記事

FRB、6月FOMC向けスタッフ見通しを誤配信

Fed Inadvertently Released Staff Economic Projections For The June FOMC.

米連邦準備制度理事会(FRB)は、再び情報漏洩という失態を演じてしまいました。

今回は6月16〜17日開催の米連邦市場委員会(FOMC)向けの非公開FRBスタッフ見通しを誤って公表したため、ウェブ上に公式掲載せざるを得なくなったのです。本来は5年間、公開を待たねばならなかったのですが・・職員の「うっかり( inadvertently)」ミスでホームページに更新したデータにスタッフ見通しを含んでしまったため、見やすい体裁に変更して公表に至ったといいます。

成長・インフレ見通しは以下の通り。
staff outlook1

全体的に6月経済・金利見通しよりグッと慎重なトーン。2015年の成長見通し中央値は1.9%、2016年は2.55%、2017年は2.3%でした。

FF金利(オレンジ線)、10年債利回り、自然失業率などの予想は以下の通り。
staff outlook2

FF金利見通しは年内の0.35%をはじめ、全体的に押し並べて6月FOMC見通し・中央値より断然低い。資料によると、以上の見通しはFOMC参加者の金融政策への見方を反映していません。まあ、当然そう注釈をつけますよね・・。 FF金利見通しの割に、自然失業率は5.2%にとどめ年内利上げをサポートしています。ハト派寄りとの解釈払拭につながり、債券市場はさほど反応しませんでした。

Fedの不注意の歴史をひも解くと、まず2012年10月4日公表予定だった同年9月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を直前の3日、メドレー・レポートにすっぱ抜かれる不名誉が挙げられます。しかも、当時FRB理事だったイエレン議長が同年6月にメドレーのアナリストであるレジーナ・シュレガー氏と面会していたために、疑惑を向けられてしまいました。2013年4月には、3月FOMC議事録公表の19時間前に米議会スタッフをはじめ米銀行家協会、米金融機関の幹部などに誤ってリリースしてしまう失態も。米議会によるFedへの風当たりは、ますます強まりそうです。

あわせて読みたい

「FRB」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    山口の行方不明2歳発見 母が会見

    AbemaTIMES

  5. 5

    阿波踊り強行で踊り手自滅の恐れ

    AbemaTIMES

  6. 6

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

  8. 8

    橋下氏 日本は敗戦してよかった

    PRESIDENT Online

  9. 9

    経営能力ない大塚家具のシナリオ

    ヒロ

  10. 10

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。