記事

安倍首相は「護憲派」を育てた最悪の首相である

もう憲法改正は無理だ。

安倍首相はラジオで「いつの日か」などと言ったらしいが、
嘘をつけと言いたい。

こんな状況で出来るわけがない。 

ただひたすら米国に抱き付きたい一心での、憲法違反の
疑いが濃厚すぎる安保法案(従米法案)を、国民への

説明なしで強行採決してしまったせいで、今まで政治に
関心を持ってなかった膨大な人数の女性や若者たちが、
護憲派になってしまった。 

もう産経新聞や、ほんの一部の自称保守派が、
ガタガタ言ったところで、太刀打ちできる状況ではない。

まったく新しい反戦平和の層が、下から膨大に
出現してしまった。

その層はもう保守ブームも知らなければ、
わしの『戦争論』も知らない、新たな「護憲派サヨク」の

人々である。

自称保守派が、民意を完全に無視して、大衆を
愚民あつかいにして、自分たちだけが安全保障を語れる

リアリストだと傲慢にふんぞり返ったところで、
どうにもならない。 

なにしろ今回の安保法案に関して、自民党議員は
執行部から
国民に説明することを
禁じられているのだ!

この事実が尋常ではない。

与党の議員たちが、国民に説明できない法案を
強行採決した
のだから!

安倍晋三だけがちっぽけなネット空間で、麻生くんとの
ヤンキー理論を話したり、テレビでは奇妙な生肉を使って、

破たんした理論を展開したりしても、女性や若者からは
完全に馬鹿にされている。

ヒゲの隊長の安保動画も、パロディにされて、
散々コケにされている。

なぜ最初から憲法改正に挑まなかったのか?

安倍晋三は完全に戦略ミスを犯した。

護憲派を膨大に育て、自衛隊をポジティブリストで
米軍の後方支援に出すという恐るべき大失敗である。

将来、日本の自主独立を妨害した史上最悪の
首相として歴史に名を残すだろう。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    籠池夫妻の「長期勾留」は問題

    常見陽平

  2. 2

    カーリング藤澤五月の誘惑で決着

    文春オンライン

  3. 3

    米軍艦「中国空母に接近せよ」

    文春オンライン

  4. 4

    夫の不倫証拠にGPS 落とし穴も

    女性自身

  5. 5

    香取慎吾 東スポ引退報道イジる

    文化通信特報版

  6. 6

    北野武 大杉漣さんへ思い溢れ涙

    女性自身

  7. 7

    下町ボブスレー 敗因は検証不足?

    美谷広海

  8. 8

    カー娘叫ぶ「れんたろー」の正体

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下氏 二重国籍は堂々と認めよ

    橋下徹

  10. 10

    カーリング藤澤に脚光で喜ぶ企業

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。