら北朝鮮や中国の脅威を煽っても、それで米国の戦争に参加してもいいという理屈にはならない。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  2. 2

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  3. 3

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  4. 4

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

  5. 5

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  6. 6

    よしのり氏「日韓合意は失敗」

    小林よしのり

  7. 7

    佐藤優氏がICANと創価の縁を暴露

    天木直人

  8. 8

    AmazonGo一般公開 課題は万引き

    後藤文俊

  9. 9

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「池の水~」はテレ東に合わない

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。